womo

中部電力
【アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)】古い工場を女性スタッフがDIY!あたたかみのあるアウトドアショップが2021/6/19(土)清水区宍原にオープン

【アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)】古い工場を女性スタッフがDIY!あたたかみのあるアウトドアショップが2021/6/19(土)清水区宍原にオープン

デンマークブランド「ノルディスク(Nordisk)」のテントや寝袋中心に、キッチン用品やランタンなど使いやすく見た目も素敵なアウトドア用品が集まる「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」。古い工場や倉庫をリノベーションという店舗もまた雰囲気がいい。店長の手塚千晴さんにお話をうかがった。

2021/6/19(土)OPEN! ショップ・清水区宍原「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」

「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」は「ノルディスク(Nordisk)」の商品が豊富!

新東名高速道路新清水ICから車で2分、人々の暮らしが息づくしずかな里山の中に「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」はある。
主には、アウトドアショップでの勤務経験がある女性スタッフ3人で営んでおり、古い工場と倉庫をリノベーションした木のぬくもりあふれるあたたかな雰囲気のお店。店内には女性目線でセレクトされた、使いやすく見た目も素敵な商品が並ぶ。

image-41931-0

左が店長の手塚さん、右がスタッフの山﨑さん。ほかに商品調達等を行うバイヤーの長島さんも

「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」では、デンマーク発のアウトドアブランド「ノルディスク(Nordisk)」の商品が豊富。同社の商品がこれほど集まるお店は、静岡県内はもちろん、全国的に見ても珍しい。
シンプルでおしゃれなデザインでありながらも最先端の素材を使って機能的につくられている「ノルディスク(Nordisk)」。テントを中心に寝袋、マット、バッグ、焚き火アイテム、キッチン用品等を販売している。「ノルディスク(Nordisk)」のテントは、極寒の北欧・デンマーク発なだけに、保温・保湿・透湿性に優れた素材でつくられている。テント・タープは、常時8〜10張ほど展示されているそうだ。

店長スタッフの手塚さんは興津出身ということもあり、よく釣りに行ったり、キャンプをしたり、カヌーをやったりしていたという。アウトドアショップで10年勤務したあとは、雑貨店を営んでいたことも。しばらくアウトドアと離れていた時期もあったが、最近は再燃し、時間を見つけては外でワッフルをつくったり、コーヒーを入れたりするアウトドアを楽しんでいるそうだ。

店内にこれだけ種類があれば、どんな道具を買っていいかわからない人も多いはずだ。実際にアウトドアを楽しんでいる女性スタッフに、ぜひおすすめのものを聞いてみよう。

image-41931-1

最近はロースタイル(低めのテーブルやチェアを使い、目線を地面に近い位置に持ってきて楽しむスタイル)が主流。焚き火を楽しみながら過ごすスタイルが多い

image-41931-2

「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」では、広い敷地を活用し、実際にテントが設営されているので、商品のサイズ感や設営の仕方を確認できるのが魅力。希望があれば、スタッフと一緒にテント設営の体験をすることもできる

image-41931-3

スタッフ全員コーヒー好きだそうなので、コーヒーグッズの品揃えも豊富

image-41931-4

日用品としても使えるキッチン用品も数多くそろう

image-41931-5

三浦半島にある野菜の生産から加工までを行うファゼーロ農園の商品。ドライ野菜を使ったリゾットやパスタなどをつくることができる料理キット。アウトドアや非常用におすすめ。かさばる荷物になりがちな食材も、これならドライになっているため軽く、コンパクトにまとまって便利

image-41931-6

清水の木材業者と一緒に開発した静岡産の木材商品も豊富。火付きがよい針葉樹の薪、火付きは悪いがモチがよい広葉樹の薪と両方とりそろえる。写真右奥にある持ち手つきの丸太は、椅子や薪割り台として販売。初めは店舗のインテリアとして置いてあったものだが、お客さんからの販売希望の声があり、商品化した。この薪ラックは、リノベーションの際に余った木材を使用し、スタッフが製作した

「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」の外回りは自分たちでリノベーション

「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」は、もともと社長である定別当(じょうべっとう)さんが企画したお店。
「女性3人で営んでいるとよく紹介されていますが、実は社長は男性なんですよ」と手塚さんは話す。

定別当さんは「ノルディスク(Nordisk)」の卸(おろし)の仕事をしていたが、実店舗をやりたいということで手塚さんや山崎さん、長島さんに声がかかり、「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」をオープンすることになった。

