womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

初心者でも簡単! アロマストーンをDIY

私にもできる♪ 石こうを使って自分だけの香りアイテムを

今回は『アロマストーン』

爽やかな風と、夜に鳴く虫の声にすっかり秋の気配を感じるこの頃。夏に比べて五感が敏感になるからか、香りのアイテムが気になり出してくるのも多いはず。今回は、石こうを使ったオリジナルアロマストーン作りに挑戦! 石こうは扱いが難しそうなイメージがあるものの、実は適量の水を混ぜるだけですぐに固まるからとっても簡単。ポイントがあるとすれば“水に混ぜた時にすぐにかき混ぜないこと” 。気泡が入ってしまうから、落ち着いてゆっくり混ぜて、優しく好きな型に流し込む。1〜2分で固まるから、あとは直感に任せてドライフラワーを飾るだけ。最後に好きなアロマの香りを数滴垂らせば、玄関やクローゼット、車の中や寝室などでほんのり香るアロマストーンのでき上がり。

使ったのはコレ


●石こう(2kg)    515円
●ヌーロ(70ml) 各色 498円
●水、紙コップ、シリコン型、アロマオイル、造花やドライフラワー、ピンセット、はかり、カッター、やすり、麻ひも など

※最寄店舗に掲載商品がない場合は、取り寄せにて承ります。 ※掲載価格は変更となる場合がありますのでご了承ください。

つくりかた

【1】石こうや水をはかる

石こう、水、型になる容器を用意する(容器はシリコンの型の方が扱いやすく、使いまわせるのでおすすめ)。石こうを混ぜ合わせる時の容器は、使い捨ての紙コップ、紙皿、スプーンが便利。まず石こう100に対して85%の水を用意する(石こう30gの場合は水25.5ml)。使いたいドライフラワーは事前に小さく切っておく。


【2】水に石こう混ぜ、色を付ける

水の入った容器に、測った石こうを入れる。石こうが水を吸ってドロっとした状態になるまで(約1分程度)、触らずにじっと待つ。スプーンで1〜2分混ぜたらすぐに好きな色のヌーロを少量加え、マーブル模様になる程度にかき混ぜる。そのまま型に流し込み、軽く上から落として空気を抜く。




【3】ドライフラワーで装飾する

型に流し込んだら、なるべく早くドライフラワーを飾りつけしていく(早ければ10分程度で固まり始める)。細かいドライフラワーはピンセットを使おう。


【4】型から外し、石膏を整える

石こうがしっかり固まったら型からゆっくりと外し、カッターややすりで飛び出た部分を整える(石こうは、チョークのように簡単に削れるから形の調整もしやすい)。最後に好きな香りのアルマオイルを垂らし、穴に麻ひもを通せば完成。


ワンポイントアドバイス!

今回使用のシリコン型は吊るせる穴が空いていますが、穴が空いていない型の場合でも、固まってからドリルで穴を開けることができます。今回はマーブルカラーに仕上げましたが、色を混ぜずに白地にハンコを押してシンプルに仕上げるのもオシャレです。


気軽なギフトにも最適

季節に合わせて香りや飾りを変えて

アロマストーンとは、石こう作った石にお好みのアロマオイルを垂らして芳香浴を楽しむアイテム。火や電気を使わずに部屋に置くだけでアロマの香りを楽しめるので、小さなお子さんがいる家庭でも安心。秋冬はリラックス系、春夏はスッキリ系の香りにしてプレゼントしても喜ばれるはず。

DIY工房 WEBでお申し込み受け付け中!

ジャンボエンチョー静岡店やホームアシスト清水駒越店など、5店舗に設置されているエンチョーの「DIY工房」。さまざまな手工具や電動工具などを自由に使うことができるから、DIY女子の間でも話題のスペースに。そんなDIY工房では、楽しいDIYイベントを随時開催中。詳しくはホームページのDIY工房バナーをクリックして。

DIY工房 WEB申込み

「DIY女子倶楽部」会員募集!

DIYに興味を持っている女子をエンチョーDIYアドバイザーがお手伝いします。会員限定の定例会では、みんなで協力して作品作り。DIYを通じて素敵な仲間を作りましょう! 申込はエンチョーHPにて受付中!

「DIY女子倶楽部」会員募集!

第25回「DIYグランプリ」作品募集中!

『ほしい! をカタチにつなぐ、ひろがるDIY!』
10月の3連休にオリジナル作品を作ってみよう。今回の『石こう』を使って作ってみてもイイね。
応募締め切りは10月31日(水)必着。お忘れなく!


2018/9/28

この記事をSNSでシェアする