womo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Original

映画『アーロと少年』日本語版・Tレックス一家の姉“ラムジー”役 片桐 はいりさんインタビュー

womoインタビューシリーズ【片桐はいりさん】

世界初長編フルCGアニメーション「トイストーリー」、「モンスターズインク」数々の名作を世に送り出してきたディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』が、3月12日(土)より公開。
日本語版で、Tレックス一家のおてんばな姉“ラムジー”役を演じた女優・片桐はいりさんが、womo編集部のインタビューに応えてくださいました。演技や映画の見どころについてたっぷり伺ったので、womo読者のみなさま必読です。終わりに、静岡県内で使えるシネマクーポンも掲載。この春は映画館へ!

アーロと少年 公式サイト

恐竜の顎の大きさ、肺活量はどれくらい? リアルに想像しながらラムジーになりきる

--はじめまして。静岡へようこそ。よろしくおねがいします。
映画「アーロと少年」の片桐さんは、今存在しない恐竜を演じるということで、イメージしにくい役どころだったかと思いますが、工夫されたことはありますか?

この映画の舞台は、地球が隕石の衝突を逃れ、恐竜たちが絶滅することなく進化した架空の世界なんですが、「その世界ってどんな風景なんだろう、そこで暮らすTレックスってどんな感じだろう…」とまずは想像をめぐらせるところからスタートしましたね。

--ドラマや映画でご自身が演じられるのとやはり違いますか?

声だけとはいえ、基本的には同じだと思います。ただ、声優の仕事は今回が初めてだったんで、音声を担当するスタッフさんから「古代のTレックスの頭骨長は約1.5mもあって、その口が喋る言葉なんですよ」とか細かく演出指導をしてもらいました。“恐竜の肺活量ってどのくらいなんだろう、神経はどう通っているのかな”なんてリアルに思い浮かべながら、恐竜になることをとことん楽しみました。

舞台でいつも顔を合わせる俳優さんと共演。録音は別でも、三人でいる…みたいな気分

--片桐さんが演じられたTレックス一家の姉“ラムジー”は明るくておてんばな役ですが、ご自分と共通するところはありますか?

私も弟がいるので、姉の気持ちというのは非常にわかりやすかったですね。でもそれ以上に面白かったのは、ラムジーの父親役の松重さん、弟役の八島さんって、私同様、舞台系から出ている俳優さんで、一緒に仕事することも多いんです。だから何というか、同族な感じがして、妙にぴったりと噛み合いました(笑)。

--そういえば、違う録音現場であったのにもかかわらず、息がピッタリでしたね。

そうなんですよ、一人で録音しながら、三人でいる…みたいな気分になってしまうから面白いですよね。それと、映画の中でTレックス親子が焚き火を囲みながら傷自慢するじゃないですか。同じような傷自慢が舞台仲間との間でもあるんですよ。「これはあの舞台の傷でさ」「この指曲がっているのは半年前の舞台であいつをかばってね」なんて言い合ってる(笑)。ラムジーたちと同じですよ。親近感を持ってしまいましたね!

親子愛、出会い、友情、別れや成長…、いろんなエッセンスがぎっしり

--womo読者の多くは女性なのですが、女性が観るべきこの映画のオススメポイントを教えていただけますか。

映画を見たいろんな女性から「感動した」「泣きました」と言われるんですが、感想を聞いてみると、泣いたシーンがバラバラで「え、そこで?」と思うシーンだったりする。つまり、この映画には“泣きポイント”がいっぱいあるんです。親子愛、出会い、友情、別れや成長…、自分でも忘れてしまっていたいろんなエッセンスがこの映画にはぎっしり詰まっていて、みんなそれぞれ感じるツボが違う。それが何よりの魅力だと思いますね。何人かで観に行って、終わってから「どうだった?泣いた?どこに感動した?」みたいな話をしてほしいですね。きっと盛り上がると思いますよ!

平均点を取るよりは、これさえあればOKというものを1つ持つ

--今回の主役、アーロと少年スポットの共通点は“ひとりぼっち”。弱虫のアーロと人間の男の子が出会い、お互いを守るために成長していくというストーリーですが、お仕事の場面で「嫌で辛かったけれど、これがあったから頑張れた」みたいな経験はありますか?

う〜ん、お金かな(笑)。嫌な仕事の時は、シンプルに「稼ぐため!」と思ってモチベーションをアップさせます。そもそも仕事ですから、そこに多くを求めてはダメですよ。ただ、みなさんにアドバイスするとしたら、あれこれやって、広く浅く平均点を取るというよりは、1つだけでいいから、これだけあればオッケーみたいなものを持つようにするとといいですよ。自分のプライオリティーポイントが明確になって、次第と自分が進むべき道が開けてきます。

--「womo」には、「輝く女子を応援!リアルライフ」というコーナーがあります。片桐さんのリアルライフ…お休みの日はどう過ごすのか、趣味、パワーの源などを教えてください。

趣味、パワーの源は映画です。近所に出入り自由みたいになっている馴染みの映画館があって、休みの日はもちろん、ちょっと時間があれば映画を観に行きます。出演するより観る方が好き(笑)。映画観て、仲間と喋って…そんな感じかな。ちなみに、私が映画館で初めて観た映画はディズニーの「101匹わんちゃん」。私の映画好きはここから始まったんですよ(笑)。今回、映画の原点ともいえるディズニー/ピクサーの作品に参加できて、本当によかった。この映画がきっかけで、映画好きな人がもっと増えてくれたらうれしいですね。

--最後に、映画についてメッセージをお願いします。

恐竜なのに怖がりのアーロと、少年スポットの友情と成長を描いた感動のロードムービーです。自分でも忘れていた大切なものを思い出したり、勇気をもらったり、見終わった後は、あたたかな気持ちになっていると思います。ぜひ友達や家族と映画館へ足を運んで楽しんでください!


片桐はいり

[Tレックス一家]おてんばな姉“ラムジー”役
1963年1月18日生まれ。東京都出身。劇団入団を機に役者としての活動を開始し、多くのドラマ、映画、舞台に出演。NHKドラマ「あまちゃん」 (13)、 「昨夜のカレー明日のパン」(14)、「富士ファミリー」(16)や、映画『小野寺の弟・小野寺の姉』(14)、『繕い裁つ人』(15)、『ジヌよさらば』(15)等の出演も記憶に新しい。

アーロと少年 公式サイト キャスト紹介を参照

http://www.disney.co.jp/movie/arlo.html

上映情報

『アーロと少年』は、静岡県の下記の映画館で3月12日(土)より上映。

■静岡エリア:静岡東宝会館/MOVIX清水/藤枝シネ・プレーゴ
■浜松エリア:TOHOシネマズ浜松/TOHOシネマズサンストリート浜北/TOHOシネマズららぽーと磐田
■東部エリア:イオンシネマ富士宮/

womoのシネマクーポン持って、映画館に行こう!

クーポンはコチラ

https://womo.jp/womocoupon/

【スマートフォンの方】
上記ページを読み込んでチケット購入時に提示
【PCの方】
クーポンページで表示されるクーポンを印刷してチケット購入時に提示

【womoシネマクーポンが使える映画館】
静岡東宝会館/シネ・ギャラリー/シネシティザート/シネプラザサントムーン/藤枝シネ・プレーゴ
※割引率・有効期限は、映画館により異なる

フリーマガジン『womo』静岡版の巻末「おすすめシネマ」コーナーにも掲載中!

更新日:2016/3/16

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...