womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

ホール志水の『アナがあったらハマりたい』 県内外のお出かけスポット情報を、本筋を外しつつ私感たっぷりに、お届けしたりお届けしなかったりします。そしてハメを外して顔ハメしていきます。 ライター:ホール志水

Original

<2番ホール>大人もハマる、「日本平動物園」

静岡県内外のお出かけスポット情報をお届け。

夜の動物園、絶賛開催中(たぶん)

さぁ、今月も始まりました、ホール志水の『アナがあったらハマりたい』。
今回の2番ホールは、静岡市民が日本全国に誇れると言ったら言い過ぎだと言われる「日本平動物園」に潜入です。
正式名称を「静岡市立日本平動物園」といい、1969年にオープン、2013年に大リニューアルを敢行。動物本来の姿や行動を間近で見られる施設となり、あの「旭山動物園」に勝るとも劣らぬ注目度大(ホールさん調べ)の動物園なのであります。

ちなみに、毎年開催される「夜の動物園」が、今ちょうど開催中ですね。
 9月10日(土)、24日(土)、10月1日(土)の17:30〜20:30(最終入園19:30)

夜の動物園の情報はこちら

http://www.nhdzoo.jp/event/naka.php?id=151

ぜひ!おでかけくださいませ‼︎

と、まともな情報はここまで。
あとは、いつものごとくグダグダと園内を散策しながら顔ハメに興じます。

顔ハメ看板のニケツ対応も万全で、いざ

事前情報によれば、今回も「2穴」看板があるとのこと。通称ニケツ看板にどう対応するかを事前に考えておく必要があります。というのも、さすがのホールさんでも、全く見ず知らずの赤の他人を「ご一緒にアナにハマりませんか?」などと粋なお誘いをできるほどの勇気はございません。むしろ、基本人見知りですから無理です。
で、日曜のお昼、家で暇そうにコロコロを読んでいる息子(10歳か11歳)を誘って動物園へと向かうのです。
ちなみに我が家は、日本平動物園へは歩いて10分という、誰もが羨む好立地(田舎)にあるので、「なんでいきなり動物園なんだ?」という、一般的な小学5年生男子が持つであろう疑念を薄めるのには好都合。
案の定ひょこひょこついてきた息子は、しかし、彼の父親が執拗に顔ハメ写真を一緒に撮ろうとする姿を見て、徐々に態度を硬化させていくのであります。

日本平動物園のお約束撮影スポット「人間の檻」にて。この写真を撮らせているうちはまだよかったのだ。。。

オランウータン?ゴリラ?

記念すべき、初!親子顔ハメツーショットがこちら。

半笑いの息子に対し、ノリノリの父親の顔が痛々しい、思い出に残るナイスな顔ハメショットとなりましたよ。こちらの顔ハメ看板は、キリン舎の目の前にあります。
(撮影いただいた見ず知らずの可愛らしいお母さん、ありがとうございます!)
やはり、小学5年生ともなると、自我が芽生え羞恥心もいっちょまえに併せ持つようになるのですね(遠い目)。

と、ここで疑問が。
ノリノリの父親がハメているのは、オランウータンなのかゴリラなのか問題。
顔ハメしてる時は、キリン舎に至る前に見たオランウータンだと思っていたのでそれっぽい表情をしてカメラに収まったのですが、改めて見直すと「ゴリラじゃね?」って気がしてきます。オランウータンなら茶色のはず(ゴリラは黒)、頭の形も額の出っ張りが強調されていてゴリラのように見えてきます。

しかし、日本平動物園には今現在ゴリラは不在。不在の動物を看板にするとは、まさに看板に偽りありではないか!(話の流れ上やたら抗議してるように見えますが、そんなでもないです)
こうなったら仕方ない。動物園に電話です。
「え〜と、キリン舎の前に顔ハメ看板がありますよねぇ。で、その左側は〜(〜中略〜)あ、ありがとうございました!失礼しま〜す」
結論から言いますと、ゴリラでした。

昔はゴリラも在園していた

丁寧にお答えいただいた職員さんのお話をまとめると、
・2000年7月まではゴリラがいた。その名は「ゴロー」
・それ以降、当園にはゴリラは不在
・ゴリラが在園していた時に、この顔ハメ看板を製作した
・特にモデルとなるゴリラはいない
とのことでした。
看板に偽りありだ、なんて言って申し訳ございませんでした!

さて気を取り直して、その他にも、園内にはこんな顔ハメ看板がありましたのでご紹介。

キリン舎の上(エサやり体験ができるスポットの横)には、こんな「キリンと少年」の顔ハメ看板が。息子に「キリン役をやりなさいよ」と言ったのに、「オレは人間がいい」というのでこうなってしまった。
ちなみに、この少年の顔ハメはキリンの被り物をしている設定。芸が細かい。

さらにその先、レストハウス横の公園にひっそりと「鹿(ツノが立派なのでオス)」の顔ハメ看板が。どう頑張っても、大人だと肩がはみ出してしまうのが残念無念。

なんだかんだ言いながら、最後まで付き合ってくれた息子も、猛獣館やペンギン館では勝手に動物を見に行くほど楽しんでいる様子。やっぱ来て良かったじゃんね!
というわけで、今回はここまで。

以上、ホール志水がアナ場からお伝えしました。

日本平動物園の施設情報です

日本平動物園HP

http://www.nhdzoo.jp/index.php

TEL 054-262-3251
所在地 静岡市駿河区池田1767-6
営業時間 9:00〜16:30(入園は〜16:00)
休業日 月曜(祝日の場合は翌平日休)
駐車場 610円
入園料 大人610円、小・中学生150円
顔ハメ 3カ所(ホールさん調べ)

この記事をSNSでシェアする

連載から探す

ホール志水の『アナがあったらハマりたい』
ホール志水の『アナがあったらハマりたい』 県内外のお出かけスポット情報を、本筋を外しつつ私感たっぷりに、お届けしたりお届け...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
ゆとり最前線サツキの『快感フレーズは添えるだけ。』
ゆとり最前線サツキの『快感フレーズは添えるだけ。』 完全筆者主観の、心地いいと思った音楽と快感フレーズをご紹介。「わかるわ~」と共感...
ほしママ★の 『 おしゃれに おうちごはん♪ 』
ほしママ★の 『 おしゃれに おうちごはん♪ 』 womo編集部・ほしママ★が、美味しくて手軽にできる、おしゃれ&フォトジェニック...
つぶとこしの『コマ切れ東海道あるき旅』
つぶとこしの『コマ切れ東海道あるき旅』 文章担当の妻【こしあん】と写真担当の夫【つぶあん】。日頃まったく運動せず、極度の...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
womo編集長コラム
womo編集長コラム womoで取り上げた特集の制作裏話やテーマへの想い、最近気になるトピックまで。w...
“ウーモ”の会社
“ウーモ”の会社 womoをつくっている会社「しずおかオンライン」のなにげない日々をご紹介するコラ...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...
オクシズでひとやすみ
オクシズでひとやすみ まだ知られていないオクシズの魅力を大発掘!オクシズならではの心休まる食やお店を紹...