womo 静岡ライフを自由に楽しく
女性のための地元満喫メディア

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

-Men's womo-制作秘話

「俺達の俺達による俺達のためのメディア」をコンセプトに静岡でかっこよく生きるための新サービスの制作の裏話を紹介します。

2016年4月1日、当サイトを訪れた方をびっくりさせてしまったかと思います。
実は、同日にwomo編集部が、男性向け新サービス「Men’s womo」のリリース告知をいたしました。

もうお気づきの方も多いですよね。

全て『エイプリルフール』の“ウソ”でした。
(本当に信じてくださった方、ごめんなさい。)

こうしてメディアはつくられる。

とはいえ、この“ウソ”のサービスためにwomo編集部は真剣でした。
本気で新サービスをつくる気持ちで取り組みました。

ということで今回は、メディアの制作手順として、制作のウラ側をご紹介していきたいと思います。

企画アイデアをだす。

「エイプリルフール」でユーザーさんが驚くことをやりたい!

womoスタッフのこのひとことから、企画はスタートしました。
しかし、実際何をしたらよいのか…。

まず私たちがしたのは、
『他企業は、いったい何をしているのか』を調べることでした。

参考:
エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2015年版

ふむふむ、各企業の“イロ”や特徴(強み)がとても出ている。
そして、とにかく各社『全力で』“ウソ”に取り組んでいる・・・。

womoの特徴とは?

・女性向けサービス
・地域密着
・グルメ,ビューティー,女子トークというジャンル・コンテンツを扱っている…

と、womoの特徴をいくつかあげていきます。

強みや、これをもとに新しい“ウソ”のサービスを作って、みなさんを驚かせよう。
とわくわくしながらもっと具体的に考えていきます。

ターゲット・コンセプトを考える。

「そういえば、男性スタッフがよく「世の中は女性向けのサービスばかりだ」と言っていた。」

というスタッフのひとことで、ターゲットは決まりました。
求められるサービスを作ることが大事です。

womoの特徴は、静岡県内の女性をターゲットにした地域密着サービスです。
では、静岡の男性をターゲットにした地域密着サービスをお届けしよう。
ということで決定しました。

次に大事なのは、コンセプトです。
今回は、「世の中は女性向けのサービスばかりだ」と思っているような男性がターゲットなので、
その男性が満足するサービスとは、何だろうか。というところから考えました。

それが、“男性が考えた男性のための(ちょっと男くさい)サービス”でした。

そこから、
『俺たちの俺たちによる俺たちのためのサービス』
というコンセプトが生まれました。

ここから、womoの特徴を忘れないよう、Men’s womoのイメージや扱うコンテンツが決定していきます。

イメージ/デザインを固める。

「男らしさ」といってもひとそれぞれですし、
「かっこよさ」もひとそれぞれです。

そのため、途中でばらばらにならないようにイメージを制作メンバーで統一していきます。

こういったときに、画像検索はいろいろなイメージが見られるので、便利ですね。

話していく中で分かったことは、
『女性が思う男性のかっこよさと、男性が思う男性のかっこよさはきっと違う。』
ということでした。(この議論は、男性と女性と、逆でもよく言われますね。)

さらに議論を重ねることで、
「男性って、かっこよくいようとすればするほど、女性からすると少し笑ってしまうような感じになることがあるよね。」(男性の方、ごめんなさい。)
という話になり、それでそうしたちょっとした面白い要素も少し加えてみたのです。

(たとえば、昼間からワインを飲んでいる。ヘアサロンで微妙な変化にこだわる。etc...気付きましたか?)

