womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

映画『モアナと伝説の海』日本語版“モアナ”役 屋比久知奈(やびく・ともな)さんインタビュー

2017年3月10日(金)より上映中の『モアナと伝説の海』。過去最大規模のオーディションから選ばれた屋比久知奈(やびく・ともな)さんをwomo編集部が直接インタビュー!

2017年3月10日より上映中のディズニー長編アニメーション映画第56作目『モアナと伝説の海』。
ディズニー・アニメーションのヒロインとしては、過去最大規模のオーディションの中からモアナ役に抜擢された屋比久さん。
どんな想いでオーディションを受け、主人公モアナを演じたのか。
将来の夢なども交え、たっぷりお話を伺ってきました!

『モアナと伝説の海』公式サイト

聴かれてはいけない公開前の曲練習は、通学時の車の中で思いっきり(笑)

---はじめまして、静岡へようこそ! 今回、ディズニー・アニメーションのヒロインとしては、過去最大規模のオーディションとお聞きしましたが、モアナ役に抜擢されたとき、どんなお気持ちでしたか?

自分が選ばれるとは思ってもいなかったので、もうとにかく驚きました。何を思い、話したのかも全く覚えていなくて、ただただ幸せで泣いてしました。

---オーディション中に手応えというものを感じましたか?

チャレンジャーの気分だったので、手応えというより、夢中になって取り組んだという感じです。

---オーディションに応募したきっかけは?

今の事務所に所属したとき、タイミングよくモアナのオーディションがあり、受けさせてもらえることになったのです。家族とこの作品の予告を観ていて、「面白そうだから絶対に観に行こうね」と話していたところにオーディションの話が舞い込んできたので、本当に驚きました。

---オーディションに向け努力したこと・苦労したとなどあればぜひ

特別なことはしませんでした。ただ台詞を読んだり、歌を何度も聴いて何度も歌ったりという、ベーシックな練習を時間が許す限りやりましたね。

---1日に何時間くらい練習されたんですか?

公開前で聴かれてはいけない曲だったのでカラオケや家で歌うわけにもいかず、大学に通いながらだったので、通学時の車の中で「ア〜〜♪」と大きな声で歌ってました(笑)。車の中ってすごくいいですよ!集中して歌うことができたんです。

---グッドアイデア!今回、吹き替えのお仕事も初めてだったわけで、収録時のエピソードを教えていただけますか?

右も左も何もわからず、何の技術も知識も持たないまま役に臨んだので、正直不安もありましたが、監督や先輩方からのご指導や言葉を大切に受け止め、"楽しみながら学ぼう"という気持ちで収録させていただきました。すべてが新鮮で楽しかったですし、声の世界の面白さというか、表現の深さっていうことにも気づくことができ、本当に貴重な経験をさせていただいたと思っています。

島の外の世界に憧れる気持ち、「わかる!』と思いましたね。私との違いは、モアナの強さかな

---楽しみながらチャレンジするという姿勢、私たちも見習わなくては!さて、モアナ役を演じていて、共感したところ、逆に「ここは自分とは違うな」と思ったことはありますか?

そうですね、モアナは島育ちで、私も沖縄出身。海に囲まれて育ったので、日常に"海があること"に対して共通する感覚を持っているように思いました。また性格的にもすごく似てるところもあって、家族を愛していて、動物が好きで、おばあちゃん子で負けず嫌いと言うところは、似てますかね(笑)。

---そういう意味では演じやすかったのでは?

島の外の世界に憧れるという部分は「ああわかる!」と思いましたね。逆に私にはないと感じた部分は、モアナの強さ。16歳で世界を救いたいという使命を胸に海に飛び出していくところは、すごいなと。モアナの芯の強さは見習いたいと思います。

---"島の外の世界"ということで、静岡にいらっしゃったことはありますか?

