womo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Original

初心者でも簡単!スタンドキーストッカーをDIY

私にもできる♪素朴な風合いのキーツリー

古木風に仕上げる『スタンドキーストッカー』

玄関やリビングなどで、家族以外の目に留まることもあるキーストッカー。実用性はもちろん大事だけど、おしゃれ感も譲れない。今回は、人気のヴィンテージ調でスタンドタイプのキーストッカーをDIY。かっこよく仕上げるポイントは、ツリーの枝にあたる木材の端をランダムな角度で切り落とすこと。そして取り付ける際に、あえて平行に並べないこと。さらに古木風の加工で素朴な風合いを出しているので、南欧風、カリフォルニア風、ブルックリンスタイルなど、さまざまなテイストのインテリアとも相性がいい。鍵だけでなく時計やアクセサリーも一緒に掛けておけるので、お出かけ前の身支度チェックもしやすくなりそう。

使ったのはコレ


●桐集成材 450×15×210mm 608円
●桐集成材 600×24×24mm 168円
●コネクター M6×50mm GB 六角 302円
●鬼目ナット M6×20 ばら売り 55円
●GT 六角棒レンチ 8本組 298円
●竹用ドリル 9mm 1,280円
●竹用ドリル 6mm 948円
●ソリッドカラー スカイグレー 998円
●BRIWAX ミディアムブラウン 2,480
●アイアンウォールフック 5連 ブラック 1,580円
●アイアンウォールフック 3連 ブラック 1,180円
●サラタッピングネジ 黒 3×15 118円
●チャンネルブラシ ステンレス No.32 直柄 505円
●のこぎり、ミニカンナ、サンドペーパー#240・#1500、ハケ、スポンジ、スレンダービス35mm、瞬間接着剤

※最寄店舗に掲載商品がない場合は、取り寄せにて承ります。
※掲載価格は変更となる場合がありますのでご了承ください。



【材料サイズ(見本)】
・桐集成材 450×15×210mm
40×145×15mm 1枚
40×220×15mm 1枚
40×270×15mm 1枚
40×340×15mm 1枚
(土台用) 180×120×15mm 1枚

・桐集成材 600×24×24mm
(支柱用) 350×24×24mm 1本
(土台の脚) 5×24×24mm 4枚

つくりかた

【1】材料をサイズにカットする

桐集成材をサイズにカットする。450×15×210mmの集成材は、まず土台用をカットし、残りを40mm幅で4枚にカットする(店頭のカットサービスなどでカットしてもらうと便利)。40mm幅の木材は、のこぎりを使って見本のサイズにカットする。この時、両端は角度を揃えずランダムにして斜めに切り落とす。できあがりのツリー型をイメージして、墨付けしておけば切りやすい。


【2】表面に古木風の加工をする

カットした木材を、サンダー、チャンネルブラシ、金づちを使って古木風に加工をする。まずサンダーで角を丸く削り、次にチャンネルブラシで木材の表面を磨く。チャンネルブラシで磨くことで木目が浮きでて、古木のような風合いが増してくる。磨きが終わったら、端の角を金づちで叩き丸くする。



【3】土台と支柱の加工をする

土台の中心に6mmの穴をあけておく。次に支柱用角材の木口の中心に9mmの穴をあけ、六角棒レンチを使って鬼目ナットを埋め込む。その後【2】と同様に古木風の加工を施しておく。



【4】塗装をする

最初に、わざとムラができるようにソリッドカラーを全体に塗る。塗料が乾いたらBRIWAXを木目に擦り込むように塗る。フックを取り付けない1段目と3段目には、好みでステンシルを。アイアンペイントでフックにもエイジング加工をすれば、よりヴィンテージ感をプラスできる。



【5】組み立て、フックを付けたら完成

瞬間接着剤で土台の四隅に脚を付ける。画像を参照して支柱の角材に板材をネジ留めしたら、板材の2段目と4段目にフックを取り付ける。最後に六角棒レンチを使ってコネクターで土台と支柱を組み立てたら完成。




ワンポイントアドバイス!

忘れずに土台に脚を付けておこう

土台の下には、支柱を取り付けるコネクターの頭が飛び出しています。脚を付けずにそのまま置くとグラグラして安定しないので、必ず土台には脚を付けて、板の下面が接地面から少し浮くようにしておきます。


木目を浮き立たせて古木風の仕上がりに

木の柔らかな部分を削り取る「チャンネルブラシ」

今回使った桐の集成材は、古木風の加工がしやすい。チャンネルブラシを丁寧にかけると、柔らかな部分が削られ木目が浮き出て、表面に立体感が生まれる。そのまま塗装するよりも古木のような枯れた感じが増すので、ぜひ挑戦してみよう。

DIY工房 WEBでお申し込み受け付け中!

ジャンボエンチョー静岡店やホームアシスト清水駒越店など、5店舗に設置されているエンチョーの「DIY工房」。さまざまな手工具や電動工具などを自由に使うことができるから、DIY女子の間でも話題のスペースに。そんなDIY工房では、楽しいDIYイベントを随時開催中。詳しくはホームページのDIY工房バナーをクリックして。

DIY工房 WEB申込み

エンチョーとつながろう!

エンチョーでは大人気SNS「Instagram」にて、
DIYアイデアやおすすめ商品など楽しい情報をお届け中。ぜひフォローしてね!

Instagram

「DIY女子倶楽部」会員募集!

DIYに興味を持っている女子をエンチョーDIYアドバイザーがお手伝いします。会員限定の定例会では、みんなで協力して作品作り。DIYを通じて素敵な仲間を作りましょう! 申込はエンチョーHPにて受付中!

「DIY女子倶楽部」入会はこちら

更新日:2020/1/23

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...