womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

初心者でも簡単!チューブブレスレットをDIY

私にもできる♪涼しげな夏のアクセサリー

バリエーションは無限の『チューブブレスレット』

夏は洋服のコーディネートがシンプルになる分、アクセサリーでおしゃれを盛りたくなるのが乙女心。でも、「汗でべたつくと後のお手入れがちょっと面倒だし…」と、そんなお悩みも“あるある”。そこで今回チャレンジしてほしいのが、チューブを使ってつくるブレスレット。涼しげな透明チューブの中に、好きな色や形のビーズ、ラインストーンを自由に詰めるだけと手順は超簡単。接続部分は耐水性に優れたテープを使用するので、さっと水洗いでき、ビーチやプールで遊ぶ時も着けたままで大丈夫。軽量で、重ねづけしてもジャラジャラと音がしないのも嬉しい。カラフルに何本も揃えておけば、夏のおしゃれに大活躍すること、間違いなし!

使ったのはコレ


●透明ホース 切売り(内径5mmx外径7mm) 1mあたり 100円
●強力補修テープ ボンド ストームガードクリヤー(30mm×2m) 498円
●ミニグルーガン 838円
●ホットスティック HB-40S クリア 260円
●ビーズ、ラインストーン、デコテープ
●カッターナイフ、ハサミ

※最寄店舗に掲載商品がない場合は、取り寄せにて承ります。
※掲載価格は変更となる場合がありますのでご了承ください。

つくりかた

【1】ブレスレットのサイズを決める

透明ホースを手首に巻き付けてブレスレットにするサイズを測る。この時、手首にピッタリしすぎると着脱できないので、手が通るサイズの輪にする。サイズを決めたら、必要な長さをハサミでカットする。


【注意】

最後にホースの端同士をテープでつなげるので、切り口がまっすぐになるようにカットして。


【2】ホースの片方をふさぐ

カットしたホースの片方の端にグルーガンでグルーを1cm程流し込みフタをする。この時グルーガンの先端、グルーが高温になっているのでヤケドに気をつけて。


【3】ビーズを入れる

5分くらいおいてグルーが固まったら、反対側の端からビーズやラインストーンを入れていく。入れるものが細かい時は、折り目を付けた紙などを使うと入れやすい。



【4】ホースをつなげて輪にする

ホースに中身を入れたら、ホースの口を【2】と同じようにグルーガンを使ってフタをする。グルーが固まったら、はみ出した余分な部分をカッターナイフでカットする。最後にホースの端と端を合せて補修テープ(ストームガード)を巻き付けて留めれば完成。さらに留めた部分にデコテープを巻くと、つなぎ目も隠れてきれいな仕上がりに。



ワンポイントアドバイス!

チューブの中身は自由に試して

チューブの中に入れるものは、形、色、配置よって印象が変わります。単色もよし、カラフルに組み合わせるもよし。いろいろ試してみるのも、DIYの楽しみのひとつですよ。

夏のアウトドアレジャーでも安心

高性能の補修テープ「ストームガード」

ホースを留める際に使う補修テープの「ストームガード」は、耐水性、耐候性、耐熱性に優れていて、さまざまな素材に貼り付けることができる。しかも、時間が経つほどに粘着力がアップするので、普段使いはもちろんのこと、ビーチなどで着けていても剥がれにくく安心。

DIY工房 WEBでお申し込み受け付け中!

ジャンボエンチョー静岡店やホームアシスト清水駒越店など、5店舗に設置されているエンチョーの「DIY工房」。さまざまな手工具や電動工具などを自由に使うことができるから、DIY女子の間でも話題のスペースに。そんなDIY工房では、楽しいDIYイベントを随時開催中。詳しくはホームページのDIY工房バナーをクリック!

DIY工房 WEB申込み

エンチョーとつながろう!

エンチョーでは大人気SNS「Instagram」にて、
DIYアイデアやおすすめ商品など楽しい情報をお届け中。ぜひフォローしてね!

Instagram

「DIY女子倶楽部」会員募集!

DIYに興味を持っている女子をエンチョーDIYアドバイザーがお手伝いします。会員限定の定例会では、みんなで協力して作品作り。DIYを通じて素敵な仲間を作りましょう! 申込はエンチョーHPにて受付中!

「DIY女子倶楽部」入会はこちら

2019/6/14

この記事をSNSでシェアする