womo

ブクマ 履歴

ブックマークされたページはありません

閲覧履歴はまだありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムシリーズイメージ

NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ。 ライター:womo編集部

Original

【バナナフラッグ(Banana Flag)】完熟バナナとミルクでつくるバナナジュース専門店が9/16(水)にオープン

静岡市葵区駒形通りにテイクアウトのバナナジュース専門店「バナナフラッグ(Banana Flag)」がオープンした。タピオカドリンクに続くトレンドとして、都内では2019年後半頃からバナナジュース専門店が続々とオープン。メディアでも取り上げられる機会が増えてきている。静岡でもついに専門店がオープンし始めた。その一つ、七間町と人宿町からすぐの駒形通りにオープンした「バナナフラッグ(Banana Flag)」のオーナー・野村さんにお話を伺った。

9/16(水)OPEN! グルメ・駒形通り「バナナフラッグ(Banana Flag)」

「バナナフラッグ(Banana Flag)」のバナナジュースは完熟バナナを凍らせてつくっている

食物繊維やカリウムを豊富に含み、疲労回復、便秘解消、集中力アップ、肌荒れ予防、髪や爪を美しく保てるなど、さまざまな効果が期待できると言われるバナナ。抗酸化作用があり、エネルギー補給ができるのに低カロリーと言われ、フルマラソンの前にも食べることもあるのだとか。タピオカドリンクは砂糖も多く、高カロリーなのに対し、バナナとミルクだけでつくるバナナジュースは、砂糖不使用で健康的と今ブームになってきている。

「バナナとジュースをミキサーにかけるだけなら、誰でもかんたんにつくれるのでは?」と思われるが、そこは専門店ならではのおいしさの秘密がある。「バナナフラッグ(Banana Flag)」では、シュガースポット(=バナナの皮にできる茶色の斑点。完熟の目安で、栄養効果もあがると言われている)が出た完熟したバナナのみを冷凍し、ミルクだけを使用してつくる。つくり方を熟知したお店のスタッフが「家で同じ配分でつくってみたけれど、ベタッとしてお店ほどおいしくできなかった」と言うほど。確かに、シャリっとした飲み心地。業務用のジューサーというのもおいしさのポイントだとか。

バナナフラッグ、静岡市葵区駒形通り

「バナナフラッグ(Banana Flag)」のバナナジュースは、甘くて満足感もあるのに低カロリー

バナナジュースは、Mサイズでバナナ約2本分・約220キロカロリー、Lサイズでバナナ約3本分・約440キロカロリー。「バナナジュースは入っているものが明確なので、子どもから年配の方まで安心して飲んでもらえるのが魅力。砂糖不使用なので、自然な甘さが特徴です」と話す。
オープン時は女性客の来店が多いかと思ったそうだが、男性客も意外に多い。近隣店舗のスタッフやその利用客から、昼食時、帰宅途中の利用客が多かったため、当初9:00〜18:00だった営業時間もニーズに合わせ、11:00〜19:00に変更したという。リピーターもすでに多く、中には1日2回利用してくれる人も。
ちなみに、バナナは空気に触れると変色してしまうため、つくり置きはできない。オーダーを受けてからつくるため、時には並ぶこともあるという。

バナナフラッグ、静岡市葵区駒形通り

「バナナフラッグ(Banana Flag)」のオーナーは一念発起して静岡へ移住し、お店をオープン

オーナーの野村さんは、実は岐阜県出身。東京でインターネット関連の仕事をしていたが、人と関わる機会が少なく、「人に喜んでもらえる仕事がしたい」と一念発起して飲食業へ転身。手軽につくれるバナナジュース専門店を開こうと考えた。しかし、ちょうど時代はコロナ禍。都心で新規に店舗を貸してくれる物件が見つからなかったという。結局、首都圏を離れ、長野県や茨城県、静岡県も視野に入れ、物件探し。たまたま見つかった現在の物件の貸主さんが良い方で、縁を得て、静岡へ移住することになったという。「静岡はコンパクトにまとまった場所で、住みやすいですね」と話す。(コロナを機に静岡へ移住してくれたなんて、ありがとうございます!)

バナナジュースの容器に、アルバイトの女性スタッフがイラストやメッセージを手描きしてくれる、という嬉しい心遣いも。一つひとつ異なり、写真映えするのもテンションが上がる。

バナナフラッグ、静岡市葵区駒形通り、バナナジュース

「バナナフラッグ(Banana Flag)」のバナナジュースでは、健康効果が望めそうな食材もプラス

店舗は2坪程度と本当に小さなスペースなので、テイクアウト専門。バナナとミルクでつくるバナナジュースを基本に、ミルクを豆乳に変更でき、また、きなこ、ココア、ごま、竹炭、抹茶、ほうじ茶と健康にプラス効果が望めそうな食材を組み合わせて提供する。色が黒くなる竹炭は味こそは特に変わらないという。
「抹茶、ほうじ茶は静岡県産ですか?」と質問すると、「最初は違う産地のものを使っていたのですが、お客さまからも聞かれたので、これはまずいと思い、すぐ抹茶は静岡県産に変えました。お茶どころですからね。ほうじ茶はまだオープンしたばかりで、よいものに出合えていないので、今、探しているところです」。
野村さんは「おいしくて健康的なものをつくり続けていきたいですね。七間町、人宿町は、再開発により、今、盛り上がってきている町と聞いています。せっかく縁を得て静岡に来たので、自分もその町づくりに貢献できたら嬉しいですね」と話してくれた。
今後は、朝らしくシャキッとできるコーヒーを入れたものや、静岡のイチゴを使ったもの、ナッツを使ったものなども検討中。新しいメニューも楽しみにしたい。

【MENU】
●バナナジュース……Mサイズ500円/Lサイズ650円
●きなこバナナジュース……Mサイズ550円/Lサイズ700円
●ココアバナナジュース……Mサイズ550円/Lサイズ700円
●ごまバナナジュース……Mサイズ550円/Lサイズ700円
●竹炭バナナジュース……Mサイズ550円/Lサイズ700円
●抹茶バナナジュース……Mサイズ550円/Lサイズ700円
●ほうじ茶バナナジュース……Mサイズ550円/Lサイズ700円
※+50円で豆乳に変更可能……Mサイズ550円/Lサイズ700円

「バナナフラッグ(Banana Flag)」の詳細はwomo店舗ページへ

店舗ページへ

そのほかの新店コラムを読む

コラムで紹介した店舗

静岡市葵区

Banana Flag

完熟バナナとミルクだけでつくる低カロリーなバナナジュース専門店

更新日:2020/10/13

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
みんなでエンジョイDIY
e-cocochi みんなでエンジョイDIY 静岡で人気のホームセンター「ジャンボエンチョー」とwomoがタッグを組み...