womo

Original

「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治の展覧会を開催 佐野美術館

1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治。没後初の全国巡回展となる本展では、日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えた約400点の作品を展示し、多分野にわたる活躍を紹介します。

原田治 展 「かわいい」の発見 Osamu Harada: Finding "KAWAII"

《原田治(1946-2016)》

東京生まれ。多摩美術大学デザイン科卒業。1970年、当時創刊された「an・an」でイラストレーターとしてデビュー。1976年、「マザーグース」を題材にしたオリジナルのキャラクターグッズ、「OSAMU GOODS」の制作を開始、女子中高生の間で大人気となる。1984年、ミスタードーナツのプレミアム(景品)にイラストを提供、以降シリーズ化され一世を風靡する。1997年、イラストレーターを養成する「パレットクラブスクール」を、生まれ育った築地に開設。主な著書に『ぼくの美術帖』他。

「OSAMU GOODS」よ永遠に

50~60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション―とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えました。

image-41367-0
image-41367-1

本展では、原田治がイラストレーターとして活躍するきっかけとなった「an・an」の仕事をはじめとして、広告、パッケージ、絵本や装幀などの出版関係、各種グッズなど多分野にわたる作品を紹介。
さらに、幼少期~20代前半の初期資料、「パレットクラブ」の活動、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示し、時代を超えて愛される、原田治の全貌に迫ります。

展示室に広がる「OSAMU GOODS」の壁面コラージュは、本展を開催する各会場により少しずつレイアウトが違うので、静岡会場ならではの展示にも注目。

image-41367-2
image-41367-3

とくに30~40代にとっては「なつかしい! かわいい!」を連発してしまうに違いない「OSAMU GOODS」。食器などのグッズ欲しさにミスタードーナツに通った人も多いのではないでしょうか。私は今も使っています!

そんな、心ときめく“かわいい”がつまった空間を、ぜひお楽しみください!

image-41367-4

「原田治展」詳細はこちら

更新日:2020/12/22
正社員募集
コラムシリーズイメージ

トレンドまるわかり 速報プレス 新商品や新サービス、イベントなど、編集部に届いた静岡県内のプレスリリースを紹介。いち早く、どこよりも詳細に取り上げる。

よみものシリーズ