womo

いいね 履歴

いいねされたページはありません

閲覧履歴はまだありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Original

「秘密のケンミンSHOW」でも紹介! ~ぬくもりと癒しを求めてオクシズの『縁側カフェ』へ

静岡市葵区の大沢と大間の両地区で、隔週で開催されている『縁側カフェ』をご存知ですか? スタートから8年余り、山里の小さな村に「心の癒し」を求めて、県内外から多くの人が訪れています。5/26木には日本各地のご当地ネタを紹介する、人気番組「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ・日本テレビ系列 ※静岡地区はDaiichi TV))でも紹介され、さらに多くの注目を集めています。 訪れる人の心をゆるやかに癒してくれる『縁側カフェ』の魅力を、womo編集部がご紹介します。

▼「秘密のケンミンSHOW」番組情報はこちら

大沢・大間の『縁側カフェ』にいらっしゃい

●大沢・大間地区ってどこにあるの?

大沢・大間の両地区は、静岡駅から県道27号、189号を車で約1時間北上したところにある、緑に囲まれた小さな集落。「オクシズ」の愛称でも親しまれている静岡市葵区の中山間地域の一部。

●『縁側カフェ』とは?

静岡市葵区の大沢と大間の両地区で、隔週で開催されている小さなおもてなし。
2008年にスタートし今年で丸8年の『大間 縁側お茶カフェ』と、3年目を迎えた大沢地区の『おおさわ 縁側カフェ』がある。

●『縁側カフェ』の基本ルール

基本ルールといっても難しいものではないけれど、自分もみんなも気持ちよく過ごせるように、心にとめておこう。

○車は所定の場所へ。道中は譲り合いの精神で。
○お茶をいただきたいお宅へ行き、300円のお休み料を集金箱に入れる。
○満席で次のお客さんが来た際、すでにゆっくり過ごした後であれば「また来るね」と席を譲ろう。
○それ以外は親戚や友だちの家に遊びにきたくらいの気持ちで、のんびり過ごせばOK。

○もちろんお茶の購入も可能。気に入ったお茶があればおみやげにしても。















--

その1:大沢地区の『おおさわ縁側カフェ』

●おおさわ縁側カフェ

大沢地区23世帯のうち、10軒程度が縁側を開放し、お茶と3品程度のお茶請けを提供。開放しているお宅はMAPに記載されており、8軒のシールを集めると大沢のお茶をもらえるという「スタンプラリー」も開催している。
※案内板(写真下)のある集落の入り口でMAPを受け取ったら、車はPマークのある道路の端や大沢公民館へ。狭く勾配のある道のため、ここでも譲り合いの精神が大切。

----------------------------------------------
【DATA】
■開催日/毎月 第2・4日曜
■時間/10:00~15:00頃
(11~3月は14:00頃まで)
■料金/お休み料300円
----------------------------------------------

この案内看板が、集落入口の目印。近くに案内人さんがいてマップを渡してくれる

▲おおさわ縁側カフェMAP


案内人は交代で務めているそう。営業しているお宅はMAPにマークがついている。










訪ねたお宅ではシールを貰うのを忘れずに。1日で8コ集めたツワモノもいたそう。









大沢公民館付近からの眺め。小さな集落なので中心部をぐるりと回っても15分ほど。









--

【1けんめ】 内野昌樹さんのお宅

内野昌樹さんは縁側カフェの発起人。7代続くお茶農家さん。築200年以上という建物は時代を巻き戻したような佇まいで、流れる時間も交わされる会話もあたたかい。

 「来るたびに寄る」というお客さんも多く、見ず知らずのお客さん同士の会話がはずむこともしばしば。






お茶を淹れてもらいながら、お父さんともおしゃべり。内野さんの息子さんや親戚の方もお手伝い。








その家ごとのお母さんの味が並ぶお茶請けは、お茶請けと呼ぶにはあまりにも充実した品ぞろえ。この日の昌樹さんのお宅は、蒸しパン、大学芋、漬け物。見た目は素朴ながら心のこもったなつかしい味わいで、一口ごとに優しさがじんわりと身体に染み込むよう。







--

【2けんめ】 内野了一さんのお宅

「一緒に笑えるのがうれしいの」と優しい声のトーンで話す奥さま・正子さん。その柔らかな物腰が、ゆったり感を生む。お客さんを見送る後姿にも人柄があふれていてほっこり。了一さんのお宅では民宿も営んでおり、静かな環境と地元の素朴な幸が楽しめる(1泊2食付き6000円)。


「ちょっと違うものを」という思いで用意するというお茶請けには、ゼリーや羊かんなども登場。盛り付けもちょっと上品に。








--

【3けんめ】 平垣定夫さんのお宅

家族でバーベキューを楽しむためにと作った、ご主人がお手製のウッドデッキが縁側代わり。開放感ある眺めと、ドラム缶で焼き上げる「ドラピザ」が評判。


お茶請けには、直径15センチ程の「ドラピザ」がなんと一人1枚。極力地元&自分の畑で採れた新鮮な旬野菜を使うという。これまた自家製のチリオイルでパンチアップした味も楽しめる。
目の前に緑が広がる特等席でほおばろう。





次々にピザを焼く定夫さん。ドラム缶窯も、もちろん手づくり。
何でも作ってしまう定夫さん、すごい!







