womo

Original

牛乳で美味しい!牛乳・レモン・めんつゆで減塩!『鶏の牛乳レモンつみれ鍋』

ゴクゴク飲むと美味しい牛乳。実は、「コク味」や「旨味」がたっぷりで、料理でも大活躍するのを知っていますか? 中でも注目は、「和食×牛乳」。食材本来の味を損なわずに、食塩やだしを減らして美味しく和食が食べられるんです。そんな“乳和食”の開発者である小山浩子先生によるレシピをご紹介します!

<食塩相当量66%カット>牛乳・レモン・めんつゆで減塩!『鶏の牛乳レモンつみれ鍋』


【材料】
〇基本
・牛乳_400ml  
・水_100ml
・レモン(輪切り)_1/2コ
・めんつゆ(3倍濃縮)_大さじ1

〇A
・鶏ももひき肉_200g
・白こしょう_少量
・酒_大さじ2
・しょうが汁_小さじ2
・細ねぎ(小口切り)_4本分

〇具材
・白菜_4枚
・長ねぎ_2本
・生しいたけ_4個
・焼き豆腐_1/2丁
・にんじん_小1本
・えのきだけ_1パック
・春菊_3株
※具材はその他、お好みで適宜

【作り方】
①具材は食べやすい大きさに切る。
②土鍋に牛乳、分量の水、レモンを合わせて沸かし、牛乳が分離したらレモンをすぐに取り出し、チーズを網ですくいとる。
③ボウルにAと、2のチーズを合わせてよく混ぜる。
④2の乳清が残った土鍋にめんつゆを加える。火にかけ煮立ったら、3をスプーンですくい入れ、具材も入れて一緒に煮る。

★ポイント/基本の鍋つゆは寄せ鍋、しゃぶしゃぶ、おでんにも

乳和食ってこんなにすごい!

・だし汁を牛乳に代えると、食塩を抑えてコクのきいただしに
・味の濃い調味料を牛乳でのばすと、旨味を残したまま減塩へ
・野菜をゆでたり、乾物を牛乳でもどすと甘みとコクがUP
・小麦粉を牛乳でとくと、旨味が加わり調味料の使用量を減少へ

profile:小山浩子( 料理家、管理栄養士)

料理教室講師やメニュー開発、栄養コラム執筆、健康番組出演など幅広く活動。健康と作りやすさに配慮したオリジナルレシピにファンも多い。2015年1月、高血圧協会理事に就任。メディアで話題の乳和食の開発者でもある。

その他の乳和食レシピはこちら

更新日:2020/1/27

この記事をSNSでシェアする