womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

クラフトビールとごはん。「Session IPA」×「スモーブロー」

いろいろな味を少しずつ!ビールとの相性を探そう

味の変化が楽しみな進化系オリジナルビール

「外国のパブみたいな雰囲気でクラフトビールが飲めるお店があるよ」と聞きつけ、期待しながら紺屋町の小さなビルの階段を上がる。ここは「反射炉ビヤ」をメインに、国内、カナダのビールが揃う“ステーション”。年間200~300種類のビールを提供している。メニューに載っていたらぜひ飲んでみたいのは、見習いブルワーでもある駅長(ステーションだから!)の小島さんが仕込む「Session IPA」。毎回微妙に原材料の配合を変えるとのことで、“今回はどんな仕上がりかな”と一緒にオリジナルビールを開発しているような楽しみがある。

Session IPA【ABV 4.8%】レギュラー900円

ホップの香り ★★★
オリジナリティ★★★★★
“今だけ”の味  ★★★★★

スモーブロー 2種600円、5種1200円

「反射炉ビヤ」で醸造する「Session IPA」は、ホップの芳醇な香りはそのままに、苦みとアルコール度を押さえたIPA。「スパイシーな味やまろやかなコクとも相性がいいんです」と駅長の小島さん。ラスク状のライ麦パンに様々な食材をトッピングした「スモーブロー」は、ビールとの組み合わせ探す楽しみも。

Craft Beer Station[クラフトビアステーション]

本日のビールは、温もりのある手書き文字の黒板をチェック。わかりやすい「BEER CHART」を、ビール選びの参考に

週末はちょっと早めのスタートで、オープン直後と日が落ちた夜とで表情を変える店内の様子も楽しみたい

●Craft Beer Station[クラフトビアステーション]
住所/静岡市葵区紺屋町5-7 田中ビル2F
営業時間/火~金17:00~24:00、土日15:00~24:00
定休日/月曜

電話

054-260-5870

「クラフトビールとごはん。」の一覧はこちら

この記事をSNSでシェアする