womo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムシリーズイメージ

Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Woman’s File』としてリニューアル!仕事もプライベートも自分のやり方でチャンスを掴み夢をカタチにした女性たちの体験談は、あなたが夢を実現するための原動力になるはず。 ライター:womo編集部

Original

【Woman's File】わたなべ形成外科・肌のクリニック院長 渡辺スヨンさん

★特別編★ 働く女性の魅力に迫る『Woman's File』。womo5月号掲載の女性をご紹介

渡辺スヨンさんにインタビュー

わたなべ形成外科・肌のクリニック院長 渡辺スヨンさん

東京都出身。杏林大学医学部卒業後、杏林大学形成外科に入局。大学病院の勤務も経て、静岡済生会病院へ医局派遣し、後に33歳の若さで形成外科科長に就任。結婚退職後、出産、子育てをしながら、静岡と東京で美容医療にも従事。その後、静岡に移住。2019年5月、「わたなべ形成外科・肌のクリニック」を開院。


同じ女性として、患者さんの悩みに寄り添いたいとクリニックを開院する渡辺さんにお話を伺いました。

医学生時代に見学した手術をきっかけに、形成外科の道へ

資格を取って手に職を付けたい、人の役に立ちたいという思いから医学部に進学しました。形成外科を選んだきっかけは、医学生時代に見学した手術です。患者さんは顔面神経麻痺で顔の半分が動かなかったのですが、背中の筋肉を顔の神経・血管と繋いで移植して、“笑顔”を取り戻そうとする手術でした。直感的に「見た目と機能に関わる形成外科はやりがいがある」と思いました。治療の結果がわかりやすいということ、定型的なこと以外は、医師がアイデアを出し合いながら手術の方針を決めるという点も、私には合っていたようです。大学病院時代は8〜10時間に及ぶ大手術を何度も経験し、朝から夜まで病院内を駆け回るという日々。体力的にも大変でしたが、同年代の医師たちの存在を励みにしながら、20代の若さで乗り切りました。すごい世界に来たんだなぁと、働き始めてから改めて実感しました。その後、29歳の時に静岡済生会病院に異動して、外来から手術、その後の経過も含めて患者さんを一貫して担当するように。重症患者さんを受け持つことも多く、患者さんの一生を背負うという思いから、医師としての責任感は一層強くなりました。形成外科医としても、見た目に関わる美容医療は必要と感じていたので、2013年からは、手術や美容皮膚スキルのさらなる技術の研鑽に加えて、一般皮膚科の医院でも勤務しました。そして、よりきめ細やかに患者さんのニーズに応えたいという思いから、保険診療も自由診療もできる開業医を志すようになりました。

大好きな静岡で女性たちの健やかな美しさをサポートしたい

東京で生まれ育った私にとって、静岡は東京以外で初めて暮らした土地。はじめは不安だった静岡での生活も、街自体の住みやすさ、穏やかな気候、何より人々の温かい人柄にすぐに居心地がよくなっていました。そんな静岡への移住を決め、今年5月に念願のクリニックを開院します。保険診療に加えて、自由診療の美容医療を取り入れることで、より患者さんのニーズやライフスタイルに合わせた診療をご提供することができます。もちろん、クリニックで扱う施術機器などは、必ず私自身が試してみて、納得できるものだけを採用しています。人には相談しにくい身体の悩みや、美容面に関する悩みがあっても、クリニックに頼る人はまだまだ少ないと思います。同じ女性目線で丁寧なカウンセリングを心がけて、保険適用の日帰り手術から美容医療まで幅広く対応する、柔軟性が高い地域密着のクリニックを目指していきます。

明るく清潔感のあるクリニック

受付はナチュラルカラーが落ち着く北欧風のインテリア。診察室や施術室はそれぞれ完全個室で、プライバシーが守られる安心の空間。


カウンセリングは予約制

豊富な医療経験と丁寧なカウンセリングで、治療や施術を提案。皮膚腫瘍摘出などの日帰り手術、美容医療なども気軽に相談できる。


子育てママとしても奮闘中

医療に従事し続けながらも、オフタイムには優しいお母さんの表情に。働くママという側面も、womo読者には親しみと頼りがいのある存在だ。


【診療科目】

●形成外科
・皮膚のできもの、粉瘤
・切り傷、擦り傷
・やけど
・傷あと、ケロイド
・巻き爪
・腋臭症
・女性外科(陥没乳頭、小陰唇肥大)  等

●美容皮膚科
・シミ、そばかす 
・ニキビ 
・ホクロ、イボ 
・シワ 等

●皮膚科
・しっしん、かぶれ
・乾燥性皮膚、ニキビ
・みずむし 等

わたなべ形成外科・肌のクリニック

静岡市駿河区南町5-23 CAMDEN St.2F
[MAIL] info@watanabe-keisei-hadano-clinic.jp
[診療時間]月~水・金10:00~12:30、14:00~17:30/土10:00~13:30
[休診日]木・日・祝・土(午後)

電話番号

054-292-5135

Webサイトでもチェック!

更新日:2019/4/23

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...