womo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムシリーズイメージ

NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ。 ライター:womo編集部

Original

【麻と雑貨 neoneo(ネオネオ)鷹匠店】オール・メイド・イン・静岡を目指して。麻のある暮らしを提供するコンセプトショップ

-NewSTANDARD-「麻と雑貨 neoneo(ネオネオ)鷹匠店」は、2019年11月19日(火)に静岡県静岡市葵区鷹匠にオープン。“ヘンプのあるやさしいくらし”をコンセプトに、麻を使った衣類や雑貨を販売するお店。

11/19(火)OPEN! ショップ・鷹匠「麻と雑貨 neoneo(ネオネオ)鷹匠店」

「麻と雑貨 neoneo(ネオネオ)鷹匠店」は、麻の中でもヘンプにこだわり、商品開発から販売までを一貫して行う

静岡県静岡市葵区黒俣(くろまた)で2009年から営業している「麻と雑貨とCafeと neoneo(ネオネオ)」。藁科川を山手に向かって上がり、川根方面へ向かっていく362号線沿いにあるお店で、静岡市から川根方面へ行く際、「neoneo」の看板が気になった人も多いはず。なかなか立ち寄りにくい場所にある「neoneo」が、2019年11月に鷹匠へお店を出店した。(黒俣のお店も引き続き営業中)。「麻と雑貨 neoneo(ネオネオ)鷹匠店」は、鷹匠の裏路地に入ったところにあり、お店へ向かうまでの雰囲気もまた魅力。懐かしい雰囲気の扉を開けると、店主が出迎えてくれる。初めて会うのに不思議と昔からの知り合いのように感じる、気さくな人柄が魅力的である。

「麻と雑貨 neoneo(ネオネオ)鷹匠店」では洋服のセミオーダーが可能

お店で取り扱っているのは麻の中でも「ヘンプ」と呼ばれる製品。商品開発から、制作、販売までを一貫して行っている。静岡で織ったヘンプの生地を使って、お店の2階で縫製。洋服やベビー服、ショール、靴下、タオル、アームカバーなどの雑貨に仕立てている。店頭に並ぶ洋服はあくまでサンプル品。サンプルを元に裾を長くしたい、襟を変えたい、色はこんなふうにしたいなどのセミオーダーができる。セミオーダーのヘンプ製品なのに、お値段は20,000円代からと意外にお手頃。色はベーシックな生成りを選んでおくと、変色してきたから淡い黄色に染めたい、シミが着いたから黒っぽく染めたいなど、後から染め直してもらうこともできる。静岡らしくお茶染めというのもいいかもしれない。ショールも同様に染め直してもらうことが可能だ。使えば使うほど、肌になじみ、やわらかく変わっていくヘンプ。長く愛用できるのも魅力のひとつ。

「neoneo(ネオネオ)」でいつか静岡で育てた大麻(おおあさ)を使った製品をつくりたい

ひと口に「麻」と言っても、その種類はさまざま。亜麻(あま)からつくられる「リネン」、苧麻(からむし)からつくられる「ラミー」、そして大麻(おおあさ)からつくられる「ヘンプ」。日本では、「麻」という名前で流通しているのはリネンやラミーが中心で、その多くがリネン。「ヘンプ」は、大麻(おおあさ)からつくられるため、日本ではあまり流通していない。規制対象となっている大麻(たいま)は、花の雄しべに含まれる部分。大麻の種は、今でも加熱処理等をしたものを七味唐辛子に配合するなど、もともと日本人になじみのあるもの。登呂遺跡からはヘンプや織り機が出土されるなど、古(いにしえ)から静岡でつくられていたほど。ただしご存知の通り、今は大麻(たいま)は栽培は規制対象。布にするためとはいえ、栽培許可はかんたんには下りない。「neoneo」は静岡にゆかりがある大麻(おおあさ)を、静岡で育てそれを使った製品をつくりたいと考えている。「neoneo」の想いに賛同したつくり手となる農家さんをはじめ、少しずつ協力の輪も広がってきている。

「麻と雑貨 neoneo(ネオネオ)鷹匠店」は、「小さな小さな麻のメーカーになりたい」という「neoneo」の活動の第一歩

「neoneo」の店主は、もともと住んでいたアパートの洗濯排水がベランダに垂れ流しになっているのを見て、「泡まみれの水がそのまま地中や海に行くなんて大丈夫だろうか」と環境について疑問を持つようになったという。ちょうどその時は子育て真っ最中。「子どもたちの未来のために環境によいものを使おう」と考える中でヘンプに出会った。鷹匠の出店は「小さな小さな麻のメーカーになりたい」と話す「neoneo」の取り組みの第一歩。また、布を裁断する際にできる余り布でつくるマスクもオーダー可能で好評。ヘンプは抗菌性があり、調湿作用にも優れているため、このマスクをつけて寝ると、ストレスフリーで美容効果も期待できる。まずはヘンプ製品の第一歩として、マスクや靴下といった小物からはじめてみてはどうだろう。
※2020年10月中旬にはやなぎもとなおさんと、UPさん(上記写真のアクセサリー)による版画とアクセサリーの二人展を開催。「neoneo」とのコラボ商品もできるかもとのこと

【MENU】
●麻のストール ダブルガーゼ(大判)…8900円
●セミオーダーのお洋服…25,000円〜
●マスク…1300円
●ヘンプ麻のくつした…1900円〜

詳しくはwomo「neoneo鷹匠店」のページへ

更新日:2020/4/10

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...