コンテンツを考える。

そして、またまた大事なのは、どういったコンテンツを提供するか、です。

このときに立ち戻るのがwomoの特徴と、コンセプトでした。

womoは、女性の生活の中で大切な、
グルメ・美容・そしてコミュニティ(もっとたくさんありますが。)に関する情報を扱っています。それは、男性にとってもきっと大切なはず。

コンセプトは男性が求める情報なので、男性目線でそれぞれの文言を作っていきました。

※スペシャルコラムだけは、『活字男子』っていいよね。『メガネ男子』っていいよね。
という、womoスタッフの妄想で考えてしまいましたが(笑)。

取材・撮影。

womoは、地域密着の情報を発信しています。
ということで、撮影場所も“地域”こだわりました。

グルメは、静岡市葵区鷹匠にあります「Paul」さん。
ヘアサロンは、静岡市葵区両替町にあります「HAIR&MAKE NINE」さん
にご協力いただきました。


和やかなムードの中、撮影が行われました。撮影場所:NINEさん

また、今女性の間で「おしゃれ」だと話題の『シネマグラフ』に挑戦しました。

『シネマトグラフ』とは・・・「画像の一部分のみがアニメーションで動いている画像」のことをいいます。

今後womoでも取り入れていけたらいいなー!と思っております。
(いつ取り入れられるかは分かりません...)


撮影場所:Paulさん

実際に撮影する時に気をつけたのは、モデルさんの配置です。

今回は先にデザインが固まっていたので、写真が入った時に文字にかぶらないように気をつけなければいけません。

写真のようにモデルさんに移動してもらいつつ、お店の全体像が伝わるような配置を考えながら、撮影をしました。

それにしても、素敵な店内です。
冬はこたつになるようです、あったかそうですね。

ついに公開の時。

さあ、こうしてひとつのメディアのコンセプトを考えることからはじまり、議論に議論を重ね、一つの(ウソの)メディアができました。

ただし、公開することがゴールではありません。

ここから多くのユーザーさんに知っていただく必要があるからです。

SNSの拡散も気を抜かず頑張りました。
今やとても大事な拡散ツールですから、SNSでwomoを知ったという方も多いかもしれないですね。

「お越しいただき、ありがとうございます。」

ご協力いただいた店舗さま

ここで、今回の撮影のご協力をいただきました、womoおすすめの2店舗をご紹介させていただきます。

鷹匠のリゾートでのんびりリゾート気分を楽しむ<Paul (ポール)>

女性でも男性でも、ゆったりとしたひとときを過ごせる落ち着いた雰囲気がとてもステキでした。Mens womoのモデルさんのように、本を片手に穏やかに自分と向き合う時間もゆっくりととれそうですね。

ランチは生産者に徹底的にこだわった農園直送の採れたて野菜をたっぷり味わえる、美味しくて体に優しい健康ランチ。
ディナーは、ゆったりリゾート気分で気の合う仲間と好きなお酒を飲みながら季節感たっぷりの料理を堪能できます。

最近始めた飴細工は、その繊細さが素晴らしいと大人気だそうですよ。


場所:静岡市葵区鷹匠3-19-5
定休日:不定休

Paul

「こんなに自分にフィットするスタイルは初めて! 」との声多数。 HAIR&MAKE NINE (ヘアメイク ナイン)

womoビューティーのヘアカタログランキングにも上位に登場しているNINEさん。
店内は、スタイリッシュ!のひとこと。スタッフさんのセンスを感じるインテリアも、魅力です。

都内有名店で12年間活躍し、雑誌・ヘアカタログ・CM・ショーなどのヘアメイクを担当してきた実力派スタッフがお2人でされているサロンさんです。ヘアカラーは、パーソナルカラー診断をした上で1人ひとりにぴったりのカラーをして下さいます。
男性限定サービスもあるとか。彼氏さんや旦那さまにいかがですか。

womoスタッフも、多数お世話になっております。

場所:静岡市葵区両替町2丁目1-13 アンビル 2F
定休日:火曜、不定休2日

HAIR&MAKE NINE

今後とも、womoをよろしくお願いします。

このように、真剣にひとつのメディアを世に送り出す気持ちで取り組んできた『Mens womo』ですが、、、
念のためもう一度言いますが、エイプリルフールに乗じた“ウソ”でした。

信じてリリースを待ちわびてくださっ方々、、、申し訳ございません。

ですが、もしかしたら、いつか、本当にこういったサービスを開始する時が来る・・・かも。

何はともあれ、今後ともよりよいサービスを(女性版)womoではお届けしてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

もう一度ページを見たい方は、こちら

https://womo.jp/aprilfool/

会員アイコン
写真
削除

この記事をSNSでシェア