PR 歓送迎会シーズン! 大人はちゃんと“食べきり”してますか?

womo 仕事帰りや週末の新しい地元ライフに
静岡・浜松女子のクチコミサイト

編集部コラム

編集部コラムはwomo編集部が注目する静岡・浜松の地元情報を取材し記事やコラムにまとめたページです。
womo女子のみなさまにお伝えしたいおトクな情報、最新トレンド情報、イベントレポートなどをお届けします。
キャンペーンや期間限定情報もあるので見逃さないで。

Original

静岡の手づくり作家が登場! 愛すべきハンドメイド

【womo4月号|巻頭特集】静岡で素敵な作品づくりを行う作家さんたちをwomoが発掘!作品へのこだわりやものづくりへの想いを知ると、ハンドメイドの魅力がよりいっそう感じられるはず。

わたしだけの特別な一点もの。ものと人を繋ぐ“ハンドメイド”

既製品にはない優しさや温かみのある“ハンドメイド”。最近ではアプリのハンドメイドマーケットや、多くの作家が集まるイベントなど、“手づくり”の市場に注目が集まっている。ハンドメイドの魅力は、“世界にひとつだけの一点もの”という特別感。既製品とは違い、一つひとつ手づくりのため、同じものは存在しない。今回紹介している作家の数人からも「同じように作っても、それぞれの作品に個性があり、全く同じものはできあがらないんですよ」という話があった。これこそが手づくりならではの味わいであり、自分だけの本当のお気に入りを見つける楽しみとなる。
もうひとつは、“どんな人が、どんな想いで、どうやって作っているか”を感じられるということ。作品自体のデザインや使いやすさなどはもちろんだが、作家の世界観やものづくりへの姿勢に惹かれて購入を決める人も多いはず。そんな“作り手の想い”が含まれた作品だからこそ、大切に使い続けようと思える。ハンドメイドは、ものと丁寧に向き合うことを教えてくれるのかもしれない。


SNSやハンドメイドアプリで人気上昇中! 静岡のハンドメイド作家さん

niu.[にう]|アクセサリー作家 村松真梨子さん

毎日の暮らしにさりげなく寄り添う、心地よいアクセサリーを制作

木と金属、木と糸を使った、ピアスやイヤリングなどの“装身具”を扱うブランド。心地よい『カタチ』『ソザイ』『イロ』をコンセプトに制作。凛とした美しさと、心地よい温かみを兼ね備えた商品は、ほかにないディテールが印象的。手づくり品が溢れている今だからこそ「niuらしさ」を大切に商品づくりをしているという村松さん。「既製パーツをできる限り使わず、1点1点木の加工・彫金・刺しゅうを丁寧に施しています。それがniu.の個性であり、作る意味」と語る。

■写真/左上から、ウッドキャッチピアス「モービル」3500円、フレームイヤリング「マルサンカク」2800円、星空イヤリング「こと座」3200円、フープピアス「サンカク」3300円


information

■Profile
文具・雑貨メーカーで企画デザイン職を経て、2015年9月にアクセサリーブランド「niu.」を始動。「ARTS&CRAFT静岡手創り市」「ごてんばアート・クラフトフェア」など県内のイベントを中心に出展。2017年は2月にキャトルエピス富士店で開催された「jewelry and chocolate」にも参加。新作やイベント情報は、Instagramにて発信中。

■Instagram
@niu_mako

■メール
niu16451645@gmail.com

■静岡県内の販売店舗
lili cafe,gift(浜松市東区子安町316-5)

■今後のイベント出展予定
4/1(土)・2(日)▶Double(浜松市)※4/1のみの出展
5/3(水・祝)~5(金・祝)▶Go Green Market(名古屋市)


かごあみKanon[かのん]|かごあみ作家 kanonさん

手づくりと自然素材ならではの温かみのあるかご作りを目指して

かご小物やかごバッグなど、生活の中で使える“籐雑貨”を制作。「ナチュラル感がありながら、少しのこだわりで誰かのお気に入りになれるような作品を作っています」と語るKanonさん。完成した作品には一つひとつ個性があり、全く同じ作品はないのだそう。また、経年変化を楽しめるのも自然素材ならではの魅力。「人が年を重ねるように、少しずつ飴色に変化していく籐の味わいを楽しんでほしい」。不定期でワークショップや初心者教室も開催している。