実際に来たのは初めてです。リサーチしたら、海がきれいで温泉があって、食べ物も美味しいとありました。今回は時間がないで、ゆっくりできなくて残念なのですが。

---個人的な話ですが、沖縄旅行のときに「沖縄の方は静岡人と似ているな~」と感じました。住まう人々が親切で温かいというか。

そうなんですね。それならきっと静岡大好きになりそう!次に来る時が楽しみです。

やらないで後悔するより、いろんなことに挑戦しワクワクしていきたい!

---まだ学生さんということですが、womoの人気コーナー「静岡女性のリアルライフ」にちなみ、屋比久さんのリアルライフを教えていただけます?

地元の大学に通っており、この3月に卒業し、4月から東京で活動していくつもりです。オフは、友だちや家族とおしゃべりしたり、カラオケに行ったり、読書したり、自分がリラックスできることをのんびり楽しむという感じでしょうか。

---好きなことをやるのが一番のリラックスですよね。ところで、今後やってみたいことはありますか?

ずっとミュージカルをやりたいと思っていたので、大きな目標はミュージカル作品に出演することです。今回この作品を通じ、新しい世界を知ることができました。表現するという世界を通して、さらなる未知への扉が開かれ、学べるチャンスがあれば、可能性を狭めずいろんなことに挑戦したいなと思います。

---最後に、womo読者に向けて、ひとことメッセージお願いします!

私自身も悩むこともありますが、悩んだり葛藤したりすることは、その次に進むための"過程"と思うようにしています。大切なのは悩みを越える努力をして、進んでいこうとすることだと思いますので、前を向いて頑張って欲しいですね。

---すばらしい!その前向きな考え方、素敵です

“やらない後悔よりやって後悔”が私の座右の銘なので(笑)。いろんなことに挑戦し突き進み、ワクワクしていきたいと思っています。

モアナが発するエネルギーとパワーが背中を押してくれる

---最後に映画のオススメポイントを教えてください

映像・音楽で魅せる世界感に圧倒されると思いますし、魅力的なキャラクターもたくさん登場するので、色々な意味で心から愛していただける作品かなと思います。また、モアナと同世代・子ども・親・おばあちゃん・女性・男性と、さまざまな視点から楽しめるのも魅力ですね。新学期の生活にちょっぴり不安だったり、自信がなくなってしまってしまったりするときでも、モアナが発するエネルギーとパワーが背中を押して元気にしてくれる作品です。ぜひ大きなスクリーンでご覧ください!

---屋比久さん、ありがとうございました

プロフィール

屋比久知奈(やくび・ともな)
1994年沖縄県出身。
琉球大学法文学部に在学中で2017年3月に卒業予定。
特技は英会話(TOEIC915点)ほかクラシックバレエ(レッスン歴:4歳~現在 指導歴:20歳~現在)。
本作で初めて声優として主人公モアナを演じ、力強く透き通った歌声も披露している。

参考サイト
http://www.disney.co.jp/movie/moana/voicecast.html
http://www.victormusicarts.jp/yabikutomona_pro/

公開情報

『モアナと伝説の海』は、静岡県の下記の映画館で2017年3月10日(金)より上映

■静岡エリア:シネシティザート/静岡東宝会館/MOVIX清水/藤枝シネ・プレーゴ
■浜松エリア:TOHOシネマズ浜松/TOHOシネマズサンストリート浜北/TOHOシネマズららぽーと磐田
■東部エリア:イオンシネマ富士宮、シネマサンシャイン沼津、ジョイランドみしま、シネプラザ サントムーン

その他映画インタビューを読む

映画『アーロと少年』日本語版・Tレックス一家の姉“ラムジー”役 片桐 はいりさんインタビュー

映画『アントマン』日本語版“ルイス”役 小杉竜一さん (ブラックマヨネーズ)にインタビュー

映画『インサイド・ヘッド』日本語版“ヨロコビ"役 竹内結子さんインタビュー

2017/3/13

この記事をSNSでシェアする

連載から探す