womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

月100〜150㎞のラン習慣

整えるNo.03

会社員
八木 史華さん

社会人4年目、広告セールスを担当。大学2年の頃から本格的にマラソンを始める。2016年にはマラソン親善大使「teamR2」に参加。名古屋ウイメンズ3回、静岡マラソン2回、島田大井川マラソン5回、2019年には富士五湖100㎞マラソンを完走。トレイルランにも参加。

「走るのが一番忘れる!」 好きで熱中、そして整う

「嫌なことがあると、がむしゃらに走ってスッキリ忘れます」と語る八木さん。大学時代からマラソンを始め、今では“走る”が彼女の日常にある。平日は10㎞を週2〜3回程度、また月1回のランコミュニティに参加して20〜30㎞走るのがルーティン。月に100〜150㎞は欠かさず走る。そのおかげか、ここ数年風邪をひいていないというから驚く。なかなかのお酒好きらしいが、モデルのような体型も納得だ。ラン習慣が彼女の心とカラダを整えているのはどうやら間違いなさそうだ。八木さんにとっては、何か勝負できる場が欲しくて始めたのがきっかけだったが、今ではマラソンを通じて出会ったさまざまな交流関係がなによりも日々を豊かにしてくれているという。今の目標は、サブ3.5 達成(フルマラソンで3時間30分切り)。「みんなにも公言しちゃったし!」と、コーチをつけての練習を始めたそうだ。熱中ってすばらしい。


普段は駿府城公園の周りを走ることが多い。時間があるときは、自宅から久能山まで往復することも(往復25㎞)


走っている最中は仕事や恋愛の事などアレコレ考えながら走ることもあるが、大会前はタイムだけに集中して追い込むことが多いそう。体重1kgの増減もスピードが変わるからすぐにわかる


日焼け対策は念には念を入れる。顔にはプロアスリートにも愛用者が多いAthleteXと、ALLIEを2度塗り。体にはSPORTBeatyを使用


八木さんがよく参加するランコミュニティー。「月例しまだリバティマラソン」「月例静岡マラソン」ともにfacebookで活動公開中


「ジブンを整える」TOPページに戻る

2019/1/1

この記事をSNSでシェアする