■写真/
左上から、バングル2000円~、持ち手付きかご2000円、2色使いのかご2000円、レザーハンドルのかごバッグ1万2000円。キッチンやダイニングで使ったり、おでかけのお供にしたり、用途はさまざま。


information

■Profile
20年ほど前に知人から教えてもらったのをきっかけに、かごあみを始める。2016年から県内のクラフトイベントへ参加。2017年は、2月に沼津市のweekend booksで企画展に参加し、4月に開催される「ARTS&CRAFT 静岡手創り市」にも2回目となる出展を予定。ワークショップや初心者教室の相談、Instagramに掲載されている作品の購入は、Instagramのメッセージから連絡を。

■Instagram
@rattan_kanon

■今後のイベント出展予定
4/8(土)・9(日)▶ARTS&CRAFT 静岡手創り市(静岡市葵区)


nonco*hanco[のんこはんこ]|消しゴムはんこ作家 澤野望さん

さまざまなシーンで活躍するオンリーワンの消しゴムはんこ

モチーフを選ぶセミオーダーのお名前はんこから、カードや封筒のワンポイントになる大人かわいいはんこまで、“消しゴムはんこ”の制作を行っている澤野さん。「手に取ってくださった方が、ほっこり笑顔になるはんこ作りを目指しています」という言葉のとおり、一つひとつ心を込めて作られた作品は、既製品にはない手づくりの温かみが感じられる。子育て中の限られた時間の中でも、丁寧な制作を心がけているのだそう。今後はワークショップの開催なども検討中。

■写真/左上から、シロクマ900円、Happy800円、水玉リボン1000円、チェックのミニハート700円。MDF材の持ち手が付いていて捺しやすいのも魅力。カードやコースターに捺せば用途も広がる。


information

■Profile
2児の子育てのかたわら、2016年から消しゴムはんこの制作・販売を開始。オリジナルのデザインから、セミオーダー、フルオーダー(不定期)まで、ハンドメイドマーケットアプリ「minne(ミンネ)」を中心に販売。Instagramにて不定期でフルオーダーはんこを制作受付。ショップやブランドロゴ、SNSのアカウント用などさまざまな依頼も受付可能。

■Instagram
@noncohanco

■minne
nonco*hanco

■メール
noncohanco@gmail.com


anrino-R[アンリノアール]|刺しゅう・布小物作家 youkoさん

色使いと毛流れにこだわりながら、世界にひとつの刺しゅう作品を

お花や動物の刺しゅうブローチや、布小物の制作を行う。「鳥のキレイな色を刺繍で作ってみたくて」と語るyoukoさんの刺しゅう作品は、本物のような色使いや毛の向きが特徴。試行錯誤を重ね、細かな部分まで表現できる方法にたどり着いたのだそう。つけ心地がとても軽いブローチは、バッグや帽子などお気に入りの小物につけるだけで、特別感がアップ。「同じように作っても、針の刺し方で表情が変わるんです。それがハンドメイドのおもしろさですね」。

■写真/
モチーフがかわいい刺しゅうブローチは950円~。右上から、コザクラインコ1400円、木950円、ウサギ1300円、パンジー1200円。絶妙な色使いや表情で、大人の女性にも人気。


information

■Profile
10年ほど前から洋服や布小物作りを始める。2、3年前から刺しゅうをスタート。普段は、静岡市を中心に活動しているハンドメイド作家のチーム「OGUSHI」のメンバーとして活動。「はぴままカフェ」など県内の人気クラフトイベントに出展するほか、委託販売も行っている。

■Instagram
@anrino-r

■静岡県内の販売店舗
クラフトマーケット(エスパルスドリームプラザ2F)

■今後のイベント出展予定
3/25(土)▶はぴまま in cenova(静岡市葵区)
3/26(日)、4/15(土)・16(日)▶紺屋町 le lien marche(静岡市葵区 ※毎月第3土日に開催、月によって変動あり)
4/29(土・祝)・30(日)▶手作り・雑貨&クラフトフェア(静岡市駿河区)


作家さんたちが集結! 手づくり雑貨イベント

ハンドメイドの良さを実感したら、作家さんが集まるイベントで実際に手づくり雑貨を探してみよう。一点ものがずらりと並ぶ、この春開催される静岡県内のマーケット情報をチェック!

