womo

中部電力
【八洲男子(やしまだんし)×WOMO】絶品マグロコラボ企画第2弾!日本酒居酒屋『おい川』のマグロほほ肉の旨味あふれる「ほほぐし」

【八洲男子(やしまだんし)×WOMO】絶品マグロコラボ企画第2弾!日本酒居酒屋『おい川』のマグロほほ肉の旨味あふれる「ほほぐし」

マグロの魅力をもっと知ってほしいと願う「八洲男子(やしまだんし)」とWOMOおすすめのグルメ店がタッグを組んでお届けする、コラボ料理企画の第2弾!今回ご紹介するのは、鷹匠にある日本酒居酒屋『おい川』の「ほほぐし」。マグロの希少部位「ほほ肉」を焼き上げる串メニューは、驚きの食感とおいしさに感動すること間違いなし!

八洲男子(やしまだんし)とは?

image-42115-0

左からマグロでボディメイクMr.ハウスシェフ・吉田大作、マグロの魅力を伝えるリードオフマン・望月将人、マグロの知識は海より深いマグロラバー・坪井駿也、「極上」を見抜く美食家マグロソムリエ・八木澤教明(敬称略)。今後、新メンバーも続々登場予定!

「もっとマグロのおいしさを知ってほしい!もっとマグロを食べてほしい!」という想いから結成された、マグロのプロ集団「八洲男子」。普段は静岡市清水区にある、最高級の天然マグロを扱う老舗企業『八洲水産グループ』で働く若手社員。営業、広報、水揚げ班など、さまざまな部署から選抜された若き精鋭4人組。低姿勢でありながら、マグロの話になると、とたんに目が輝き、マグロ愛をアツく語りだす……!そんな魅力あふれる彼らから、目が離せない。

「八洲男子」の詳細はこちら

ふらりと立ち寄ったのは、日本酒好きに愛される居酒屋

おいしいマグロと日本酒を求めて食べ歩くのが大好きな八洲男子の八木澤さん。唎酒師(ききさけし)の資格も持っているほどの日本酒通。今日は、日本酒が豊富にそろっていると評判の居酒屋『おい川』へやってきた。

image-42115-1
image-42115-2

のれんをくぐると店内には手書きのメニュー札がズラリと並び、味のある雰囲気

image-42115-3

カウンターに座った八木澤さん、さっそく店主の野崎さんに話しかけてみる。
「どんな日本酒を置いているんですか?」
「主に静岡県内の酒蔵のものですね。だいたい30種類ぐらいかな。基本的には市販されていないものを仕入れています」
「実は僕、唎酒師(ききさけし)の資格を持っているほど日本酒が好きで」
「すごいね、そんなに好きなんだ」

image-42115-4

「そうなんです、『八洲水産』というマグロを扱う会社に勤めていて、休みの日は日本酒を飲みながらマグロのつまみを作ったりしてます」
「日本酒にはやっぱりマグロが合うからね。いいマグロを扱っているの?」
「品質には自信がありますよ!よかったら今度うちのマグロを持ってきましょうか。何か日本酒に合うマグロメニューを作ってください!」
「それはウチとしても嬉しいな〜!おもしろそうだからやってみよう!」

そして一週間後……

「こんにちは〜!マグロメニュー、できました?」
「いらっしゃい!ちょうど準備してたところだよ」

image-42115-5

「まずはビンチョウマグロとバチマグロの刺身から食べてみてよ」
「いや〜自社の魚を褒めるのは手前味噌ですが、色も鮮やかで食感もよく、マグロ本来の旨味が堪能できますね!」
「おいしくてびっくりしたよ。本当にいいマグロだね。特に口当たりがよくてしっかりとした味わいのビンチョウは格別だよ。」

image-42115-6

「八洲水産のマグロは、水温が低い海域で獲ったものばかり。厳しい荒波に揉まれて育ったマグロは肉質が抜群に良く、味が引き締まっているんです。獲った後もすぐに超低温凍結させるので、鮮度が落ちない。だから断然おいしいんですよ!」

