womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

【Hello!New Shizuoka】新旧入り交ざる面白さ 再ブレイク熱海

「東洋のナポリ」や「東洋のモナコ」なんていう素敵なキャッチコピーがつけられていた熱海。古くから温泉街として栄え、昭和初期には新婚旅行のメッカとなり賑わいつつも、観光客は徐々に減少……。しかしここ数年、新旧の魅力が溶け合う町へと進化し、ブームが再燃!おしゃれなカフェやゲストハウスなどが次々とオープンし、若い女性や外国人観光客も急増中。静岡県民にとっては身近すぎて、本当の魅力に気付けなかったリゾート地・熱海。せっかくだから素敵なゲストハウスに泊まって一期一会の交流を楽しみ、グルメ、絶景、温泉、ビーチ、南国ムードに昭和レトロ……。時を超えた楽しさが入り交じる、熱海の“今”と“昔”をたっぷり満喫しよう。

また熱海に来たくなる!アットホームなゲストハウス

「泊まると熱海がくせになる」がコンセプト。女性一人でも安心して泊まれるアットホームな雰囲気で、宿泊客同士のラウンジでの交流も楽しい。商店街で好きな干物を買ってきて自分で焼ける朝ごはんもユニーク。


部屋はカプセル(シングル・ツイン)、ロフトルームの3タイプ。シャワールームは無料だが、近くの日帰り温泉を利用するのも◎。


入り口にはカフェ&バーがあり、地ビールやカクテル、おつまみが味わえる。脂がのってジューシーなサバサンド750円は必食!


guest house MARUYA[ゲストハウスマルヤ]

●熱海市銀座町7-8 1F/IN15:00~21:00、OUT11:00/シングルカプセル3888円 ~ /Pなし/電話予約
不可。予約はHPで受付

電話番号

0557-82-0389

公式HPはこちら

心地よいイタリアンバール

濃厚でとろみのあるエスプレッソをはじめ、バリスタが淹れるこだわりの一杯が気軽に楽しめるお店。女性店主とお客さんが醸し出す、ほどよい一体感が心地いい。ビール、ワイン、カクテルなどお酒のメニューも豊富。


ゆずジンジャーグラニータ550円。夏にぴったりのフローズンドリンク。


トマトカレー丼880円。トマトとキノコたっぷり、トマトの酸味とスパイスがクセになると人気のオリジナルメニュー。


カプチーノ500円。


QUARTO[クアルト]

●熱海市銀座町10-19/10:00~19:00/木休み/Pなし

電話番号

0557-81-2585

2号店は熱海らしいお風呂スタイル

ガラス瓶にカバのイラストがかわいい熱海プリンは全6種類。季節限定プリンが登場することも。


左から、熱海プリン いちご(ベリーソース付き)350円、熱海プリン(特製カラメルシロップ付き)350円、静岡抹茶プリン(黒豆入り・黒蜜付き)400円


熱海プリンカフェ2nd[あたみプリンカフェセカンド]

●熱海市銀座町10-22/10:00~18:00/無休/Pなし

電話番号

0557-85-1112

昭和熱海を感じるレトロ空間

昭和34年の創業当時から変わらない、粋で繊細な装飾が目を引く店内。ナポリタンやチョコレートパフェなど、定番ながらも丁寧に作られた懐かしのメニューがそろう。ゆっくりソファに腰掛け、穏やかな時間を過ごそう。


ミートソース780円。ひき肉と玉ねぎを6時間かけてじっくり煮込んだ奥深い味。


喫茶 田園[でんえん]

●熱海市渚町12-5/9:00~20:00/木休み/Pなし

電話番号

0557-81-5452

凛とした空気に満ちる鎮守の宮

一足のばして訪れたい、JR来宮駅近くの神社。樹齢2100年超えの大楠が有名な熱海を代表するパワースポットで、大楠は夕暮れになるとライトアップされ幻想的な雰囲気に。境内には、おしゃれなカフェや休憩テラスもある。


境内のあちこちにハートマーク(猪目模様)があり、落ち葉を集めて作られたものも!自撮用スマホスタンドなどの心遣いもうれしい。


麦こがしを使った「来福スーツ」は茶寮報鼓にて販売。10:00~16:30(土日祝9:30~)


來宮神社[きのみやじんじゃ]

●熱海市西山町43-1/9:00~17:00(社務所)/無休/P50台

電話番号

0557-82-2241

【Hello!New Shizuoka】TOPページに戻る

2019/1/1

この記事をSNSでシェアする

連載から探す