womo

Original

静岡自慢のご飯のお供3選~お取り寄せもOK!

炊きたてホカホカの白いご飯。あなたのお気に入りのご飯のお供は何? バリエーションが豊富にあれば、もっともっと毎日の楽しみが広がるはず。せっかくだから、わさびやしらすなど静岡の食材を使った自慢の一品で、おいしいご飯をモリモリ食べよう!

静岡市葵区「クレアテーブル(CREA TABLE)」の「UMAMI」シリーズ


オリーブオイル専門店が生み出す、静岡食材を使った贅沢な一品

オリーブ栽培も手掛ける、オリーブオイル専門店「CREA TABLE」。わさび漬の老舗「田丸屋本店」とコラボした商品、静岡産わさびとしらすの食べるオリーブオイル「UMAMI OIL」(1080円)は、わさびの茎漬けやしらすなどの静岡を代表する食材と、さまざまな旨味素材をオリーブオイルに漬け込んだもの。焼津かつおの和風ペースト「UMAMI PATE」(1080円)とあわせて、新しい静岡のお土産としても喜ばれそう。白いご飯にそのままのせていただくのはもちろん、豆腐や温野菜にかけたり、パスタと和えたり、パンやクラッカーにのせたりと、アレンジも自在♪

オシャレな店内には、オリーブオイルソムリエが厳選する高品質なオリーブオイルと、地元食材を使ったオリジナル商品が多数並ぶ


「クレアテーブル(CREA TABLE)」スポット情報はこちら

「クレアテーブル(CREA TABLE)」オンラインショップはコチラ


三島市「山本食品」の「わさびオイルふりかけ アヒージョタイプ」


希少な「三島わさび」を使った大ヒット商品! 辛味と香ばしさが特徴の食べるオイル

「わさびを、もっと、おもしろく」がモットーの老舗わさび店「山本食品」。伊豆縦貫道函南塚本ICからすぐの三島わさび工場(函南町)では、わさびについて楽しく学べる「伊豆わさびミニミュージアム」を併設。ショップではわさび商品を多数取り揃え、ご飯のお供の人気ナンバー1は「わさびオイルふりかけ アヒージョタイプ」(680円)。ご飯やパスタ、ラーメン、パン、肉、魚、野菜など、いろんな料理や食材にかけるだけでグレードアップ! わさび茎と白ごまのサクサク感、オリーブオイルの風味、わさびの辛味がツーンと広がり、料理の味を引き立てる。そのほか、メディアで取り上げられて話題となった、わさびマヨネーズの元祖「わさび屋がつくったわさびマヨネーズ」(700円)もオススメ。
店舗は三島わさび工場のほか、三嶋大社前に「門前せせらぎ店」もあり。

わさび漬の種類も充実。リピート率ナンバー1は、本格辛口タイプの「金造りわさび漬」(799円)


「山本食品 三島わさび工場」スポット情報はこちら

「山本食品」オンラインショップはコチラ


西伊豆町「三角屋水産」の「多具里(TAGURI)」シリーズ


地元食材と伝統を大切にした、和×洋の新しい味わい

西伊豆の特産物を中心に、海の幸・山の幸を販売する「三角屋水産」。西伊豆伝統の保存食「潮かつお」を使い、新しい日本の調味料として展開する「多具里(TAGURI)」は、パッケージもオシャレな人気シリーズ。「しらすのジェノベーゼ」(1296円)は、食塩の代わりに潮かつおを使い、爽やかな香りのバジルソースとしらすを和えたもの。素材の旨味が生きていて、洋風の味わいのなかに、和の懐かしさを感じる一品。ご飯、ピザ、パスタ、炒め物、豆腐などのトッピングに。醤油をたらしてもおいしい。そのほか、「金目鯛のコンフィ」「潮かつお茶漬け」「だしの起源」「神楽南蛮&田子節みそ」などがある。

「かつお塩辛&ガーリック」(864円)はバーニャカウダ風のソース。野菜スティックやパスタ、肉料理や焼き魚にも


「三角屋水産」オンラインショップはコチラ

紹介スポット

静岡市葵区

CREA TABLE

オリーブオイル専門店が生み出す、静岡食材を使った贅沢な一品

田方郡函南町

山本食品 三島わさび工場(伊豆わさびミュージアム)

希少な「三島わさび」を使った大ヒット商品! 辛味と香ばしさが特徴の食べるオイル

更新日:2020/5/27
コラムシリーズイメージ

しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに楽しくする流行情報をお届けします。

よみものシリーズ