womo

コラムシリーズイメージ

Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Woman’s File』としてリニューアル!仕事もプライベートも自分のやり方でチャンスを掴み夢をカタチにした女性たちの体験談は、あなたが夢を実現するための原動力になるはず。 ライター:womo編集部

Original

【リアルライフ】フラワーコーディネーター uqinaさん

輝く女子を応援する「リアルライフ」 womo2月号掲載の女子をご紹介

uqinaさんにインタビュー

今はまだ夢へ向かう途中。お花を通して自分の世界観をもっと表現していきたい

uqinaさん(31歳)
静岡市出身。高校卒業後、雑貨メーカー、アパレルショップなどを経て、バー勤務と同時にフラワーアレンジメントを習う。現在は、バーテンダーをしながら、フラワーアレンジのワークショップや作品作りを行っている。

【輝く場所】
atelier uqina
静岡市葵区伝馬町17-9
TEL. 070-1457-0405
Facebook [atelier uqina]で検索

詳しくはコチラ

http://uqina.com/

Q1.現在の仕事に就くまで、どんな生活をしていましたか?

初めて就職した会社では、オリジナル雑貨の販売営業で全国を回りました。そのうちに、アパレルに興味を持って転職。ショップでの販売を経験した後、デザイン事務所の営業職に。その頃から、将来的には手に職を付けたいと思い始めました。

Q2.なぜ現在の仕事に?

デザイン事務所を退職した時に独立・起業も考えたのですが、まずは、何か技術を習得することが先かな、と。それでバーテンダーの仕事を始めたのと同時に、以前から興味があったフラワーアレンジメントの勉強もスタート。デザイン事務所時代にお世話になった方のご紹介で教室に通うことにしたんです。徐々にお花の仕事も増え、個展を開いたり、カフェでのワークショップを開催するようになりました。ボトルの中にアレンジメントを作る「ボトルフラワー」は、自分で考案したオリジナルなんですよ。「For your happy smile」という理念を大事に、人を笑顔にする作品づくりを心がけています。

Q3.今後はどのような活動をしていきたいですか?

今はバーテンダーとのWワークをしていますが、今後はお花の仕事をもっと増やしていきたいですね。今までは自宅で制作作業をしていましたが、アトリエを構えたことで、集中して作品を作ることができるようになりました。「ボトルフラワー」やアレンジメントはもちろん、ショップのディスプレイなど大きな作品を、もっと手がけていきたいです。

uqinaさんの一日

【オフタイム】休日はご主人と一緒にバーへ出かけて、ゆっくりとお酒を楽しむ。ヨーロッパの文化が好きということもあり、スコッチを飲むことが多いそう。

uqinaさんの人生グラフ

uqinaさんのパワーの源

【アロマオイル】アロマに詳しい友人に教えてもらい、5年ほど前から使っている。リラックスしたい就寝時は大好きなラベンダーを、リフレッシュしたい時には、入浴時にユーカリなど、数種類をTPOに合わせて使い分ける。

【アクセサリー】「つけ忘れると、一日落ち着かなくて、作品の出来上がりも元気が足りない気がします」というほど大好きなアクセサリー。なかでもピアスは必須なのだとか。アンティーク調のものが特にお気に入り。

womo女子へメッセージ

ツイていないと思う時は、上を目指すのみ。やりたいと思ったら、何でもチャレンジ! 仕事は、謙虚な姿勢で素直に教われば、周囲に協力者が増えてくるはずですよ。

更新日:2015/10/7

この記事をSNSでシェアする