womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

初心者でも簡単! ペーパーフラワーをDIY

私にもできる♪ 半紙を使ったペーパーフラワーアレンジ

今回は『ペーパーフラワー』

「生花はすぐに枯らしてしまうから買えない…」という女性が増えているくらい、忙しい私たちの日常。でも部屋にお花が一輪あるだけで、ふわっと心が和むもの。そこで今回は、自分好みの色合いのペーパーフラワーを作ってみよう。 使う紙は学生時代に使った懐かしい半紙! 薄くて優しい触り心地の半紙にシワをつけると、リアルな花びらに変身。おしべとめしべも作って色付けすると、フェイクフラワーにはない手作り感のある花ができる。これを何本も作ってお好みの包装紙に包んでリボンを結べば、いつまでも咲き続ける花束のできあがり。大切な記念日にプレゼントしたい時は、花束の中にメッセージカードをしのばせて。

使ったのはコレ


●天の川半紙(100枚)100円
●園芸用紙テープ(13mm×約27m)258円
●ヌーロ各色(70ml)各498円
●針金、色画用紙、はさみ、ラッピング資材

※最寄店舗に掲載商品がない場合は、取り寄せにて承ります。 ※掲載価格は変更となる場合がありますのでご了承ください。

つくりかた

【1】花びらを作る

半紙1枚を縦長に折った後ジグザグに折って、花びらの形にカットしていく。その際、花びらの付け根は切らずに繋がっている部分を作っておく。これをもう1枚作る。




【2】茎とめしべを作る

20cm程度に切ったワイヤーに園芸用紙テープをぐるぐると巻きつけて茎を作る。花びらを作った半紙の残りを細長く切り、それを茎と一緒に包むようにして直径約7cmの円形に切った半紙で包む。それを園芸用紙テープで茎に巻きつける。




【3】おしべを作る

両面色をついた紙を2mmぐらいの細さで切る(3分の2程度の切り込みにして繋げておく)。それを切り込みを上にしてめしべに巻きつける。めしべとおしべが完成したら、接着部分を園芸用紙テープで巻きつける。



【4】花びらと葉っぱをつける

1で切った花びらをくしゃくしゃに丸め、再度広げてシワを作る。花びらを繋いでいる部分にのりをつけ、茎に巻きつけながら花びらを巻いていく(半紙のツヤツヤした面を内側に)。この時、花びら同士が重ならないようにずらしながら巻いていくとキレイ。次に画用紙で細い葉っぱを作り、園芸用紙テープで固定する。





【5】色付け

花びらのバランスを整えたら、花びらの内側に色を付けていく。ヌーロを水でかなり薄めて、優しい色合いにするのがポイント。全体に塗らずにムラを作るようにして塗るとリアルに。めしべも薄めた黄色で塗る。乾燥したら、お好みの包装紙で包んでリボンを結べば完成。




ワンポイントアドバイス!

さまざまな飾り方を楽しんで

お花の茎部分はワイヤーなので、好きな形に折り曲げたり、好きな長さに切ることができます。茎を短めに切ってマグカップに飾ってもかわいいし、細長いものに巻きつけることもできます。半紙はたくさん入って100円なので、いっぱい作ってもリーズナブルなのが嬉しいですね。

いい香りも添えて…

アロマオイルを一滴

お花紙を使わずに白い半紙を使って色付けしていくことで、自分好みのリアルなお花ができる。たくさん作って花束にしてもいいし、フラワーベースやグラスに1輪だけさらっと挿して飾るのもオシャレ。最後に好きなアロマオイルを1滴垂らして、香りも一緒にプレゼントして。


DIY工房 WEBでお申し込み受け付け中!

ジャンボエンチョー静岡店やホームアシスト清水駒越店など、5店舗に設置されているエンチョーの「DIY工房」。さまざまな手工具や電動工具などを自由に使うことができるから、DIY女子の間でも話題のスペースに。そんなDIY工房では、楽しいDIYイベントを随時開催中。詳しくはホームページのDIY工房バナーをクリックして。

DIY工房 WEB申込み

「DIY女子倶楽部」会員募集!

DIYに興味を持っている女子をエンチョーDIYアドバイザーがお手伝いします。会員限定の定例会では、みんなで協力して作品作り。DIYを通じて素敵な仲間を作りましょう! 申込はエンチョーHPにて受付中!

「DIY女子倶楽部」入会はこちら

2018/11/22

この記事をSNSでシェアする