womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

男前インテリアで見せる収納ボックス

私にもできる♪ 穴あきボードを使って 自由に飾れる収納ボックス

今回は『自由に飾れる収納ボックス』

最近、DIY好き女子の中で流行っている“男前インテリア”。渋さと懐かしさのあるアンティークやちょっと無骨な印象を残したアイテムを取り入れるだけで、一気にオシャレ感がアップすると評判。今回はそんな男前インテリアでマストなアイテム、“穴あきボード”を使った「見せる収納ボックス」を作ってみよう。穴あきボードは好きな場所にフックを付けられ、飾りたい場所に合わせて自由にカスタマイズできるのが最大の特徴。作り方は初心者でも簡単。ボードと木枠を好きな色に塗った後、棚受けを取り付けた木枠にボードを貼ればほぼ完成。今回のようにモノクロでシックにまとめてみたり、黒板塗料を塗りナチュラルテイストでシンプルに仕上げるのもオススメ。

使ったのはコレ

●穴あきボード(300×600×5.5mm)1480円
●鍛冶屋の棚受け(105x105mm) 各1030円
●穴あきボード用フック各種 248円〜
●ミニトレイ&ローラーセット 398円
●ミルクペイント(各色200ml) 850円
●強力ブチル両面テープ 428円~
●木材、丸棒 各種
※今回は棚受けを2個使用

※最寄店舗に掲載商品がない場合は、取り寄せにて承ります。
※掲載価格は変更となる場合がありますのでご了承ください。

かんたん3ステップ

【1】塗装

枠用の木材と穴あきボード、丸棒を好みのサイズにカットし、ヤスリで表面を整える。トレイに出した塗料をローラーバケに均等に馴染ませたら、軽い力でボードに薄く塗り広げる。ボード以外の木材は刷毛で塗る。

【2】下準備&組み立て

塗料が乾いたら、ねじ止めと棚受けの取付位置を墨付け(棚受けは端の2箇所でOK)。天板と底板には貫通穴を、棚受け取付位置は約3mmの下穴をあける。木枠をUの字に組み立てた後、棚受け→天板を取り付ける。

【3】ボード取り付け

裏面を上にして木枠に強力な両面テープを貼ったら、その上にボードを置いて強く押さえてしっかり固定する。下段の端に木工用接着剤で丸棒を取り付けたら完成。あとは好みのフックで自由にカスタマイズしよう。

DIYアドバイザーより

穴あきボードのような平らな面の塗装には、ローラーバケが便利です。塗料をまんべんなく塗れるので、穴に塗料が入り込みにくく、仕上がりもキレイですよ

フックも塗装してみよう

ヤスリでアンティーク調フックに

アイアン風の棚受けに合わせて、フックもアンティーク調に加工してみよう。
《加工の仕方》
①ヤスリで表面を白っぽくなるまでひたすら擦り、凹凸をつける。
②黒塗料をたたき込むように塗る。
③乾いたら、表面をウエス等で拭く。



ENCHOとお友達になろう!

LINE@で情報配信中。
チラシ、イベント、アイデア商品などお得な情報をお届けします。登録はQRコードまたは@enchoで検索。

LINE@encho

「DIY女子倶楽部」会員募集!

DIYに興味を持っている女子をエンチョーDIYアドバイザーがお手伝いします。会員限定の定例会では、みんなで協力して作品作り。DIYを通じて素敵な仲間を作りましょう! 申込はエンチョーHPにて受付中!

「DIY女子倶楽部」入会はこちら

この記事をSNSでシェアする