womo 静岡ライフを自由に楽しく
女性のための地元満喫メディア

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

コンパクトに収納できる、持ち運び可能な3段ラック

私にもできる♪ アイアン風にペイントした木製ラック

今回は『男前ラック』

最近話題の家具といえば、高さが低めの男前ラック。ちょっと無骨なインダストリアル系インテリアは、これからもっと人気が高まりそうな予感。そこで今回は、初心者でも簡単に作れる3段ラックをDIYしてみよう。一見難しそうに見えるけれど、実は同じ形の枠を2つ作って、棚板を挟むだけのシンプル構造。棚板を支えている部分は、アイアン風にペイントをしてリアル感を演出した木材で、実は軽量というスグレモノ。使わない時はバラバラにしてコンパクトに収納でき、持ち運びも自由自在。キャンプやバーベキューなどのアウトドアに持参すれば、オシャレな雰囲気になってSNS映えすること確実!

使ったのはコレ

●アイアンペイント(アイアンブラック・アンティークシルバー 200mL)各1280円
●水性ウレタンニス(つや消しクリヤー 300mL)1580円
●メラミンスポンジ「ピカるちゃん」(30キューブ)298円
●紙ヤスリ(240番・400番)各30円
●板材・角材 各種


つくりかた

【1】枠組み

置きたいモノに合わせた幅の棚板を用意する。角材を棚板の幅に合わせて必要な長さにカットし、漢字の「目」の字になるように並べる。2本目の角材は棚板の厚さ+1~2cmの位置に、3番目の角材は真ん中より少し上の位置に、4番目の角材は下から5cmくらいの位置にして墨付けする。角材に下穴を開けた後、ネジで組み立てる。この枠を2つ作る。


【2】棚板の塗装

棚板のゴミや汚れを取り、240番のサンドペーパーで木目に沿って軽く研磨する。水性ウレタンニスを容器ごとよく振ったら、刷毛で薄く塗り広げる。乾いたら400番のサンドペーパーで軽く擦って、再度ニスを薄く塗る。


【3】アンティーク塗装

ミルクペイントを容器ごとよく振ったら、アイアイブラックを枠全体に塗る。その時、軽くトントンと叩くように塗って、表面を凸凹させた方がアイアン風に見える。よく乾いたらシルバーのアイアンペイントをスポンジに軽く取り、こするようにして塗る(スポンジを使う方が、アイアンのツヤ感を演出しやすい)。


【4】組み立て

塗料が完全に乾いたら、枠と枠の間に棚板を挟んでいく。まず枠2本を垂直に立てて一番上の棚板を挟んだら、枠の下側をハの字に開いていく(ハの字に広がるから、一番上は枠の間を狭くする)。位置を固定した後、残りの棚板2枚を挟んだら完成。



DIYアドバイザーより

釘を使うのは、角材で作る枠の固定のみ。下穴は対角線上に2箇所開けて固定すると、強度&耐久性がアップします。あとは塗装と組み立てだけなので簡単です。


アイアン風ペイントに挑戦

塗るだけで金属のような質感に変身

アイアンペイントは、塗るだけで金属のような質感を表現できる不思議な塗料。木材の他、塩ビ、ダンボールなどにも使用でき、プライマーを併用すれば金属やガラスにも使用できる。よりリアルな質感を出したい時は、2色を組み合わせて重厚感を出して。


エンチョーとつながろう!

エンチョーでも大人気SNS「Instagram」をはじめました!
DIYアイデアやおすすめ商品など楽しい情報をお届け中。
ぜひフォローしてね!


Instagram


DIYグランプリ作品募集、締切迫る!

エンチョー主催の「DIYグランプリ」が今年も開催。「今日からはじまる。Made In わたし」のもと、10/31(火)まで手作り作品を募集中。木工作品、ガーデニング、住まいのリフォームなど、テーマは自由。リメイク作品も大歓迎。DIY女子部門もあるから、この機会に挑戦してみよう。詳細はHPをチェック!


第24回「DIYグランプリ」の詳細はコチラ

https://www.encho.co.jp/diygrandprix/entry.html

エンチョーホームページ

会員アイコン
写真
削除

この記事をSNSでシェア