image-42115-7

「刺身に合わせる日本酒はどんなものをおすすめしていますか?」
「そうですね、キレがあるというより酸味が少ないもののほうがいいかな。海辺の町にある蔵元では、刺身に合うお酒を造っているところが多いよね。由比にある神沢川酒造場の『正雪』の吟醸なんかをおすすめします。ていねいに作られたお酒で、辛口の中でも飲みやすく、飽きのこない味わいなんです」
「やっぱり!僕も吟醸酒系がいいと思っていました!」

image-42115-8

「次は刺身をアレンジしたカルパッチョをどうぞ」
「おっ!タレがいいですね」
「でしょ!ポイントは刺身の上に散らしているレモン。日本酒で煮付けて、甘酢漬けにしてあるんだ。日本酒と合わせた時に馴染みやすいように」
「日本酒に合いますね。どんな銘柄がいいと思いますか?」
「割とライトのものがいいかな。焼津にある磯自慢酒造の『磯自慢』の本醸造なんかをおすすめしたいね。爽やかな香りで、軽く流し込めるイメージ」
「なるほど!フルーティな薫酒系も合いそうですよね」

image-42115-9

「最後にバチマグロのほほ肉の串、ほほぐし。これが一番の自信作!」
「これは旨い!一瞬これマグロなの?と驚きます。柔らかくホロっとほどけて、まるでお肉のような味わい。臭みはまったくありません。脂ものっていて、すごく旨味を感じます」
「ほほ肉は筋があるけど、火を通すとすごく柔らかくなるね。温かいメニューだから酔っ払っていても食べやすいし(笑)」

image-42115-10
image-42115-11

「ほほ肉は本当に希少な部位です。1本のマグロから2つしかとれないですからね。これに合わせるのは、やっぱりこくのある醇酒系ですかね?」
「そうだね、藤枝にある志太泉酒造の『志太泉』などの純米吟醸なんかがいいかな。優等生的で、標準的な食中酒。料理の邪魔をしないと言うのがポイント」

image-42115-12

「この3品、めちゃくちゃおいしいので、ほんとにお店で売ってみてはどうですか?」
「いいね!ぜひそうしよう!」

というわけで、コラボメニューとして、お店で食べられることに!

数量限定「刺身」1人前…980円(写真は2人前)

image-42115-13

数量限定「八洲カルパッチョ」…850円

image-42115-14

数量限定「ほほぐし」1本…250円

image-42115-15

「刺身」「八洲カルパッチョ」「ほほぐし」は数量限定で12月末まで販売

今回登場した3品は2022年12月末まで、毎日数量限定で提供中(なくなり次第販売終了)。
気になった方はぜひ足を運んでみて欲しい。

次回はどんな絶品メニューが登場するのか、乞うご期待!

「おい川」店舗情報

住所:静岡市葵区鷹匠1丁目4-1
TEL:054-272-6551
営業時間:17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)
定休日:日、祝休み(15名以上の予約がある場合は営業)
アクセス:静岡鉄道新静岡駅から徒歩1分

今回登場してくれた「八洲男子」は八木澤教明さん

普段は『八洲水産』で経理や広報人事を担当。日本酒が大好きで唎酒師(ききさけし)の資格を持つ。 漁師さんたちが命をかけて獲ってきたおいしいマグロを多くの人に食べてもらいたい、漁師さんの想いを伝えたいと活動中。お酒とマグロを絡めた食の提案や、飲食によって人と人とを繋げていくハブ的存在を目指していくと語る。「マグロと一緒で動いていないとダメなんです」と笑うお茶目な一面も。

八洲男子が公式YouTubeチャンネルを開設!

「八洲男子」公式YouTubeチャンネル

最新情報はSNSやオフィシャルサイトをチェック!

「八洲男子」公式サイト

「八洲男子」公式Instagram

取材・文:小長井真由子
撮影:森島吉直(しずおかオンライン)

紹介スポット

静岡市清水区

八洲男子(八洲水産グループ)

最高の味を伝える マグロのプロフェッショナル集団「八洲男子(やしまだんし)」

更新日:2022/5/11
正社員募集
コラムシリーズイメージ

womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベント、合コン・婚活、スポーツジャンルとコラボしたイベントなどを実施。さまざまなジャンルの企業とコラボすることで、静岡の活性化につながるようチャレンジ中!

よみものシリーズ