DOUBLE episode 3 ~le poisson dʼavril

4/1(土)・2(日)|浜松市中区

個性あるライフスタイルから生み出された多彩な「モノゴト」を組み合わせた、新しさと豊かさを感じるクリエーターズ・マーケット。開催3回目となる今回のテーマは「四月の魚」。店舗を持たないクリエーターたちの出展に合わせて遠方から来場するファンも多数。


DOUBLE episode 3 ~le poisson dʼavril[ドゥブル エピソードスリー ポワソンダブリル]

日程/2017/4/1(土)・2(日)10:00~16:00
場所/アクトシティ浜松 サンクンプラザ(浜松市中区板屋町111-1)
出展数/約60店
駐車場/なし
問い合わせ/ドゥブルプロジェ(メール▶info@doubleprojet.com)


ARTS&CRAFT 静岡手創り市

4/8(土)・9(日)|静岡市葵区

作品の制作・表現を生業とする人、それを目指す人が全国から集結。手工芸・クラフトなど暮らしに根ざすものを中心に、陶芸、木工、ガラス、皮革、染織など、出展作家はジャンル多彩。地元飲食店が参加するフードコートも人気。

ARTS&CRAFT 静岡手創り市[アートアンドクラフトしずおかてづくりいち]

日程/2017/4/8(土)・9(日)9:00~16:00
場所/靜岡縣護國神社(静岡市葵区柚木366)
出展数/147店
駐車場/なし
問い合わせ/ARTS&CRAFT静岡手創り市事務局(メール▶shizuoka@tezukuriichi.com)


第14回 清水アート・クラフトフェア

4/22(土)・23(日)|静岡市清水区

全国から190名のクラフト作家が集まり、陶芸、ガラス、皮革、金属、染織布、木工作品などのオリジナル作品を展示・販売するイベント。多目的広場には、各地の食材を使った「クラフト・グルメ」が登場。地産地消の朝市も出店。


第14回 清水アート・クラフトフェア

日程/2017/4/22(土)・23(日)10:00~16:00
場所/JR清水駅みなと口(東口広場・多目的広場)
出展数/190店
駐車場/なし
問い合わせ/清水アート・クラフトフェア実行委員会事務局(TEL▶054-263-0092)


第65回 浜松アートフェスティバル2017

4/22(土)~25(火)|浜松市中区

関東、中部、近畿など広域から60名のクラフト作家、アーティスト、伝統工芸士が出展。会場には木工、陶芸、磁器、ガラス細工、金属アート、革工芸、アクセサリー、創作服、染織など多彩なオリジナル作品が展示され、実演や体験も開催。


第65回 浜松アートフェスティバル2017

日程/2017/4/22(土)~25(火)10:00~17:00 ※25(火)のみ~16:00
場所/浜松市ギャラリーモール ソラモ(JR浜松駅北口、遠鉄百貨店前)
出展数/約60店
駐車場/なし
問い合わせ/VENT VISION(TEL▶090-9228-1823)


手作り・雑貨&クラフトフェア販売会

4/29(土・祝)・30(日)|静岡市駿河区

全国の手づくり作家さん総勢1000名が集結する屋内型ビッグイベント、クラフトフェア販売会をツインメッセ静岡で開催。手づくり品・手芸材料・雑貨などかわいい作品が多数出品され、大人から子どもまで楽しめる。


手作り・雑貨&クラフトフェア販売会

日程/2017/4/29(土・祝)11:30~17:30、30(日)10:00~16:00
場所/ツインメッセ静岡(静岡市駿河区曲金3-3-1-10)
出展数/約230店
駐車場/450台
入場料/300円(中学生以下無料)
問い合わせ/手作りの会(TEL▶080-3258-1700)


第17回 コトコト市

4/30(日)|袋井市

写真提供/lade

「大人がうれしい雑貨市」をコンセプトに、袋井市や掛川市を中心としたカフェ、雑貨屋、ハンドメイドショップが集まる市。丁寧に作られる手仕事のイメージがイベント名の由来。好きな素材や質感、デザインの雑貨にきっと出会えるはず。法多山の新緑と厄除けだんごとともに楽しんで。


第17回 コトコト市

日程/2017/4/30(日)9:00~15:00
場所/法多山尊永寺(袋井市豊沢2777)
出展数/約50店
駐車場/500台以上(100円~/1日)
問い合わせ/アンジュール(担当:松浦、TEL▶090-5110-6117)

会員アイコン
写真
削除

この記事をSNSでシェア