womo 静岡ライフを自由に楽しく
女性のための地元満喫メディア

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

womo編集長コラム

womoで取り上げた特集の制作裏話やテーマへの想い、最近気になるトピックまで。womo編集長が日常で感じるコト・モノ・ヒトについて語ります。

womo編集長 風間

Original

womo編集長コラム「サンタクロースの気持ち」

womo編集長のコラム[2016年12月]womoで取り上げたテーマへの想いから最近気になるトピックまで。womo編集長が日常で感じるコト・モノ・ヒトについて語ります。毎月第4金曜日に配信。

空気を読むことを学んだ、小2の冬

さかのぼること20年以上前の冬。
セーラー◯ーンがリアルタイムで全盛期のころ。

自宅で留守番をしていた小学2年生の私は、父親が帰ってくるのを待っていた。
すると「カラカラ……」と控えめな音で開く玄関の戸の音。
いつもなら「ガラガラッ」と大きな音を立て、そして「バタバタ」とすぐ2Fへ上がっていく音が聞こえるはずなのに、今日はしない。
代わりに、いつもは入らない部屋の戸を、スッと引く小さな音。
「絶対おかしい……。これは、バレないようにお菓子を買ってきたに違いないぞ!」と、そこは小学生らしい思考回路で考えた私は、父親を出し抜こうと、こちらもバレないよう、忍び足でその部屋に入る。

するとそこにお菓子はなく、代わりに大きな箱。

大好きなセーラー◯ーンが描かれている。

その瞬間、小2ながら「しまった!」と直感。
だが時すでに遅く、私の背後には、悲しげな目の父親が立っていた……。

―――

これが私とサンタクロース、初対面の瞬間。
この出来事がきっかけで、まわりの空気をすごく読むようになった幼少時代。
これは大人になっても続くわけで、特に誰かのサプライズバースデーなんて日には、本人にバレないよう、細心の注意を払っているのです。

だって、贈る側・仕掛ける側がどんな気持ちで準備しているか。
喜ばせるため、笑顔をみるため、相手のことを想っているわけですから。

感謝の気持ちをギフトに包んで

フリーマガジン『womo』12月号の特集は、"気持ち伝わる贈りもの"。
家族向けのベイクスイーツから大切な人へ贈る上質なギフトまで、厳選してお届けしています。

クリスマスや誕生日など、ギフトを渡す機会はいくつかありますが、ギフトを"あげる"ことが目的になってしまうことも正直あるはず。
そこで今回は、相手のことを想いながらセレクトしましょう、という気持ちを込めて紹介しています。

WEBコラムで「気持ち伝わる贈りもの」特集をみる



あとちょっとでクリスマス。
womoではクリスマス情報をまとめた特設ページも紹介しています。
こちらもぜひ!

womoクリスマスページをみる

次回は12/23(金)更新予定です。

会員アイコン
写真
削除

この記事をSNSでシェア