womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Woman’s File』としてリニューアル!仕事もプライベートも自分のやり方でチャンスを掴み夢をカタチにした女性たちの体験談は、あなたが夢を実現するための原動力になるはず。 ライター:womo編集部

Original

【リアルライフ】チーズピゲ 店長 柴田絵美さん

輝く女子を応援する「リアルライフ」。womo4月号掲載の女性をご紹介

柴田絵美さんにインタビュー

“選ぶワクワクや喜びの繋がりをかわいくて美味しいスイーツでもっと広げていきたい。”

柴田絵美さん(32歳)

島田市出身、在住。子どもの頃からウェディングドレスのデザイナーに憧れ、結婚式場で衣装担当として働く。その後、洋服屋勤務の傍ら、コサージュなどのアクセサリーの制作、販売を手がける。2016年1月、ギフトをコンセプトにした菓子店「Cheese Pige」をオープン。同年8月に現在の店舗に移転。2018年3月、新静岡セノバに出店。

輝く場所『Cheese Pige』ホームページ

前職は、どのような仕事をしていたのですか?

ウェディングドレスを扱う仕事をしていましたが、事故の怪我で仕事に支障が出てしまって。その頃、コサージュでデザインをする楽しさを知り、アクセサリーの創作をスタート。勤め先の洋服屋で作品を販売するようになり、お客様がワクワク選んでいるのを感じられて嬉しかったです。その後、会社の新事業でクッキーチーズサンドの店「チーズピゲ」を立ち上げました。コンセプトは、人にプレゼントしたくなるような、ギフトとしてのスイーツ。私は店長として、販売とデザインを担当。商品の開発はもちろん、パッケージや内装にもこだわり、私たちの世界観を表現しました。

2店目が新静岡セノバにオープンしましたね。

おかげさまでお客様が増え、スタッフと“次は静岡に、できればセノバに出店したいね”と話していた時に「企業のつばさプロジェクト」(※2)を知り、迷いなく応募しました。2次審査のプレゼンでは、原稿の確認と修正を直前まで繰り返しました。ここまでやりきったんだから、今回がダメでも2店舗目は必ず出店できる!と確信し、挑みました。出店が決まった時は、本当に嬉しかったですね。
※次世代で活躍する静岡発ショップ経営者の発掘・育成、地域における企業文化の更なる醸成を目的に、新静岡セノバが出店、運営の支援を行うプロジェクト

今後はどんな展開を考えていますか?

まずはセノバ店を成功させること。その後は、県外に、いずれは海外にも出展していきたいです。喜びを伝えるギフトとして、オリジナルのアクセサリーや他のアイテムも増やしていけたらいいなと考えています。

柴田さんの1日


オフタイム

休日は外出して日常とは違う空気に触れるようにしている。一人なら神社や映画鑑賞に。友人と会う時は、県内や近隣にプチトリップへ。季節に合わせたおでかけを楽しんでいる。

柴田さんの人生グラフ

柴田さんのパワーの源

お店のスタッフ

当初は3人だったスタッフも、現在は12人に。それぞれ得意分野を持ち、個性も様々。家族のような付き合いができ、業務だけでなく精神的にも助けられている。スタッフが増えるとともに店のリピーターも増えている。


自分の作品たち

業務の合間を見てオリジナルの制作も続けている。コサージュなどのアクセサリーは店頭でも販売。柴田さんがデザインしたスイーツたちと共に、人の手から手に渡ることで“嬉しい”を広げたいと考えている。

womo読者へのメッセージ

私の夢はデザイナーになること。初めに思い描いていた形とは違っても、夢を持ち続けることで、お菓子やパッケージなどを手がけて叶えることができました。思いを強く持っていれば、可能性は無限大です。

この記事をSNSでシェアする