womo 静岡ライフを自由に楽しく
女性のための地元満喫メディア

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

ゆとり最前線サツキの『快感フレーズは添えるだけ。』

完全筆者主観の、心地いいと思った音楽と快感フレーズをご紹介。「わかるわ~」と共感を得られる…かは分からないですが、一度聴いてみる価値ありの音楽をお届けします。

ゆとり最前線サツキ

Original

<26番>今夏おすすめ、夏うた2曲

最近出会ったこの2曲で、今年の夏は越えられそうです。

毎年のように夏になると、個人的夏の超ヒット曲に出会います。
その曲は、夏の思い出ととともに、夏の終わりには冷凍保存されて、蓄積されていく。

あー、この曲聴いてたとき、こんなこと思ってたなーとか、
あんなことして遊んだなーとか、
解凍作業(フラッシュバック)が心地いいのです。

もう慣れてる私のdis でも私はsmile face

ゆるふわギャング『Sad Bud Good』/2017年

以前紹介した、ヒップホップユニット「ゆるふわギャング」。
まさに、ギャングスターとその女、みたいな外見からは想像できない、
ドリーミーで心地よい音楽。

そして、毎回毎回メッセージ性の高いMC。

SNS内での上部だけの関係とか、リア充とかやめない?
みたいな内容なんです。
そんなのに悩んでるくらいなら、前に進もうよ、みたいな。

2人とも20代前半なのに、そんなこと考えてんのかぁと、
この人たちの曲を聴くと、大人として自己反省的な気分になる。


そして、この曲がなぜ夏うたかって、
もちろん最近ユーチューブで出会って無限リピートしているから、
だけではないのです。

曲の最後には蝉時雨の声。

そう、「かせきさいだぁ」の『じゃっ夏なんで』同様に、
蝉時雨が入った歌が以上に好きなのです。
心がときほぐされていく。

もう蝉時雨の声だけのCDとかほしいくらい。

その君は僕泣かせ なぜなぜなぜ まぁいいか

SOIL&"PIMP"SESSIONS feat.YojiroNoda『ユメマカセ』/2017年

いや〜こちらも耳にした瞬間の衝撃たるや!

金曜10時『ハロー張りネズミ』(TBSテレビ)のエンディング曲です。

えっ、だれ?だれ?が歌ってる?
一瞬、とんでもない新人が出て来たか!
と思ったら、まさかの洋次郎、野田!RADWIMPS!

君の名は。で魅せられた才能だけではなかったのかよ、、、、


だって、だった、声が全然違う。
くもりというか、影というか、けだるさが入り混じっている感じが
最高にセクシー!

それが、この歌詞とジャスバンドの音と重なって、
色気がいたることろに隠されている。
その遊びあるフレーズと、音楽に気付いた時の
はっとさせられる感。
ほんとに何度聴いていても飽きない1曲です。


この歌のようにふらふら流れるように放浪して、
自由で、そしてちょっとセクシーな夏にしたいと思いました。
…セクシーは無理か(笑)

会員アイコン
写真
削除

みんなのコメント2

kamehanaさん
確かに80年代の懐かしい感じもありますね!いつもの野田洋次郎と全く違う感じなので、ほんとにわかんなかったです!さすが!
うん、山口智子も相変わらずきれいですね~。 2017年08月08日 08:26

『ハロー張りネズミ』のエンディング、野田洋次郎だったんですね! びっくり、びっくり! 80年代頃の曲なのかなぁ…くらいに思ってました。ゆる~い感じが耳に残りますよねー。変わらない山口智子にもびっくりですけど。 2017年08月01日 18:00

この記事をSNSでシェア