womo

「宮西達也の世界 ミラクルワールド絵本展」  三島・佐野美術館

「宮西達也の世界 ミラクルワールド絵本展」 三島・佐野美術館

ユニークでかわいいキャラクターが登場し、子どもから大人まで魅了する絵本作家・宮西達也の展覧会が、地元三島の「佐野美術館」にて開催。約260点の絵本原画とともに、灯ろう、フォトスポット、ジオラマなど、絵本の世界から飛び出した愉快なキャラクターたちがお出迎え!

「宮西達也の世界 ミラクルワールド絵本展」 2021/10/23~12/19

《宮西達也(みやにし たつや)》

1956年静岡県生まれ、三島市在住。グラフィックデザイナーを経て、絵本作家としてデビュー。『おとうさんはウルトラマン』『パパはウルトラセブン』『ふしぎなキャンディーやさん』など数多くのヒット作を生み出している。講談社出版文化賞絵本賞受賞『きょうはなんてうんがいいんだろう』をはじめ、受賞作品も多数。『おまえ うまそうだな』はアニメ化もされ、国内外の人々から親しまれている。

image-41913-0
image-41913-1

優しき暴れん坊のティラノサウルス、哀愁漂うウルトラマン、個性豊かな動物たち、さらには包丁やキッチン用品まで。宮西達也が生み出す、ヘンテコリンでユニークなキャラクターたち。作品によってタッチや色遣いがガラリと変わるも、語りかけるのは、優しさと思いやり、夢や希望。

子どもから大人まで、私たちの心をグッとつかんで離さない絵本を描き続けて約40年。本展では多彩な展示を通して、宮西達也の創作の秘密に迫ります。

image-41913-2
image-41913-3

『おまえ うまそうだな』にはじまり15作まで発表されている「ティラノサウルスシリーズ」、正義のヒーローがパパとして奮闘する「おとうさんはウルトラマンシリーズ」など長年愛されてきた作品から最新作までの95作品を選び、約260点の絵本原画を展示。
さらに、原点ともいえる学生時代の作品、創作のアイディアが詰まったスケッチ、制作過程がわかるパネルなどもあわせて紹介。

image-41913-4

大切な何かを考える気づきを与え、ワクワクとハッピーがつまった、心躍る宮西ワールドを体感してください!

【宮西達也の世界 ミラクルワールド絵本展】

image-41913-5

■会期/2021年10月23日(土)~12月19日(日)
※毎週木曜は休館
■入館料/一般・大学生1100円、小・中・高校生550円 ※毎週土曜は小中学生無料
■開催場所/佐野美術館(三島市中田町1-43)
■開館時間/10:00~17:00(入館受付~16:30)
■アクセス/伊豆箱根鉄道三島田町駅から徒歩3分
■駐車場/50台
■問合せ/055-975-7278

佐野美術館 公式サイト


展覧会とあわせて、三島市内ではコラボスタンプラリーが開催され、伊豆箱根鉄道ではコラボ電車も運行。詳しくは下記の公式サイトで確認を。

「宮西達也の世界 ミラクルワールド絵本展」スタンプラリー

「宮西達也の世界 ミラクルワールド絵本展」×伊豆箱根鉄道コラボ企画

更新日:2021/10/21
正社員募集
コラムシリーズイメージ

トレンドまるわかり 速報プレス 新商品や新サービス、イベントなど、編集部に届いた静岡県内のプレスリリースを紹介。いち早く、どこよりも詳細に取り上げる。

よみものシリーズ