womo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Original

11月28日~パリの天使たちが 静岡に舞い降りる~ 『パリ 木の十字架少年合唱団』

世界で最も美しい合唱団のひとつとして知られる『パリ 木の十字架少年合唱団』。待望の日本ツアーがスタートし、なんとファン待望の静岡公演が決定! 真っ白なローブに木の十字架、キュートな少年たちの美しい歌声。気になるその魅力を徹底紹介します!

クリスマスを前に、パリの「天使」が静岡に?!

「パリ木」の愛称でも知られ、1957年の初来日以降、日本にも多くのファンを持つ『パリ 木の十字架少年合唱団』の日本ツアーがスタート。そして、今回、ファンが待ちに待った静岡での公演が実現します!

「パリ木って何?」という方のために、
まずは簡単に説明しますと……、

『パリ 木の十字架少年合唱団(愛称「パリ木」)』は、『ウィーン少年合唱団』、『テルツ少年合唱団』と並び、世界で最も素晴らしい少年合唱団のひとつとして知られる由緒ある少年合唱団。少年たちのおそろいの白いローブの胸には「小さな木の十字架」がその名の由来。平和への祈りを胸に、これまでに世界80か国以上で公演を行い、その美しい歌声と愛らしさで世界中の人々を魅了し続けています。

11月28日、
そんな愛らしいパリの天使たちが、
クリスマス前の静岡に、
ふわりと舞い降ります。

■出待ちまで?! 日本のファンも魅了する「パリ木」の魅力

大盛況を博した2016年以来、2年ぶりとなるファン待望の来日公演。

行く先々で「入り待ち」「出待ち」もあるほど人気の『パリ 木の十字架少年合唱団』の魅力と、「パリ木」静岡公演のおすすめポイントを合わせてご紹介します。

「パリ木」公演の魅力 [その1]

何と言っても一番の魅力は、かわいらしい少年たちの透明度の高い歌声!
特に今回は、変声期前の少年たちのみで構成されているユニットの公演。その声のピュアで清らかな響きは、日常の喧騒を瞬時に忘れさせてくれます。

また、彼ら一人ひとりが卓越した合唱力を持つ“ソリスト”であることも注目ポイント。
そんな彼らが生みだすハーモニーが
どれだけの美しさか、
想像するだけでも鳥肌が立ちます(笑)。

さらに、純白のローブをまとう少年たちの愛らしさは、まさに「天使」そのもの。そのキュートなビジュアルにも心癒されるのです。

.

「パリ木」公演の魅力 [その2]

有名なカッチーニのアヴェ・マリアをはじめ、モーツアルトやバッハ、サン=サーンスなど、クリスマスシーズンにふさわしい人気の楽曲が並ぶ、珠玉のラインナップ。

そもそも、合唱はもちろん、ピアノや吹奏楽など、音楽が大変盛んな静岡ですが、合唱系コンサートには「ハードルが高いな」と感じる人もいるのでは?

今回の『パリ 木の十字架少年合唱団』静岡公演は、そんな初心者さんにもやさしく、そして、コアなファンの方でも納得という、心癒される極上のプログラム。

クラシックはそんなに詳しくないの……という方にも、ピアノは聞くけど合唱は聞いたことがないな……という方にも、おすすめ&おすすめ&おすすめ! の公演なのです。

.

「パリ木」公演の魅力 [その3]

【美しい歌声】、
【キュートなビジュアル】、
【極上のプログラム】……に加えて、
もうひとつ強力プッシュしたいのは、
静岡公演の「会場」です。

今回の会場は、音響の素晴らしさに定評のある『静岡音楽館AOI』の音楽ホール。
主にクラシック音楽が演奏されるホールとして建設され、静岡ではパイプオルガンのあるホールとしても知られています。
また、ステージと客席との距離も近く、より一体感が感じられるのも魅力のひとつ。

