womo

コラムシリーズイメージ

GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックをご紹介! ライター:アネ・モネ男

Original

「夜明け前」

流行りの音楽や一般ウケしなそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを私の独断と偏見でご紹介! さて、今回の選曲テーマは……。

womo読者の皆さんこんにちは。静岡は相変わらず随分と暖かい冬でした。さて今月の巻頭特集はパン
屋さんなんですね。パン屋さんの知人から聞いた話によると、とにかく朝が早い。そうです。深夜から焼き始めて、朝日とともに焼き上がったパンの香りが漂う幸せ。そんな早起きのパン屋さんにオススメの4曲をご紹介します。

『3 AM』

HONNE

まず一曲目はHONNE。日本語の“本音”の意味からインスパイアされてつけたユニット名。昨年の初来日もとても盛り上がりました。レーベル名“TATEMAE RECORDINGS”というこだわりっぷり。スローテンポな曲調の中に波の音が使われていたり寝起きに聴きたい曲です。


2 曲目はこちら。

『The xx 』

VCR

The xx1stアルバムから。まだ夢の中にいるような気分で浮遊感たっぷりの2分57秒。辺りは真っ暗な中ここからエンジンかけていくぞ。的な一曲でしょうか。何年経っても色褪せない名曲ですね。


続いてご紹介するのは、、、

『4AM in London 』

Benjamin Francis Leftwich

もうズバリの曲になりました。“午前4時のロンドン”。メロディも歌声も心にすうっと入ってきて染み込みます。若干のEDM 感があってパーティーになりそうなのに、ならない。薄暗いヨーロッパの明け方が浮かび上がってきませんか。


最後はやっぱりこちらの名曲で。

『Wednesday morning 3AM』

Simon & Gerfunkel

無口で強面のパン職人さんもきっと好きなはず。サイモン&ガーファンクル2人の絶妙なハーモニーは永遠ですね。朝日が上がってきた頃に聴いていたいなと思い選曲しましたが、歌詞の中に時間のことなんて一言も入っていないのに、この曲の感情や想いにこのタイトルがしっくりくる美しさ。酵母もよく育ちそうです。

さていかがでしたでしょうか。勝手な妄想で夜が明ける頃に聴きたい選曲をさせてもらいましたが気づいたらなぜか4曲中3曲がイギリス出身のミュージシャンでした。意外と午前3 時とか4 時とか、パン屋さんが始動する時間が曲名になっているんですね。もうすぐ新年度。1日の始まりに、さあここから! と清々しいスタートを切れる月にしていきたいものです。ではまたどこかで!

更新日:2020/2/23

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする