womo 静岡ライフを自由に楽しく
女性のための地元満喫メディア

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

そこで流行る、人気店のワケ【@静岡街中】大衆酒場の熱気がたまらない!

料理とお酒がおいしいのは当たり前、老若男女が夜な夜な集う店には、きっとほかに人気の秘密があるはず!?というわけで、夜の帳が下りる頃、静岡駅周辺の名店へ繰り出してみた。

開店時間を待ちわびる人も!のれんの先は昭和の世界【大衆酒場 多可能】

今日も1日お疲れさまでした♪ まずはビールで乾杯!

一軒目に訪れたのは、繁華街のビルの間にひっそりと、しかし威厳に満ちあふれた佇まいの大衆居酒屋『多可能』。
入口にのれんがかかると、次々と客が吸い込まれて行く。まだ夕方5時前で外は明るいというのに、店内は満席状態。サラリーマンにご年配の夫婦、なかには若い女性の姿も。

「渋くて落ち着ける。料理がおいしいのも重要!」
「注文するかしないかのうちに気付いてくれる接客が素晴らしい」

など絶賛の声。味よし人よし、雰囲気も格別。昭和にタイムスリップしたかのような空間で、ほんの束の間羽を休める…。『多可能』はそんなオアシス的な場所なのかも。

カウンターの壁には、料理名を記した黒札が歴史と伝統を伝えている。常連さんの特等席であるカウンターはすぐに埋まってしまう

大正12年創業!

静岡の街の歩みとともに店主一家がのれんを守る老舗の居酒屋。

あめ色に光る柱、船底天井、レトロな壁掛け時計など店内はまさに昭和の雰囲気。カウンターでは四代目・高野晋さんが腕を振るう。

名物の「海つぼ」「ながらみ」「磯つぶ」やだし汁のうまみが凝縮した「静岡おでん」を、日本酒「萩錦」とともに。

「ホルモン焼き、おいしいですよ!」

仕事関係の勉強会の帰りに立ち寄ったという女性2人。場に溶け込んでいるので聞いてみたら今日で3回目とか。納得!


串焼盛り合わせ 1200円(税別)

鮮度がよくてボリューム感たっぷりの串焼は、1本から盛り合わせまで注文可能。お茶割りとともにいただきました。


ながらみ 750円(税別)

とりあえず、名物のひとつ「ながらみ」の煮付けを注文。苦味が少なくほんのり磯の香りがして日本酒にもピッタリ。


「熱燗おまち~!」

静岡の地酒「萩錦」は銅製の燗づけ機で温めて熱燗で。九州をはじめ全国の焼酎もそろう。

大衆酒場 多可能(たいしゅうさかば たかの)

●静岡市葵区紺屋町5-4/16:30~23:00/日、祝休み/近隣にコインPあり

予約・問い合わせはこちら

054-251-0131

思いっきり食べて飲みたい日は、コスパ抜群の中華居酒屋へ【新新京】

安くておいしくて早い!中華&お酒で深夜まで繁盛中

続いて2軒目。黄色いのれんに赤い文字、その名も『新新京』。食べる気満々で行きたいこの店は3~4割が女性客。

「とにかくコスパが文句ナシなんです」

と熱く語ってくれたのが、週2日は来るという女性2人組。いつも決まって、焼き餃子、棒棒鶏サラダ、豚肉と木耳の玉子炒めを注文するという。メニューを見ると、確かにどれも半端なく安い。しかも本格的な味とくれば、もうビールが進む進む。夜が深まるほど活気づくワンダーランドが駅南にあった!

カウンター席でライブキッチンのような厨房を眺めながら、女性でも気兼ねなく過ごせる

いろんな料理をリーズナブルにたくさんいただけるのが嬉しい

「中華を気軽に食べながら呑んでほしい」という河村店長の思いから、2017年9月にオープン。

カウンター席に座ると、料理人が次から次へと手際よく作る様子を眺められる。すべて手作りにこだわる中でぜひ食べてほしいのが、焼き餃子と春巻き。

さらに知る人ぞ知る嬉しい情報として、お好みの材料でお好みの料理を作ってくれるサービスも。いろんな料理をリーズナブルにたくさんいただけるのが嬉しい。

豚肉と木耳の玉子炒め 600円

中華の定番炒め物。ふわふわの玉子ときくらげの食感がたまらない!思わずごはんが欲しくなる1品。


焼き餃子 350円

ここに来たら絶対注文すべき焼き餃子は、5個で驚きの350円。アツアツのうちに召し上がれ。


カンパ~イ!

オープン初日以来、週に1回は食べに来るというサラリーマンのグループ。「単身赴任のお財布に優しい店です」

新新京(しんしんきょう)

●静岡市駿河区泉町3-9/18:00~/不定休/Pなし

予約・問い合わせはこちら

090-9926-7038

鉄板から溢れ出る愛情たっぷりの、さっちゃん特製お好み焼き【幸屋】

明るい笑顔にパワーをもらう、名物"さっちゃん" に会いに

最後に訪れた店は、店内に入るや芳しい香りに出迎えられ、"さっちゃん" と客の楽しそうな会話が飛び交うカウンター席へ。ここを1人で切り盛りして今年で20年。名物女将・幸子さんが作るお好み焼きはふんわり関西風。注文を受けてから皮で包む自家製餃子も必食メニューだ。開店当初から通い続けている常連さんの顔ぶれも。

「お好み焼きで迷ったらミックスモダンだね。土曜限定の鉄板カレーも食べてみて」

長年愛されているのは、さっちゃんの料理とキャラがお腹も心も幸せにしてくれるから?

いつも常連さんで賑わう店内は、さっちゃんの元気な声と客の笑い声に包まれている

2018年10月でオープン20年!

静岡で本場顔負けのお好み焼きを食べられると評判のお店。
カウンターだけの店内はいつも常連客で賑わっていて、週末は満席で入れないこともしばしば。

おすすめは、極厚の大きな鉄板で焼くふわっふわのお好み焼きと餃子、さらに土曜限定のキーマカレーはピリッと辛い大人の味。生ビール(500円)をはじめ、女性好みのカクテルや赤ワインも用意。

店主のさっちゃんとの会話も楽しんで。

豚モダン 1000円

鉄板からはみ出すほどボリュームがあるお好み焼きに大満足。


自家製餃子 500円

お好み焼きで使っている、手で刻んだキャベツが入った餃子は、お肉たっぷり。注文を受けてから皮で包んでジュワッと。


開店当初から20年通い続けている常連さん

「料理も雰囲気も気に入っています。なによりさっちゃんと話せるから寂しくない(笑)」

幸屋(さちや)

●静岡市葵区上石町7-2/17:00~24:00/月休み/Pなし

予約・問い合わせはこちら

054-253-8881


その他の"そこで流行る、人気店のワケ" はこちらから

【@藤枝】

【@草薙】

会員アイコン
写真
削除

みんなのコメント1

若かりし頃を思い出します 2018年04月10日 10:15

この記事をSNSでシェア