WOMO

中部電力
vol.15 鍛金のお香立て&トレイ作り

vol.15 鍛金のお香立て&トレイ作り

前回のジャンボエンチョー×WOMO「DIY LABO」はシネマライトの製作に挑戦した。今回は真鍮や銅板を使用して、お香立てとトレイの製作にチャレンジ。

DIYにチャレンジするメンバーを紹介

DIYにチャレンジするのはこちらの3人。


子育てに奮闘中の1児のママ。DIYでリフレッシュしつつ、子どもが喜ぶものを作りたい。


静岡に引っ越してきたばかり。静岡でいろいろなことにチャレンジしたい!と、DIYにも興味津々。


本企画では常連メンバー。自由な発想で楽しい作品をたくさん作ってきた。
レベルアップした腕で他のメンバーをサポート!

今回挑戦するのは「お香立て&トレイ」

第15回目は、真鍮や銅板を叩いて作るお香立て&トレイにチャレンジ。
金属を叩いて形を変えていく「鍛金(たんきん)」という工芸手法を使って、それぞれ個性あふれる作品を作る。

材料をそろえよう

今回DIYするのも「ホームアシスト清水駒越店」のDIY工房。
真鍮板や銅板、使用する工具などを用意する。

真鍮はアンティークのような雰囲気があり、アクセサリーなどにもよく使われる素材。
銅板はピンクゴールドのような色で、柔らかく加工がしやすい。

工具コーナーで鍛金用の片手ハンマーをゲット!

その他、金切ばさみやダイヤモンドやすり、オールドウッドワックスなどをそろえる。

材料がそろったらDIY開始!

