womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

【Hello!New Shizuoka】知っていましたか?クラフトビール王国・静岡

静岡市内のクラフトビール店を紹介した「静岡クラフトビアマップ」が、静岡全県版になり7月に発行される。

「静岡クラフトビアマップ」を企画した4人に話を伺うと、もはや静岡は「クラフトビール王国」だという。もともと静岡県には、90年代の地ビールブームで、伊豆を中心に醸造所(ブルワリー)があった。そこへ、00年沼津に「ベアードビール」、そして14年静岡市の市街地に「アオイブリューイング」ができたのをきっかけに、続々と小規模のブルワリーやビアバーが誕生。今では静岡は19の醸造所を持つ、全国トップクラスの県なのだ。しかもここ1、2年での急増、熱いエリアと注目されている。今回の全県版では、19か所のブルワリーに、ビアバー50店を網羅。下記の中でも注目のブルワリーや店舗を教えてもらったので紹介しよう。東海道線沿いに集まっているので、マップを手に電車でクラフトビールの旅にでかけるのもいいだろう。


静岡クラフトビアマップを企画・制作している4人。右から小楠瞬太さん、伏見陽介さん、小島直哉さん、山口紗佳さん。クラフトビアステーションにて。


この日もビールを飲みながら、マップ制作の打ち合わせ。好きが高じてビアジャッジやビアジャーナリストの資格を持つほど詳しいみなさん。


静岡クラフトビアマップ[しずおかクラフトビアマップ]

こちらが7月発行予定の「静岡クラフトビアマップ県ver.」。クラフトビア取扱店や観光案内所、ビジネスホテルなどで配布予定。

✉shizuokacraftbeermap@gmail.com

最新情報はこちら【instagram】 @shizuokacraftbeermap

用宗温泉に併設!風呂上がりに最適

静岡の資源+アメリカの醸造技術=今までにない国産クラフトビール。醸造所内ツアーも要予約にて随時受付中。

West Coast Brewing(WCB)[ウエストコーストブリューイング]

●静岡市駿河区用宗2-18-1/火~金18:00~20:00、土日11:00~20:00/月、第1・3火休み

電話番号

054-204-1744

目指したのは雑味のないきれいなビール

醸造設備を眺めながらビールを楽しめるブリューパブ。ビールと相性抜群のスモークBBQも楽しめる。

Octagon Brewing[オクタゴンブリューイング]

●浜松市中区田町315-25/月水木18:00~23:00、金~24:00、土17:00~24:00、日15:00~21:00/火休み

電話番号

053-401-2007

富士の湧水でつくるクリアビール

富士山の恩恵である湧水を使用して醸造するクラフトビール。湧水のようなきれいで優しい味わいを目指している。

Mt.Fuji Brewing[マウントフジブリューイング]

●富士宮市大宮町4-5/11:00~22:00/火休み

電話番号

0544-66-5223

家飲みやギフト利用に最適な酒屋

海外と静岡産のクラフトビールを専門に取り扱うリカーショップ。常時10タップ、100銘柄を取り扱い、ギフトにも最適。

BEER OWLE[ビアアウル]

●静岡市葵区駿府町1-27 勝山ビル1F/平日15:00~22:00、土日・祝13:00~22:00/不定休

電話番号

050-3716-2169

【Hello!New Shizuoka】TOPページに戻る

2019/1/1

この記事をSNSでシェアする