PR 歓送迎会シーズン! 大人はちゃんと“食べきり”してますか?

womo 仕事帰りや週末の新しい地元ライフに
静岡・浜松女子のクチコミサイト

編集部コラム

編集部コラムはwomo編集部が注目する静岡・浜松の地元情報を取材し記事やコラムにまとめたページです。
womo女子のみなさまにお伝えしたいおトクな情報、最新トレンド情報、イベントレポートなどをお届けします。
キャンペーンや期間限定情報もあるので見逃さないで。

Original

“鉢カバー”を作ろう!

【vol.7:鉢カバーをDIY】 私にもできる♪  暖かい日に春の花を植えてみよう。 鉢カバーを黒板にして遊び心をオン

今回は『鉢カバー』

色とりどりの花が咲き始めるこの季節は、室内ガーデニングがオススメ。特に爽やかに香る花やハーブを植えて、春を楽しむスタイルが人気を呼んでいる。しかし気になるのは鉢植えのデザイン。鉢は色も形も限られていて、部屋に合わせるのが意外と難しい。そこで今回は、ミニ黒板付きの木製の鉢カバーの作り方を紹介。玄関に置いて家族との伝言板にしたり、予定日を書いてブロックカレンダーとして実用的でオシャレに使えるスグレモノ。板に塗るだけで黒板ができる流行の「チョークボードペイント」だから、ベニヤ板に塗ってアイデアボードにしたりレストランのようにディナーメニューを書いたり、インテリアに合わせてアレンジしてみよう。

使ったのはコレ

チョークボードペイント(170mℓ) 各色980円
ヌーロ(70mℓ) 各色498円
杉板材(900×13×150mm) 550円
カクシ釘(36mm) 185円

※最寄店舗に掲載商品がない場合は、取り寄せにて承ります。
※掲載価格は変更となる場合がありますのでご了承ください。

かんたん3ステップ

①木材カット&塗装

飾りたい鉢の幅の広い部分を測定り木材をカット。切り口に紙ヤスリをかけると丁寧な仕上がりに。側面は、そのまま塗れて便利な「ヌーロ」を使用。木目に沿って塗装しよう。粘度が高く塗りにくい時は水で少し薄める。

②黒板塗装

「チョークボードペイント」を容器のままよく振ってかき混ぜる。塗装面の汚れを取り除き、塗料10:水2の割合で混ぜて塗る。水分量が多いと接着力や耐水性が弱まるので注意。重ね塗りは、塗料が完全に乾いてから塗ろう。

③組み立て

釘を打つ箇所を決めて木材に墨付け(下書き)を。接着面をボンドで仮止めして、カクシ釘をスペーサー部分まで打ち込もう。横方向から叩いて釘の頭を飛ばせば釘跡が目立たず留まる。完全乾燥後、好きな文字を書いて楽しんで。

カクシ釘の使い方

初心者でもプロ級の仕上がりに!

<1>まっすぐ打つ<2>ピンクのスペンサー部分がぶにゅっとするまで打ち込む<3>スペーサー部分を叩きとばす。この3工程で写真の通り「カクシ釘」ならではの巧みな技が簡単に出来る。

DIYアドバイザーより

ガーデニングといえば、培養土や野菜プランターなど、大型商品のイメージのエンチョーですが、ハーブや多肉植物、多年草、観葉植物など、小型商品も多数あります。組み合わせて楽しんでみてくださいね。

あなたもDIY女子になろう!

「DIY女子倶楽部」会員募集中!

DIYに興味を持っている女子をエンチョーDIYアドバイザーがお手伝いします。会員限定の定例会では、みんなで協力して作品作り。DIYを通じて素敵な仲間を作りましょう! 申込はエンチョーHPにて受付中!

「DIY女子倶楽部」入会はこちら

その他のDIYレシピ・DIY情報はコチラ

会員アイコン
写真
削除

この記事をSNSでシェア