womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

【Hello!New Shizuoka】プチ観光気分でめぐる、新・三保の楽しみ方

いい旅館を訪れたような感覚になるこのお店は、三保にある古民家カフェ『みふくさぼう』。3年前にできた隠れ家的なお店だ。居心地のいい店内に、地元食材にこだわった食事や美味しいコーヒーでもてなしてくれると、リピーターも多い。こういう店を起点に楽しむと、三保は一層面白い。今年3月に三保松原の魅力と文化を伝える『みほしるべ』がオープン、この機会に足を運んだ地元民も多いのでは。また、三保松原から御穂神社を結ぶ松並木「神の道」沿いには、ドッグガーデンを備えたカフェもオープンした。御穂神社ではマルシェも年4回定期開催される。楽しみ方が広がる三保に今後も注目していきたい。

ふらっと行けば観光気分。非日常空間でゆったりランチ

地元の名士のお屋敷をリノベーションしたカフェ。立派なお庭があって、店内に入った途端、非日常感を味わえる。福昇丸のしらす、遠藤農園のトマト、川口農園の折戸ナスなど、地元・清水の食材を使った丁寧な食事をゆったりとした空間で楽しめる。


地元農家の新鮮トマトを使ったサルサソースが食欲をそそる。サーモンフライのサルサソースがけ1200円(税別)。


みふくさぼう

店主は焼き物や小物好きで、さりげないディスプレイを見るのも楽しい。

●静岡市清水区折戸4-7-54/11:00~15:00(L.O.14:30)/火曜/P20台

電話番号(予約可)

054-336-8500

三保の物語を知り、古に思いを馳せる

古くから富士山を望む聖地であった三保松原について、歴史や羽衣伝説など、映像シアターや展示、音声ガイドでわかりやすく教えてくれる。天女のコスプレPHOTOや、三保松原グッズがそろうショップもある。

天女のコスプレ衣装を着て記念PHOTOを撮ろう。


富士山と三保の歴史的なつながりを映像で解説。これを見れば三保松原がぐっと身近になる。4Kビジョンで見る、雄大な三保松原の景色は見応えあり。


静岡市三保松原文化創造センター みほしるべ

●静岡市清水区三保1338-45/9:00~16:30/年中無休/入館無料

電話番号

054-340-2100

三保松原をお散歩した後にぴったり

光があふれ浜風が流れる全面ガラス張りの開放的なカフェ。木漏れ日のガーデンテラスもある。犬好きのオーナーが、愛犬を思い切り走らせたいと作ったドッグガーデンは広々していて、愛犬家に早くも人気。


大葉と松の実のポークパスタ1600円。


Casetta di Shu[カゼッタディシュウ]

●静岡市清水区三保1333-1/10:30~17:00/月火休み ※祝日の場合は翌日休/P4台

電話番号

054-335-2808


【Hello!New Shizuoka】TOPページに戻る

2019/1/1

この記事をSNSでシェアする

連載から探す