womo 静岡ライフを自由に楽しく
女性のための地元満喫メディア

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

そこで流行る、人気店のワケ【@藤枝】えっ、朝からラーメン!?

早朝の開店と同時に客が次々と訪れ、朝からラーメンをすする…そんな"朝ラー" 文化が根付く藤枝。

100年近く受け継がれる、藤枝の"朝ラー" 文化

古くから茶産業が盛んな藤枝は、お茶取引などで朝早くから働く人がたくさんいた。

仕事帰りに腹ごしらえの一杯を求め朝から行列ができるようになり、"早くから来てくれるお客様のために" と開店時間を早めていった、というのが『マルナカ』の先々代。ここから朝ラー文化が始まった。

今では藤枝市だけでも朝ラー提供店は約20軒にものぼり、老若男女に愛される文化として定着。人気店は朝から満席で、女性も並ぶ。男性は2杯平らげる人も。

思いやりから生まれた朝ラーは、今朝も藤枝に集う人たちのパワーの源となっている。

上品な魚介系スープに女性ファン続々!【麺屋 花枇】

煮干しの深いコクがありながら、のどごしあっさり。昔ながらのチャーシューも美味!

2016年8月オープン。
朝ラーの新鋭ながら遠方から訪れるファンもいる人気店で、ラーメンはすべて自然食材のみで旨味を抽出している。

朝にぴったりの「煮干しそば(800円)」は、醤油・塩・味噌の3種から味をセレクト。煮干しの苦みを抑えた上品なスープは、澄みきった透明感が美しい。

麺は京都の製麺屋から取り寄せ。程よくモチモチした食感がスープと好相性。鶏の出汁が自慢の「丸鶏」もおすすめ。

丸鶏麺 850円

名古屋コーチンと丸鶏、水だけのシンプルなスープに、3種の醤油をブレンド。 ※実際にはレアチャーシューが2枚


カフェのようなおしゃれな店内

女性でも入りやすいと老若男女に人気。「女性やファミリーのお客様も増えています。まずは"朝ラー" を体験してみてください!(店主)」

麺屋 花枇(めんやはなび)

●藤枝市岡出山2-8-8/7:00~14:30(ただし10:30~11:00は準備中)/木休み、不定休あり/P7台

問い合わせはこちら

090-7861-0087

目覚めの一杯に、爽やかなトマト味【ちっきん】

静岡産トマトを塩スープで煮込んだ自信作。爽やかで朝からペロリ!

「食べログ 百名店 2017」に選ばれ、客足が絶えない人気の朝ラー店。

角切りトマトがゴロゴロ入った「トマトらあめん」は、酸味と塩気のバランスが絶妙で、一度食べるとやみつきに。煮干しだけで旨味を抽出した「120%煮干しらあめん」も好評。
★上記写真:トマトらあめん 980円

「天然の食材のみを使用している、体にやさしい無化調ラーメンです(店主)」

ちっきん

●藤枝市田中2-13-6 ヴィラ田中A-1/7:00~14:00/日、月休み/P5台

問い合わせはこちら

054-646-6078

ココから始まった!朝ラー発祥の店【マルナカ】

創業99年の老舗で、店の前には開店前から行列が

温と冷、2つのラーメンを朝から食べる"志太流" スタイルの元祖でもある。

「中華そば」はしっかりとした醤油味だが、油分控えめですっきり。「冷やし」は甘みがあり、麺のゆで時間が変わることで違いを楽しめる。

★上記写真:中華そば(並)500円、冷やし(並)600円。温と冷をセットで食べるのがツウ。冷やしはわさびと紅しょうが付き

マルナカ

「現在は先々代の孫夫婦が店を守っています。赤いのれんが目印!(店主)」

●藤枝市志太3-1-24/8:30~13:20/日、祝、第2・4土休み(臨時休あり)/P10台(第2駐車場もあり)

問い合わせはこちら

054-646-1516

その他の"そこで流行る、人気店のワケ" はこちらから

【@静岡街中】

【@草薙】

会員アイコン
写真
削除

みんなのコメント1

藤枝に住んでいるのに一度も行ったことがないので一度行ってみたいです 2018年04月10日 10:16

この記事をSNSでシェア