womo

いいね 履歴

いいねされたページはありません

閲覧履歴はまだありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムシリーズイメージ

NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ。 ライター:womo編集部

Original

【チェリー・ビーンズ・ガーデン(CHERRY BEANS GARDEN)】憩いの広場「クスノキテラス」にチェリビの系列店が6/6(土)オープン!

静岡市葵区北番町に、“チェリビ”こと「チェリー・ビーンズ(Cherry beans)」の系列店「チェリー・ビーンズ・ガーデン(CHERRY BEANS GARDEN)」がオープンした。こちらはテイクアウト専門店。地元のお子さん連れの親子を中心に、少しずつ口コミでお客さんが集まっているという。店長さんにお話を伺った。

6/6(土)OPEN! グルメ・北番町「チェリー・ビーンズ・ガーデン(CHERRY BEANS GARDEN)」

「チェリー・ビーンズ・ガーデン(CHERRY BEANS GARDEN)」はテイクアウト専門なのでお値段も少しだけお得

さつま通りと昭和通りが交わる三角角(さんかくかど)に、大きなクスノキがシンボルツリーになっている「クスノキテラス」がオープンした。その中の一角にできたのが「チェリー・ビーンズ・ガーデン(CHERRY BEANS GARDEN)」だ。
1982年に創業した“チェリビ”こと「チェリー・ビーンズ(Cherry beans)」は、伝馬町の店舗のほか、呉服町の「チェリー・ビーンズ・カフェ(CHERRY BEANS CAFE)」、鷹匠の「テイク・アウェイ・チェリビ(TAKE AWAYチェリビ)」に続いて、今回の「チェリー・ビーンズ・ガーデン(CHERRY BEANS GARDEN)」で4店舗目となる。

「チェリー・ビーンズ・ガーデン(CHERRY BEANS GARDEN)」はテイクアウト専門店なので、他の店舗に比べお値段も少しだけお得。親子連れを中心に、近所の姉弟の子どもたち、高校生といった若い世代も気軽に訪れる。購入した商品を、大きなクスノキの下でほおばる姿は、何ともほのぼのとしている。
※テイクアウト専門のためお手洗い等の設備はないのでご注意を

チェリビといえばフライドポテト! やみつきになる評判の味

「チェリビ」といえば、何と言ってもフライドポテト。食欲をそそるちょっとジャンクなあの味は、一度食べたらやみつきになる味。ハンバーガーとのセットも人気だが、ポテトとドリンクだけを注文する人も少なくない。おいしさの秘密は……もちろん企業秘密だそう。「チェリー・ビーンズ・ガーデン(CHERRY BEANS GARDEN)」では家族連れが多いので、お得なファミリー向けセットも限定で用意している。

取材させてもらった平日の朝10時からもお客さんが次々と来店するほどの人気ぶり。休日となると、並ぶ人も多いという。オーダーが入ってから手づくりしていくので、ファーストフード店と比べて時間がかかることはご容赦いただきたいとのこと。その分、こだわりの揚げたてのポテトがいただける。
また、自家製レモネードや、自家製梅酒も注目したい。暑い夏の疲労を回復してくれるような、体に染み渡るおいしさ。

「クスノキテラス」は地域の憩いの広場に。ヒートアイランド対策として企画された場所

もともとこの場所には、車のディーラーがあったのだが、さつま通りの道路拡張に伴い、空き地に。比較的車の往来も多く、住宅地と店舗が密集するこの地域には緑が少ない。「SDGs(エス・ディー・ジーズ。Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)」の一環として、何かできないかと思い、ぽっかり空いたこの空間に自然いっぱいの「クスノキテラス」をつくろうと企画したという。自然空間ができると、トンボやチョウ、鳥といった虫や野鳥も姿を見せるようになり、すっかり憩いの空間となっている。
ちなみにベンチとして活用されているのは、他のお店がテーブルとして利用していた座卓。店舗の外観にも、足場として使われていた古材を再利用するなど、環境に配慮し、リユースされている。

「クスノキテラス」には行き場を失った木を移植。イベント開催や新店もオープン予定

「クスノキテラス」のシンボルツリーとなっている2本のクスノキは、もともと焼津と富士にあったもので、伐採される予定だった木。それを「庭木の里親」制度という、行き場を失った木の引き取り先のマッチングを行っている焼津の「良知樹園」の協力を得て、移植した。都市部における緑の減少を防ぎ、後世に引き継ぐプロジェクトだそうだ。他にも、同じく道路拡張に伴い、庭木を減らさざるを得なかった隣家の木も移植。足下には、伐採された木の枝や葉を粉砕してチップにしたものを敷き詰め、ふかふかにした。

今はまだ移植したばかり。これから年月とともに大きく成長し、木陰をつくり、人々の憩いの場になる予定。暑い夏の日でも、天然のパラソルが涼しい場所を提供してくれる。冬には冷たい風を遮る防風林になりそうだ。
「クスノキテラス」では、いくつかの飲食店が出店するイベントが開催されることも。また、8月下旬頃にはクレープ店の出店も計画中とのこと。1年後、2年後、この場所がどんなふうに変化していくのか、ますます楽しみなスポットになっている。

【MENU】
[ランチ 平日11:00〜14:00限定。いずれもポテトMサイズ&ドリンク付]
●ハンバーガーランチ……500円
●テリヤキバーガーランチ……650円
●チーズバーガーランチ……650円
●ホットドッグランチ……500円

●ハンバーガー……380円
●テリヤキバーガー……450円
●チーズバーガー……480円 など

●ホットドッグ……350円 など

●チェリビポテト……Mサイズ300円/Lサイズ400円/XLサイズ600円/MEGAサイズ900円
●ポテトMサイズ&ドリンクセット……500円

●Kidsバーガーセット(ポテト・ドリンク付。小学6年生まで)……400円
●セット(バーガーorドッグ)ポテト&ドリンクのセット…… 400円
●メガセット(バーガーorドッグ3個)MEGAポテト&ドリンク3セット…… 1,000円

●自家製レモネード……400円
●自家製レモネードサワー……500円
●自家製梅酒サワー……500円 など

「チェリー・ビーンズ・ガーデン(CHERRY BEANS GARDEN)」の詳細はwomo店舗ページをチェック

店舗ページへ

そのほかの新店コラムを読む

コラムで紹介した店舗

静岡市葵区

CHERRY BEANS GARDEN

フライドポテトが人気のチェリビが、憩いの広場「クスノキテラス」にテイクアウト専門店をオープン

更新日:2020/8/17

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...