当日は、
真っ白なローブに木の十字架を胸にした
愛らしい天使たちの透き通る歌声が、
ホール全体を包み込むように
優しく、そして美しく響き渡ります。

クリスマス前のひととき、
清らかで透明な
天使たちの歌声に耳を傾けながら、
心洗われる時間を過ごしてみませんか。



最後に……。
世界を魅了する歌声に包まれて過ごす
至極の時間を、この金額で堪能できるなんて、
めったにないチャンスですよ!
(ピュアなパリ木の少年たちとは対照的に、
実に無粋な大人の感想ですが、どうかお許しを……苦笑)。



             womo編集部 H

~ 『パリ 木の十字架少年合唱団』 静岡公演 ~

□□□□□□□□□□□□□□□□□

■日時/2018年11月28日(水)
    19:00開演(18:15開場)
■会場/静岡音楽館AOI
    静岡市葵区黒金町1番地の9
■出演/パリ 木の十字架少年合唱団
    芸術監督:ユーゴ・ギュティエレス

□□□□□□□□□□□□□□□□□


<プログラム>
・カッチーニ:アヴェ・マリア
・フォーレ:レクイエムOp.48より
・モーツアルト:子守歌
・J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ     ほか

-----------
主催/テレビ静岡 ムジカキアラ
協力/シン・ムジカ
後援/静岡県合唱連盟 静岡市合唱連盟 株式会社エスピーエスたくみ
   在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
-----------



□□□□□□□□□□□□□□□□□
『パリ 木の十字架少年合唱団』 ~Profile~

世界で最も素晴らしい少年合唱団として、ウイーン少年合唱団、テルツ少年合唱団と並び、世界的に知られる少年合唱団のひとつ。1907年に創設された歴史ある合唱団で、その名は、白いローブをまとった少年たちの胸にある、小さな「木の十字架」からつけられたもの。彼らの美しく純粋な歌声は、創設と同時に大反響を巻き起こし、フランス国内に知れ渡ったと言われている。ローマ教皇ヨハネ23世は彼らを「私の小さな平和の使途」と呼び、正式名称として「平和の使途」別称を与えた。宗教曲のみを披露していた設立当初とは違い、現在ではフランスの世俗曲や海外の曲も積極的に取り入れ、より多くの人が楽しめるプログラムとなっている。日本でも長年「パリ木」の愛称で親しまれ、その透き通る歌声と愛らしさで多くのファンを魅了している。
□□□□□□□□□□□□□□□□□

■チケット 好評発売中!

.


■チケット/全席指定 一般 4,000円
※以下プレイガイドにて好評発売中。



.

【プレイガイド】

◆チケットぴあ [Pコード112-279]

・TEL(24時間受付/Pコード入力)

0570-02-9999

チケットぴあ:パソコン・携帯からはこちら

〇セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗にても受付
.

◆イープラス

イープラス:パソコン・携帯からはこちら

〇ファミリーマート店内(Famiポート)にても受付
.

◆TSUTAYAすみや静岡本店

054-274-2666

◆テレビ静岡事業部 (月~金 9:30~17:30)

054-261-7011

◆ムジカキアラ (平日 10:00~18:00)

03-6431-8186

.

□□□□□□□□□□□□□□□□□

【静岡公演についてのお問合せ】

=テレビ静岡事業部= (月~金9:30~17:30)

054-261-7011

テレビ静岡HP

=ムジカキアラ= (平日10:00~18:00)

03-6431-8186

E-mail:info@musicachiara.com

ムジカキアラHP

□□□□□□□□□□□□□□□□□

会場(静岡音楽館AOI)HP

□□□□□□□□□□□□□□□□□

<静岡以外の公演>
◎11月27日(火) 19:00 
 紀尾井ホール ※東京

 問:ムジカキアラ

03-6431-8186

◎12月1日(土) 14:00 
 京都コンサートホール

 問:京都コンサートホール

075-711-3231

----------------------------------

更新日:2018/10/3

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...