womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

西海岸風ハンギングシェルフをDIY

私にもできる♪ 夏感たっぷり揺れるシェルフ

今回は『ハンギングシェルフ』

ブランコのように吊るして飾り棚代わりにするハンギングシェルフが大人気。天井や壁に紐やフックを使って棚をつくるから、部屋に立体感がでて一味違った雰囲気に。今回は「夏感」満載の西海岸風にアレンジして、爽やかな部屋にイメチェンしてみよう。まずは桐の集成材に穴を開けたら、チューブから出すだけで塗れるヌーロで簡単塗装。そこから少し使い古した印象にするために、さまざまな色を少量ずつ擦れさせながら塗っていく。最後に綿の白いロープを通して木ダボで止めれば、ハンギングシェルフが完成! 飾るものは清涼感のあるガラス素材やブルー系、海を連想させる雑貨などを飾ればオシャレな西海岸風に。桐材は湿気に強いから、窓辺に飾って楽しむのもおすすめ。

使ったのはコレ


●桐集成材(600×15×150mm)2枚 各550円
●綿ロープ(12mm)2m×2本 220円/1mあたり
●木ダボ(8×40mm)100個入り 660円
●ヌーロ(70ml)白・スカイブルー・水色・チョコレート・黄色 各498円
●インパクトビット ショート(13mm)798円
●鍛冶屋の棚受け(115×150mm)各1100円
・ビニールテープ、クランプ、ハケ、ウエス、電動ドリル 各種

※最寄店舗に掲載商品がない場合は、取り寄せにて承ります。
※掲載価格は変更となる場合がありますのでご了承ください。

つくりかた

【1】墨付け&穴開け

今回は桐の集成材を切らずにそのまま使う。板全体のバランスを見てロープを通す4か所に墨付けをして、13mmのインパクトビットで穴を開けていく(ロープの太さが12mmだから、少し大きめのインパクトビットを選んで)。穴開けの際に板が振動で動いてしまうので、クランプでしっかり固定しておくとやりやすい。もう1枚の板も同じように穴を開ける。



【2】西海岸風に塗装

穴が空いた板2枚を塗装していく。まずヌーロの白色を下地として全体に塗り、その上にスカイブルー、水色、チョコレート、黄色をハケやウエスを使って擦れさせながら少しずつ色を足していく。



【3】ロープを通し、木ダボで固定

塗装が乾燥したら、ほつれないように先をビニールテープで巻いたロープを穴に通していく。板2枚が並行になるようにバランスを調整したら、板の下のロープを少し広げて木ダボを4か所に差し込む(これで固定される)。下段のロープがほどけてくるようなら、結んでフリンジのようにする。



ワンポイントアドバイス!

壁面への固定の際は、奥行きがある金具を用意しましょう。今回は「鍛冶屋の棚受け」を逆さにして取り付け、ロープがずり落ちないようにしています。画びょうなどでは落ちやすいので、しっかりとした金具を選んでくださいね。


用途に合わせて変える木の素材

今回は軽くて湿気に強い桐をセレクト

今回の木材は、吊るすという目的のために軽い桐をチョイス。しかも桐は高級タンスに使われるように湿気に強いから、窓辺に飾るにも最適。ただ木が柔らかく傷がつきやすいので、クランプで挟む際は当て木を忘れずに。用途に合わせて木の素材を変えながら、DIYを楽しもう。

DIY工房 WEBでお申し込み受け付け中!

ジャンボエンチョー静岡店やホームアシスト清水駒越店など、5店舗に設置されているエンチョーの「DIY工房」。さまざまな手工具や電動工具などを自由に使うことができるから、DIY女子の間でも話題のスペースに。そんなDIY工房では、楽しいDIYイベントを随時開催中。詳しくはホームページのDIY工房バナーをクリックして。

DIY工房 WEB申込み

「DIY女子倶楽部」会員募集!

DIYに興味を持っている女子をエンチョーDIYアドバイザーがお手伝いします。会員限定の定例会では、みんなで協力して作品作り。DIYを通じて素敵な仲間を作りましょう! 申込はエンチョーHPにて受付中!

「DIY女子倶楽部」入会はこちら

更新日:2018/6/11

この記事をSNSでシェアする