womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

【9/28(金)Open】EZAKI-SOZOSYAキネマ館/複合施設

womo11月号「NEW STANDARD」に掲載!

粋な歴史ストーリーも素敵!グルメ&家具&小劇場を含む複合施設がグランドオープン

七間町・人宿町の再開発事業「OMACHI創造計画」が新ステージに。新店ラッシュで話題を集めるこのエリアに、新たに複合施設『EZAKI-SOZOSYAキネマ館』がオープンした!江崎新聞店とデザインオフィス創造舎で共同建設されたこの施設には、飲食店4店舗に家具店、小劇場が出店。さらには周辺に飲食店やアートギャラリーが入った『KADO』も同時オープンし、一気に個性的なストリートへ生まれ変わった。


実はこの『キネマ館』という名は、今から遡ること約100年前に、静岡市で最初にできた本格映画館の名を引き継いでいる。当時「静岡を映画のまちにしよう!」そんな思いの元建てられ、「興行のまち」のシンボルとして一時代を賑わせたという。建物デザインも当時の資料を参考にしたそうだ。映画館街の移転からはじまった、このエリアの新たなまちづくり。新・キネマ館が新たな風を吹かせてくれそうだ。小劇場『やどりぎ座』もあり、現代の文化交流拠点になったら面白い。ぜひ足を運んで、このエリアの新風を感じてみよう。

OMACHI創造計画とは?

歴史あり映画館街がなくなり、新たなまちづくりが求められた、七間町・人宿町界隈。そこから始まったのがこの「OMACHI創造計画」。デザインオフィス創造舎がプロデュースし、「こだわりをもったミセとヒトが集まり、古く根づく店、住まう人が融合し調和する、あらたなコンパクトストリートを創造する」という考えのもと、新しいまちへのグランドデザインが進められてきた。老朽化した建物を次々とリノベーションし、ビルを新設。これまでも「人宿町離宮」や「SOZOSYA TERRACE」、泊まれる純喫茶「ヒトヤ堂」など街の表情が随分と変化してきた。今回の『EZAKI-SOZOSYAキネマ館』オープンもこのプロジェクトのひとつ。今後の動きにも目が離せない。

オープンした10店を一挙ご紹介!


府中蕎麦一九(1F 蕎麦)

老舗の味を受け継ぐ本格蕎麦屋。厳選した数種類の鰹節を丹念にひいたそばつゆでいただく蕎麦は、どれをとっても満足の一言。蕎麦ののどごし食感、香りを、落ち着いた空間で味わえる。
●月休み/11:00~15:00、17:00~21:00

問い合わせ

054-204-1928


TEN ROSES(1F 花屋)

どこよりも多いバラの品揃えのフラワーショップ。男性オーナーの感性ならではのアレンジメントで、日常から特別な日まで心に寄り添う花を提供してくれる。
●年内無休/10:00~22:00(日・祝9:00~20:00)

お問い合わせ

054-686-2520


ninosa(1F フレンチ)

新通りから移転した人気のフレンチレストラン。肩肘はらずに料理や食事の時間を楽しめる。旬の素材を厳選し、丁寧な仕込みと調理で季節感を表現したひと皿を堪能できる。
●水、第1・3火休み/17:30~22:00、土日祝11:30~18:00

お問い合わせ

054-251-3502


ITAMAE 朝太郎(1F 和食)

板前の主人が、思いを込めて季節の美味を調理。洗練された和モダンの空間で、一品一品丁寧な仕事で旬の味を、旬の姿で味わわせてくれる。チーズケーキで知られる「すずとら」オーナーのご主人が営むお店。
●月休み/17:00~23:00

お問い合わせ

054-204-1815


人宿町やどりぎ座(2F 劇場)

劇場から人宿町を、静岡を、世界を盛り上げようと企む小劇場。演劇やダンス、ミニライブをはじめ、ディスコナイトなども企画。寄席は80席程度と、パフォーマーとの距離感がとても近いのも魅力。若手俳優のデビューなど交流と創造の空間になりそうだ。
●不定休/公演スケジュールによる

お問い合わせ

054-204-1580


Kartell(2F イタリア家具)

イタリアの老舗デザイナーズ家具ブランドであるKartell/カルテル専門店が初めて静岡にオープン。P・スタルクや吉岡徳仁など世界的に著名なデザイナーによる椅子やインテリア小物など素敵なアイテムが盛りだくさん。
●水休み/11:00~19:00



SUMIBI FRENCH SINQ(1F フレンチ)

山海に恵まれた静岡の上質・希少な食材にこだわり、それらを最大限に引き出すため紀州備長炭のSUMIBIを使って調理。料理を引き立てるお酒も吟味されたラインアップ。
●第1・2・4日、第3月休み/12:00~14:30(L.O.13:00)、17:30~23:00(L.O.21:00)

お問い合わせ

054-687-8618


ROSSO展(ギャラリー)

2Fはギャラリーになっていて、アーティストの展示会を不定期で開催。10/28までの週末限定で「ROSSO展」を開催。イラストレーターのナガタロッソ氏が描くおてんば赤うさぎや黒猫と動物たちとの愉快な世界は、元気な気分にさせてくれる。
●不定休/11:00~17:00

お問い合わせ

054-653-3350



一切のつなぎを使わず、牛の5つの部位と岩塩と胡椒だけを使用して仕上げたビーフパティ、それを備長炭と桜の薪で焼き上げる極上のバーガー。静岡で最も長く愛されている手作りバーガーをぜひご賞味あれ。
●無休/12:00~14:00、18:00~24:00

お問い合わせ

054-255-7595



粉もん大好き店主が自慢の鉄板料理と静岡おでんでおもてなし。街中で本格お好み焼きが味わえる。家族そろっての食事や、友達ともんじゃを突っつきながらのちびちび呑みにもぴったり。気軽に入れるオープンな雰囲気が◎。お好み焼きのテイクアウトもできる。
●火休み/15:00~23:00

お問い合わせ

090-4269-1228

人宿町やどりぎ座  11月・12月おすすめの演目

※写真は『放課後のおと』より

●『かごの鳥』 チケット2300円
11/10(土)14:00~/19:00~
11/11(日)14:00~

●『放課後のおと』 チケット2500円
12/8(土)14:00~/16:30~/19:00~
12/9(日)11:30~/14:00~/16:30~

※開場時間はともに開演の30分前

EZAKI-SOZOSYAキネマ館[エザキ・ソウゾウシャ キネマかん]

●静岡市葵区人宿町2-5-1/店舗の営業時間・定休日は上記参照

詳しくはこちら

11月の“New”な情報一覧はこちら

2018/1/1

この記事をSNSでシェアする