--


【4けんめ】 白鳥松男さんのお宅

常連さんのお目当ては、「最近若くなったっていわれるだよ」という看板娘、タニさんの笑顔。自分で冗談を言って、誰よりも大きな声で笑うチャーミングなタニさんといると、いつの間にかみんなも笑顔に。話しているだけで元気をもらえる。





縁側は通りから奥まったところにあるが、このディスプレイがオープンのサイン。








この日タニさんが出してくれたお茶請けは、ほう葉もち、落花生の五目煮、みょうがの酢漬け。











若い女性の2人組からご年配の方の集まりまで、いろいろなお客さんが時間を共有。築100年ほどという建物の縁側で、自園自製のお茶を楽しんで。







--

【もっと見たい】 こんなところも大沢の魅力

大茶園は大沢地区から車で5分ほど。時間があれば一足のばして。











森や畑には季節ごとの色と風情が。小径までも絵になる。











--

その2:大間地区の『縁側お茶カフェ』

●大間 縁側お茶カフェ

●大間地区全5軒のうち、数軒が開催。2008年にこの地区でスタートした『縁側カフェ』は全国でも先駆的な取り組みであったため、現在も視察や取材が続いている。
※あと少しで井川という標高800mの小さな集落は、湯ノ島温泉を過ぎたあたりから、カーブが連続する細い山道となるので運転は慎重に。

----------------------------------------------
【DATA】
■開催日/毎月 第1・3日曜
■時間/11:00~16:00頃
■料金/お休み料300円
----------------------------------------------







一期一会の風景が待つ「天空の癒し里」。
特別な眺めに心の霧も晴れていく。









四季折々の風景を眺めているだけで、気分が軽くなっていく。晴れている日は、山々の先に駿河湾が光る。









-

【1けんめ】 小櫻家

一番高い所に位置する小櫻家は、縁側お茶カフェを提唱した元静岡大学人文学部教授、小櫻義明さんのお宅。風土に魅せられ、25年ほど前から大間で暮らしはじめた小櫻さんがツリーハウスを開放。山々が連なる景色とやさしい甘さのマドレーヌで迎えてくれる。


入れたてのコーヒーと手づくりと聞いて驚いたマドレーヌ。
















標高があるため、静岡市内とは思えない光景が広がることも。その日、そのときの眺めを楽しみたい。







-

【2けんめ】 中村家

縁側には大間の澄んだ空気と築60余年の建物が醸すあたたかみが漂う

中村家のお茶は口に含んだ瞬間、強い香りと甘みが広がりすっと引く清々しい余韻。2煎目、3煎目までその魅力を感じられ、心に残る一杯に。
こちらでは、真摯なお茶づくりを続ける中村敏明さんが、お茶の淹れ方、楽しみ方を教えてくれる。現在はお客さんも交え、大豆栽培からの味噌づくりをスタート。









お茶請けには季節の味覚を。素朴な味わいにほっとする。「遊園地とかにいくより、断然こっちですね」という若いご夫婦とお子さんも。

何気ないやり取りに、心が丸くなっていく

数件の縁側を訪ねているうちに、
いつの間にか自分自身の力みが抜け、
心が丸くなっていくのを感じます。

心がへこんだとき、とがったとき、
ちょっとだけ疲れちゃったときにもまた来たい
「親戚の家」ができたよう。
数回目には「第二のふるさと」になっているかもしれません。

毎日忙しい日々を過ごしている
みなさんも、日曜日には
ぜひ大沢や大間の『縁側カフェ』を訪れてみて。

優しいお茶の香りと明るい笑顔が
「いらっしゃい」と
あなたを迎えてくれるはず。


-
-

「womo」では、しずおか女性のための情報があつまっています♪

静岡女性のクチコミがあつまる『投稿女子トーク』

『縁側カフェ』も紹介された旅行本『ジモトリップ』を抽選でプレゼント!
▼詳しくは、こちらから

静岡県の好きなところを教えて♪

更新日:2016/5/31

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
みんなでエンジョイDIY
e-cocochi みんなでエンジョイDIY 静岡で人気のホームセンター「ジャンボエンチョー」とwomoがタッグを組み...