womo

いいね 履歴

いいねされたページはありません

閲覧履歴はまだありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムシリーズイメージ

NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ。 ライター:womo編集部

Original

【ダイニングバー スタンドアウト バイ ルーマー( DINING BAR STANDOUT by RUMOR)】移動式カレー屋「RUMORCURRY」がダイニングバーとして3/20(金)にオープン

静岡市葵区両替町に「ダイニングバー スタンドアウト バイ ルーマー( DINING BAR STANDOUT by RUMOR)」がオープン。移動式カレー屋として10年ほど営業経験を生かし、独自ルートで仕入れた食材を使用した料理を提供。

3/20(金)OPEN! グルメ・両替町「ダイニングバー スタンドアウト バイ ルーマー( DINING BAR STANDOUT by RUMOR)」

「ダイニングバー スタンドアウト バイ ルーマー( DINING BAR STANDOUT by RUMOR)」は青葉公園通り沿いのシンボル的なビルにオープン

「ダイニングバー スタンドアウト バイ ルーマー( DINING BAR STANDOUT by RUMOR)」は、移動式カレー屋「ルーマーカレー(RUMORCURRY)」を営んでいた宮崎さんが一大決心をして始めたダイニングバー。ランチタイムはカレーブッフェ、ディナータイムはステーキやハンバーガー、カレーなどと、クラフトビールや各種アルコールが愉しめるダイニングバーとして営業する。テイクアウトメニューも充実しており、カレーブッフェ詰め放題680円(雨の日は580円)、ガーリックステーキライス1080円(要予約)なども提供。カレーブッフェはご飯2種と3種類のカレーが食べ放題で、トッピングもいろいろあるのが嬉しい。
「女性の方にも気軽に利用してもらいたいと思っていたので、凍らせたフルーツを使ったカクテルなど、女性の方にも喜んでもらえるメニューを用意しています。オリジナルカクテルもおつくりできますよ。」
新型コロナ騒動の中でのオープンではあったが、宮崎さんのフレンドリーな人柄と、青葉公園通りに面した路面店という条件が重なり、取材中も多くのお客さんがふらりと立ち寄っていた。平日のランチタイムから女性のお客さんがカジュアルにアルコールをたしなむ様子から、居心地の良さがうかがえる。

移動式カレー屋「ルーマーカレー(RUMORCURRY)」は友人たちからのひと言でスタート

もともとはスケートボードショップを営んでいたという宮崎さん。10年ほど前、家に遊びにくる友人たちより「ご飯おいしいから、イベントで飲食を出店してみない?」と声をかけられたことが、移動式カレー屋「ルーマーカレー(RUMORCURRY)」の始まりだったという。はじめはスケートボードショップを中心に、イベント等で出店するという2足のわらじからスタート。宮崎さんのこだわりが詰まったカレーは評判を集め、駅前での出店や工場での定期販売など、イベント以外にもたくさんの声がかかるようになった。
2019年には世田谷にあるバーでランチタイムだけ間借りするスタイルで営業。世田谷のお店はオーナーがお店を閉めることになり止むを得ず撤退したが、イベント出店していた際、今回オープンした店舗のビルのオーナーから声をかけられ、オープンすることに。「1階だけでなく2階もあるお店。一大決心でした」と話す。
青葉公園を望む2階席は眺望も良い。夜の雰囲気を楽しみながら、クラフトビールやウイスキーを片手に、こだわりの料理で友人と語らうのも素敵。30名ほどまで収容でき、団体利用も可能。ランチタイムにも席予約ができる。

「ダイニングバー スタンドアウト バイ ルーマー( DINING BAR STANDOUT by RUMOR)」が独自ルートで仕入れた食材がすごい

「ダイニングバー スタンドアウト バイ ルーマー( DINING BAR STANDOUT by RUMOR)」で味わってほしいのは、なんといってもカレー。10年ほどカレー屋を営んできただけあり、静岡では手に入りにくいスパイスを独自のルートで仕入れている。じっくりと煮込まれたカレーは、スパイスの味が複雑に絡み合い、まろやかに融合している。チリパウダーは別添えで辛さ控えめ。お子さんにも評判。実はこのチリパウダー、宮崎さんがオリジナルで調合しているというこだわりぶり。50g1,000円で店頭販売しており、他の飲食店にも卸しているという。

「ダイニングバー スタンドアウト バイ ルーマー( DINING BAR STANDOUT by RUMOR)」のお肉はちょっと他と違う

そしてもう一つ注目したいのが使用しているアメリカ産のお肉。リーズナブルなイメージを持たれることもあるが「知り合いのツテがあり、すごく良い問屋さんからお肉を入手しています。大手としか取引してくれないところなので、運が良かったです。日本のお肉はサシを重視していますが、アメリカは昔からお肉をたくさん食べている国。たくさんの量を食べても重くならないよう牛を育てているそうです。スーパー等で安く売られているUS産のお肉とは違うので、ぜひ一度食べていただきたいですね。」
30代後半になると牛肉の脂身が苦手という方も増えてくる。そんな方にもこちらのステーキはおすすめだそう。ローズマリーなどのハーブと一緒に焼き上げることで胃もたれしにくいと評判。ハンバーグやハンバーガーのお肉は、野菜や豚肉などを使用せずUS産牛肉100%でつくっている。
「うちのハンバーガーを食べたお客さんのお子さんがとても気に入ってくれて、その子が誕生日にまたあれを食べたいと言ってくれたんです。誕生日用にハンバーガーとオードブルの盛り合わせをご用意させていただきました。」
予約があればオードブルの盛り合わせや大量のお弁当注文にも対応してくれるという。要望に合わせてフレキシブルに応じてくれるのも嬉しい。


【MENU】
[ランチタイム]
●カレーブッフェ(食べ放題)…1,180円(雨の日は1,080円)

[ディナータイム]
●限定3色USプライムリブアイステーキ…3,980円
●極上鉄板リブアイサーロインステーキ…1,980円
●食べ応えまんてん100%ビーフハンバーグ…1,080円
●フレッシュアボガドチーズバーガー…930円
●カレー屋さんの選べるカレーライス…830円
●バケットピザ…コンポタベーコンポテト780円、大地のマルゲリータ880円、ニューヨークペパロニ880円など
●クミン香るジューシーとりから…680円
●選べるカフェケーキ…530円

[テイクアウト]
●カレーブッフェ(テイクアウト、詰め放題)…680円(雨の日は580円)
●食べ応えまんてん100%ビーフハンバーグ…1,080円
●これぞ肉 チャックアイステーキ…1,380円
●バケットピザ…780円〜
※カレー以外のテイクアウトメニューは状況により提供まで30分ほどかかるので電話予約がおすすめ

「DINING BAR STANDOUT by RUMOR」の詳細はwomo店舗ページへ

その他の新店コラムを読む

コラムで紹介した店舗

静岡市葵区

DINING BAR STANDOUT by RUMOR

青葉公園通り沿いにオープンしたダイニングバー。カレーブッフェランチやテイクアウトも可能

更新日:2020/5/30

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...