womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

【Hello!New Shizuoka】開園50周年!オトナになったアナタへ贈る、新しい動物園の楽しみ方

2019年8月1日に開園50周年を迎える日本平動物園。子どもの頃に行ったけれど最近は……という人も多いはず。メジャーな人気動物はもちろん、ここでしか見られない貴重な生き物や不思議な生態、個体のクセやしぐさなど、自分だけの視点で楽しんでみては?

大人ゴコロをくすぐる生き物たちがいっぱい

人気の「猛獣館299」では、ホッキョクグマ、ライオン、アムールトラなど、おもに肉球をもった猛獣を展示。円筒水槽をゆっくり泳ぐ愛らしい姿が話題のゴマフアザラシもココに!


エンペラータマリン

国内屈指のサルコレクションを誇る日本平動物園。エンペラータマリンは日本平動物園と千葉市動物園でしか飼育されていない希少な猿。皇帝を思わせる白く長いヒゲが特徴。


ヒゲワシ

生息数も激減しているヒゲワシを日本で唯一展示。立派な羽が勇ましく、野生では空からエサの骨を落として割り、中身の骨髄を食べる修正があるそう。


フタユビナマケモノ

週に一回木から降りてきて、いつも同じ場所でほぼ同時にウンチをするという3人家族。飼育員はこれを「シンクロナイズドウンチ」と呼んでいるそう!


オオアリクイ

細長い口とモフモフの長いしっぽが特徴。長い舌でペロペロとエサを食べる姿が面白い!メスの妃南(ヒナ)は、オスのフジオよりもぽっちゃりしていて色白でかわいらしい。


アメリカバイソン

国内最高齢の26歳。園にいるのはモモの1頭のみで、人間でいうと80歳以上のおばあちゃん。モモが外にいる時はぬいぐるみの「コマック」くんが寝室でお留守番。これならモモも寂しくない!

コマックくん


(左)コガタフラミンゴ、(中央)チリーフラミンゴ、(右)ベニイロフラミンゴ

モデルのようなスタイルのフラミンゴたちにうっとり。


【EVENT】

●開園50周年記念セレモニー…8/1(木)
当日は記念セレモニーのほか、50周年記念動物のお披露目や特別イベントを実施。また、8/1、2の2日間は入園料が無料に!

●特別企画展
3か月ごとに展示が替わる特別企画展。7月~9月は、話題を呼んだ大人気企画展「ウンコ展」が帰ってくる!


●夏の動物園まつり…7/27 (土)~ 8/25 (日)
エサやり体験や観察、バックヤードツアーなど、特別なイベントが盛りだくさん。


●夜の動物園…9/7 (土)、 14 (土)、 28 (土)、10/5 (土)
動物たちのいつもとは違った「夜の姿」を観察できるチャンス!
※駐車場は往復ハガキによる完全申し込み制。7/31(水)必着で申し込み多数の場合は抽選。詳しくは日本平動物園公式HPまで。

【BOOK】ファンブックを読めばワクワクも50倍?!

あんなヒミツ・こんなヒミツ・50年の歴史がたっぷり

開園50周年記念誌
「静岡市立日本平動物園公式ファンブック」販売中!

50年にわたる動物園の歴史や動物たちの魅力、さらには飼育員だけが知っているウラ話まで。日本平動物園の楽しさがたっぷり詰まった一冊。これであなたも日本平動物園マスター!

[販売場所]
日本平動物園内のショップのほか、静岡市内の一部書店でも販売中


静岡市立日本平動物園[しずおかしりつにほんだいらどうぶつえん]

●静岡市駿河区池田1767-6/9:00~16:30(入園は~16:00)/一般(高校生以上)610円、小・中学生150円(未就学児は無料)/月休み(祝日の場合は翌平日休)/P1000台(1回610円)

電話番号

054-262-3251

【Hello!New Shizuoka】TOPページに戻る

2019/1/1

この記事をSNSでシェアする