womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックをご紹介! ライター:アネ・モネ男

Original

『シーサイドドライブ』

流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを私の独断と偏見でご紹介! さて、今回の選曲テーマは…。

こんにちは。今月号が皆さんのお手元に届くころには、いよいよ梅雨も明けて“夏”も始まる頃でしょうか。

今回の巻頭特集は「ハローニューシズオカ」。駅前も新しく生まれ変わってきて楽しみも増えそう。でもせっかくの夏だから郊外のチルアウトスポットへ行くついでに海沿いをドライブ、というのもアリ。

という事で、高速をガンガン飛ばすのではなくて、ゆるくてのんびりしたドライブのお供に聴きたい曲をピックアップ。

『Alaska』

south Penguin

まず1曲目。これはPVで車を運転していて、とても爽やかとは言えない渇いたメロディだけれど、そこが夏の昼下がりのドライブにピッタリな気がします。日が沈みかかった薄暗い夕焼け空。もちろん窓は全開で、吹いてくるヌルい風を感じて聴きたいですね。

『メニイシェイプス』

Taiko Super Kicks

2曲目も気怠さ全開。D.A.N.などのPVを手がけているクリエイターが担当した映像も要注目。オルタナティブな激しい雰囲気と、眠くなってしまいそうな冷めた歌の温度差に軽いめまいがしそう。1曲目もこの曲にもある浮遊感にリラックスし過ぎて居眠りしないように。

『pacific』

Suchmos

そして最後の3曲目は個人的にやっぱり外せない、サチモスからこの曲を。初期の作品ですが、サチモスの中でも個人的にはNo.1の一曲。自作PVもさることながら海の風景にぴったりな、とにかく海に行きたくなる曲です。横ノリなリズムと、ボーカルヨンスの綺麗な歌声が絶妙に心地良い波に乗って耳のところまで。穏やかな優しい波が何度も何度も繰り返し、気づいたら辺りはサンセット。サチモスのアルバムの中ではこの曲も収録されているアルバム「THE BAY」がオススメですよ。

いかがでしたか?

さて、どの曲もスロウなシーサイドで聴きたくなる曲ばかり。やっぱり音楽があればそこはカリフォルニアにも、カリブにも、ワイキキにもなっちゃうんじゃないでしょうか。ちょっとした遠出も楽しくさせてくれるかもしれません。ぜひ今回リストアップしたグッドミュージックを聴きながらドライブを楽しんでください。

【筆者/アネ・モネ男】
グッドミュージックを追い求め国内外を旅するアラサー男子。J-POPから洋楽まで様々なジャンルを好み、自主企画のライブイベントを定期的に開催している。

2019/6/25

この記事をSNSでシェアする