まずはどんなお香立てやトレイにしたいか作戦会議。


「私は銅板を使って大きめのトレイを作ろうかな!ちょうどアクセサリーを置くものが欲しかったから」


「さすが、決めるのが早い!私は自宅でお香を炊くのが好きだから、お香立てに決めてたんだ。どんな形にしようかな〜。まりなさんは?」


「う〜ん、どうしよう。今回も海をテーマに貝殻やお魚の形のトレイができたらいいなと思ってるんだけど、細かい細工は難しそう…」

イメージを決めたら、真鍮板や銅板に油性ペンで下書きをしていく。


「えーい、こんな感じかな〜!」


「思い切りが良すぎない!?男前だわ〜」


「えへへ。ゆるっとしたニュアンスの丸形にしたいから、なんとなく線が引かれていれば大丈夫!」


「葉っぱの形のお香立てにしよう。こんなお香立て欲しかったんだ〜」

下書きが終わったら、金切りばさみで切っていく。
けが防止のため手袋を装着。


「貝殻の形はでこぼこが多くてキレイに切れるか心配。でもチャレンジ!」


「ついつい力が入ってしまう(笑)こんなにガタガタで大丈夫かなぁ」


「私もガタガタ〜!でも最後にヤスリで削ればきっと大丈夫だよ」


「葉っぱの形に切れた!」


「銅板をギリギリまで使ったから、けっこう大きくなったなぁ」

カットができたらハンマーで叩いて形を作っていく。

カンカンカーン!と大きな音が店内に響き渡る。


「思いっきり叩くからストレス解消になりそう!楽しい!」

へこみの大きさに変化をつけたい場合は、ハンマーのサイズを変えて調整する。


「職人になった気分!エンチョー鍛金工房だね(笑)」


「こんな経験、なかなかできないよね〜」

ハンマーの柄を長く持つと、力を入れずに叩くことができる。


「リアルな葉っぱに近づいてきたかなぁ。真鍮の色合いと雰囲気がいいね!」


「まりなさんのトレイ、縦線を入れればもっと貝殻っぽくなりそうじゃない?」


「たしかに!細い先端のハンマーで線を入れてみるね」


「貝殻っぽくなってきた!」

縁に少し丸みをつける。

保護シートを剥がすと、つやつやとした表面が現れる。


「わ〜きれい!保護シートのおかげで叩いた部分も滑らか」

最後に縁をダイヤモンドやすりで削って滑らかにすれば、トレイの完成。


「貝殻トレイ、無事完成したよ〜。まだ素材が余ってるから、魚型も作ってみようかな」

次に、お香立ての土台作り。

土台はオールドウッドワックスで色をつけ、縁をボンドで固定する。


ボンドは少しずつ点を打つように付け、はみ出さないようにするのがコツ。

しっかりとくっつくように、2人がかりでぎゅっと固定。

次に、真鍮棒をM字型にしてお香の支えを作る。


「う〜む、けっこう硬い!思い通りの場所で曲がらないな〜」

トレイにドリルで穴を開け、支えを穴にはめる。

土台にも同じ間隔の穴を開け、トレイをはさんで支えを固定する。


「支えの反発が強くて、なかなかはまらない…(泣)ハンマーで叩けば入るかなぁ」

試行錯誤しながらも、なんとか土台にトレイと支えを取り付けた。

お香立て&トレイの完成!

これですべての作品が完成!
それぞれの作品を感想とともに紹介。


「真鍮という素材があることを、今回初めて知りました。銅と亜鉛を混ぜた柔らかくて扱いやすい金属で、女性の力でも簡単に曲げたり切ったりできるのがいいですね。私はお香が好きなので、お香立てを製作しました。ハンマーで叩いていくと味が出て、とてもおしゃれな雰囲気になりました!家でも簡単に作ることができそうなので、他のインテリアにも挑戦したいです」


「私は小さめのアクセサリートレイを作りました。これからの夏に向けて貝殻の形に。下書きのあと、厚さ0.5mmの真鍮板を切るのに大苦戦!貝殻の形も曲線が多くて、少し難しいものを選んでしまったと後悔しました…。でも、ハンマーで叩いて貝の質感を表現すると、まるで本物のような雰囲気に!余った素材で作った魚の形のトレイは、同じように叩いたつもりでもくすみ具合が違うんです。おもしろいですよね。お気に入りの作品になったので、普段使いのアクセサリーを入れて大切に使いたいと思います」


「今回は銅板を使って大きめのトレイを作りました。銅板をカットするのは硬くて少し大変でした。ハンマーを使っての鍛金は、力いっぱい叩いてストレス発散にもなり、とても楽しく作れました!最後に保護シートを取ってやすりで磨くと、つやつやに。最後の作業をていねいにやると、仕上がりがグンと良くなります。インテリアとして飾るのが楽しみです」

今回作ったお香立て&トレイの詳しい作り方は、下記からチェック。

お香立て&トレイの作り方

今回DIYを体験した店舗はこちら

今回DIY体験をしたのは、「ホームアシスト清水駒越店」。清水駒越店を含む全5店舗に設置されているエンチョーの「DIY工房」では、さまざまな手工具や電動工具を自由に使うことができ、木材のカットサービスも対応。作り方のコツや工具の使い方を教えてくれるなど、DIYアドバイザーによるサポートもあって初心者にも安心だ。

住所/静岡市清水区駒越北町8-1
営業時間/9:30~20:00
TEL/0120-500-163

「DIY工房」イベント開催中

「DIY工房」では、楽しいDIYイベントを随時開催中。DIY初心者・経験者問わず参加OK。DIYアドバイザーが講師だから、作り方のコツが聞けたり、わからない箇所の質問も自由にできる。1人で参加しても、作っている間に気づけばDIY仲間が増えているかも。内容はDIYのほかガーデニングや網戸補修など幅広く、自分の目的に応じて選べるのもポイント。まずは気になるイベントに参加してみよう!

「DIY工房」イベント情報

エンチョーではDIY女子倶楽部会員も募集中!/DIY女子倶楽部

DIY女子倶楽部会員なら、会員証提示で木材の直線20カットが無料!そのほか、うれしい会員特典もいっぱい。詳しくは以下のページでチェックしてみよう。

DIY女子倶楽部

こちらもチェック!

エンチョー公式YouTubeチャンネル

エンチョー店舗別SNS情報

更新日:2024/7/11
コラムシリーズイメージ

WOMO DIY LABO 「おうちにあったらいいな」と思うアイテムを自分で作ってみたい!そんなWOMOスタッフの声から「WOMO DIY LABO」が始動。経験もレベルもさまざまなメンバーが、『ジャンボエンチョー』DIYアドバイザーの教えでどんどんレベルアップしていく様子や、自分だけの作品を作っていく様子をお届け。

よみものシリーズ