立地条件は「清水の山の方で、静かな場所」。いくつか候補があった中の一つがこのお店だ。
建材屋さんがあった場所で、重機や砂利がそのまま残された状態。おそらく大正時代のものだと思われる荷物やお茶刈り機などの農具なども山積みに。それらを自分たちで片付けることからスタートだった。

「お店をやろうと声をかけられたのは2019年。2020年11月から片付けを始めました。権利関係の問題で、電気や水道が使えるようになったのが2020年4月だったんです。電気も水道もない真冬の寒い中、私たちでできる限りのDIYをしました。

image-41931-7

木の香りが心地よい店内は、オクシズ材を活用。天井まで木材が張られているので、温かみがあって素敵だ。柱はもともとあったものを残し、2階部分を取り除き、吹き抜けにしている。レジ台もスタッフが製作

改装前の写真を見せてもらったが、重機や小高く積まれた砂利があり、まさに建材屋さんの工場そのまま。店内の内装こそはプロの大工さんがやってくれているが、鉄骨でサビも多かった外のテント部分の壁や柱は、グラインダーという機械で削って滑らかにし、サビ止めの塗装を施している。ウッドデッキは自分たちで手がけたという。「時間がなくて、まだところどころはそのままなんですけどね」と笑う。

image-41931-8

奥に見えるウッドデッキは女性スタッフでつくりあげた。実はこの場所、タンクがあり、2.5mほどの穴が空いていたという。外に積んであった砂利を自分たちで運び入れ、穴をふさぎ、それを隠すためにホームセンターで木材を購入し、ウッドデッキをつくったそう

「ちょっとしたサバイバル状態でした。霜も下りるほどの気温で、寒さを凌(しの)ぐためにタイツを何重にも履き、焚き火をし、それで焚き火でうどんをつくったり、ご飯を温めたりしていました。山が近いので、ときどきシカの声がしたり、タヌキに遭遇したりしました。砂利運びも最初は手作業でやっていましたが、途中から親戚がユンボで手伝ってくれたので、その後は作業がはかどりました」と手塚さんは笑う。

image-41931-9

こちらのアンティーク家具は、倉庫に放置されていたものだそう。陳列棚として使用

image-41931-10

今ではすっかり貴重となってしまった昔のガラス戸をコラージュした窓もかわいい


「アウトドアギアショップ カノ(OutdoorLife kano)」の今後の展開

image-41931-11

店舗奥の駐車場スペース。豊かな自然が広がる山里の風景も気持ちよい。写真右側にある芝生ステージは、余った砂利を広げ、積まれていたブロックを自分たちの手で一つひとつ運び、並べた

「店舗横のコンクリート部分は、いずれデッキをつくろうかなと考えているんです。すぐ横を川が流れているので、景色もよくて。あと、カフェもできたらと考えています。住居として使用されていた母家があるのですが、まだ手付かずで物置状態。ここも何かに活用できたら。ほかに、テントの試泊やサウナテントも考えています」。
カフェにサウナテント! 話を聞いているとおもしろそうな計画が多く、ワクワクしてくる。

image-41931-12

写真に見える住宅が母家。この母家を使って何かできないかと検討中だそうだ。ちなみに白い小さな建物はお手洗い

「このあたりは、基本的にはお店もほとんどない地域。住民のみなさんも静かに暮らしています。私たちがここにお店をつくったことで人が来るようになり、ちょっとお騒がせさせてしまいましたが、地元の方への恩返しの気持ちを込めて、このエリアのマップ作成も考えているんです」と話す。

image-41931-13

店名の「kano(カノ)」は、北欧のルーン文字で“炎”や“松明たいまつ”を意味しているという。ロゴマークは「<」のような部分が“炎”を意味し、旗印のような部分が“喜び”を意味している。「ノルディスク(Nordisk)」の商品名も北欧神話を元にしているそうで、そのこともあって手塚さんもルーン文字に興味を持つようになったとのこと

メディアでの露出のおかげで、すでにお客さんが多く訪れるお店。週末を中心にさまざまなアウトドアイベントも企画されているので、ぜひお店のInstagramでチェックを。なお、静かな山里の中にあるお店なので、車の運転などは住民の方に配慮しつつの訪問を心がけたい。
カフェやサウナテントなども、実現すればさらに魅力的な場所になるだろう。今後の展開が実に楽しみだ。

紹介スポット

静岡市清水区

OutdoorLife kano

古い工場を女性スタッフがDIY!女性スタッフ中心に営むおしゃれであたたかみのあるアウトドアショップ

更新日:2021/10/22
正社員募集
コラムシリーズイメージ

編集部の気になる新店 WOMO編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ。

よみものシリーズ