womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープな作品まで、密かな魅力いっぱいのシネマ迷宮へようこそ。出口はたくさんあります。 ライター:こしあん

Original

【映画試写会レポート】『トイ・ストーリー4』7月12日(金)公開

トイ・ストーリーの集大成! 終わりと始まりの物語

《ストーリー》

“おもちゃにとって大切なことは子供のそばにいること”―― 新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズら仲間たちの前に現れたのは、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。しかし、彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう。ボニーのためにフォーキーを探す冒険に出たウッディは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会いを果たす。そしてたどり着いたのは見たことのない新しい世界だった。最後にウッディが選んだ“驚くべき決断”とは…?
(公式サイトより)

© 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『トイ・ストーリー』って、本当に毎回毎回、サラッとすごいテーマを描いてきますよね。
おもちゃの世界を描きつつ、人間社会に置き換えられる。これは私たちの人生の物語なんです。

おもちゃたちの冒険を見て子供はワクワクし、大人は楽しみつつも、大切なことを思い出したり、胸がチクチクしたり、物語の裏にあるさまざまな暗喩に心を揺さぶられる。

© 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

“おもちゃにとって大切なことは子供のそばにいること”

これが世間的にはいわゆる「幸せのカタチ」みたいになっていて、今までのトイ・ストーリーでも、それが描かれてきました。

この「幸せのカタチ」は人間社会でいうところの、大企業に勤めて、結婚して子供が二人いて、素敵なマイホームを建てて……みたいな感じでしょうか。
そこからはずれる人にとっては、目に見えない灰色の糸でグルグル巻きにされているような感覚。

© 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

だから、子供たちに選んでもらえないおもちゃは自分に自信がなくて、持ち主のいないおもちゃはかわいそうと思っている。

ゴミ箱に捨てられていた先割れスプーンやモールで作られたフォーキーが、「ボクはゴミだ!」と言いながら何度もゴミ箱に入ろうとするシーンは、なんだか自己肯定感が低い自分と重なり、胸がチクチクしました。
それにしても、隙あらば何度も何度もゴミ箱に入ろうとするので、途中からちょっとイライラしちゃいましたけど……笑


【まっさらな気持ちで観たい方は、ここから先は鑑賞後にお読みください】

© 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

冒険の舞台になるのは、カラフルな移動遊園地と、ちょっとダークなアンティークショップ。
まるで実写のようになめらかで美しく情感豊かな映像に驚愕。
さまざまな素材でできているおもちゃたちの質感もスゴイ。

とくにアンティークショップは最高にワクワクしました。
キモこわい腹話術人形の動きがとにかくホラー!
ギャビー・ギャビーのことを最初は「アナベル人形みたいで怖っ!」って思ってゴメンなさい。怖さの裏には、寂しさや悲しみがあるんですよね。

© 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

トイ・ストーリーで毎回楽しいのは、人間に見つからないように行動する「だるまさんがころんだ」的なハラハラ。
アンティークショップでいろんなアイテムを駆使しながらの、人間VSおもちゃVSおもちゃのアクションが抜群におもしろかったですね。

移動遊園地の射的の景品だった毒舌ぬいぐるみダッキー&バニーや、自分に自信がないバイクスタントマンのおもちゃデューク・カブーンなど、新しいキャラクターたちが、笑わせながら大活躍します。
こういうキャラクター設定が抜群なところが、さすがディズニーですよね。

© 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

今までのトイ・ストーリーを大切にしつつ、すべてをひっくり返すような意外なラスト。ウッディの決断に驚き、そしてその勇気に拍手を送りたい。
何といっても、自分の足で生きるボー・ピープのカッコよさ! 腕がもげたってヘッチャラなんです。新しい運命を切り開いて生きるボーはたくましく、キラキラと輝いています。

これは、おもちゃたちの“働き方改革”。多種多様性を認めるダイバーシティや~。

いろんな場所で生きるおもちゃがいて、それぞれに違った役割がある。
誰にだって居場所はちゃんとある。
「幸せのカタチ」にとらわれすぎて自分を卑下しないで。
そんな温かさに包まれます。

どちらが迷子で、どちらが幸せなのか。
それは他人(他おもちゃ)が決めることではないし、押し付けるものでもない。自分の役割を見つけて、自分が楽しいと思うほう、ワクワクするほうを選べばいい。

© 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

とにかく「さすがディズニー」。もうこれしかない。映画を観ながら何度「さすがディズニー」と唸ったことか。悔しいけど「さすがディズニー」そして「さすがピクサー」。
完璧である。
お手上げである。
もはや何も言いますまい。


---------------------------------
『トイ・ストーリー4』
2019年7月12日(金) 全国ロードショー

監督:ジョシュ・クーリー
声の出演:唐沢寿明/トム・ハンクス、所ジョージ/ティム・アレン、戸田恵子/アニー・ポッツ ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

『トイ・ストーリー4』公式サイト

2019/7/12

この記事をSNSでシェアする

連載から探す