womo

ブクマ 履歴

ブックマークされたページはありません

閲覧履歴はまだありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムシリーズイメージ

NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ。 ライター:womo編集部

Original

【焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)】静岡産食材を使って静岡の魅力を発信したい。フィナンシェとマドレーヌ専門の焼菓子店が2/4(火)にオープン

静岡市葵区駿府町に「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」がオープン。「静岡にはいいものがたくさんある。静岡のお土産の一つになれたら」というオーナーの竹原さんが始めた小さなかわいい焼菓子店。

2/4(火)OPEN! 洋菓子・駿府町「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」

「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」は静岡市葵区駿府町にオープンした、北街道沿いにある小さな専門店

「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」は、フランス料理や洋菓子について専門学校で学び、東京や神奈川の洋菓子店やカフェで経験を積んできた竹原さんがオープンしたお店。一つひとつ、心を込めて手づくり。フィナンシェとマドレーヌといった焼菓子を専門に販売している。
北街道沿いの商店街の中にある小さなお店で、もともとは竹原さんのお義父さんが長年電気店を営んでいた場所。高齢になり、お店を閉めるにあたり、竹原さんがその場所を引き継いだ。もともと神奈川出身の竹原さんは結婚を機に静岡へ。この小さなお店で、一人で製造と販売ができるものと考えた時に思い浮かんだのが、フィナンシェとマドレーヌだったという。

「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」では焼き立てのフィナンシェが楽しめる

「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」に行ったら、まずぜひ食べてほしいのが焼き立てのフィナンシェ。毎日12:00と15:00を目安に焼きあがるそうで、このタイミングを狙って足を運んでみてほしい。焼き立ては、外がカリッとしていて、中がしっとり。バーガー袋に入れてくれるので、食べ歩きも可能。差し入れとしても人気で、こちらは紙箱に入れて用意してもらえる。差し入れでもらった人がまた別の人への差し入れで買いに来るなど、口コミでだんだんと人気が広まっているそう。

あまり知られていないが、フィナンシェとマドレーヌには味わいに違いがある。マドレーヌはフルーツなどの繊細な味を表現しやすく、焼き立てより、翌日の方が素材の味を感じることができる。フィナンシェは使用する粉の半分がアーモンドパウダーでほろほろとした食感に。焦がしバターを入れることで、アーモンドパウダーの風味がさらに引き立ち、香ばしく仕上がるという。

「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」では静岡産の食材を使った焼菓子を販売

「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」では、プレーンのフィナンシェと、スルガエレガントのマドレーヌを定番で販売し、ほかに月替りのフィナンシェとマドレーヌと合わせ、常時5〜6種類を販売。2020年4月の取材時には定番のほか、4月限定のショコラバナーヌ、プラリネプラリネ、ピスタチオ、期間限定でピーナッツを販売していた。
文旦と甘夏を掛け合わせた静岡生まれの柑橘「スルガエレガント」は、香り高い柑橘で爽やかな風味が特徴。その味わいを生かしたマドレーヌを開発した。また、春には静岡産のイチゴ「紅ほっぺ」を使ったマドレーヌも販売。生イチゴを使用するため、ぷちぷちとしたイチゴならではの風味と食感が残っており、大好評だったそう。5月には「紅ほっぺ」を使ったフィナンシェを開発予定とのこと。
過去には静岡の煎茶を使ったフィナンシェも販売。「煎茶のフィナンシェはさっぱりとしています。煎茶ならではのほんのりとしたお茶の渋みを生かしてみました」。「抹茶は食べたことがあるけれど、煎茶は初めて」「本当に煎茶の味がした!」という声も多く、再販も検討中。

「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」の焼菓子を、静岡の新しいお土産の定番品に

「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」では、引き出物やお祝いなどにも対応。面白い試みとして「お手紙ギフト」という商品がある。ミニサイズのフィナンシェとマドレーヌ6個入りで、メッセージと住所を書き、別売の140円の切手を貼れば、そのままポストへ投函することができる。お店の前にちょうどポストがあるので、考案した商品だという。「新型コロナウイルスの影響で、なかなか人と気軽に会うことができなくなりました。そんな中、このお手紙ギフトを知り合いに送りたいという方が増えてきています」。
竹原さんは「静岡の魅力をもっと引き出したい」と話す。「神奈川に住んでいたとき、静岡は隣の県だったのでよく遊びに来ていました。でも、スルガエレガントは知らなくて。こんな素敵な名前の柑橘があるのに、もったいないと思ったんです。ほかにも静岡にはまだ県外の人に知られていない食材がたくさんあると思うんです。それらの食材を使って、静岡の新たな魅力を発信するお土産をつくることができたらと考えています」。
県外から来たことで気付く新しい静岡の魅力。竹原さんが今後どんな形で発信していくのか、とても楽しみだ。


【MENU】
●フィナンシェ/マドレーヌ…各200円

●ギフト(5個入)…1,150円
●ギフト(10個入)…2,200円
●ギフト(15個入)…3,200円
●定番パッケージ(4個入)…880円
●お手紙ギフト(ミニ6個入)…560円 ※140円切手(別売)で郵送可能

「焼菓子 松羽屋(やきがし まつばや)」の詳細はwomo店舗ページへ

そのほかの新店コラムを読む

コラムで紹介した店舗

静岡市葵区

焼菓子 松羽屋

静岡産食材を使って静岡の魅力を発信したい。フィナンシェとマドレーヌ専門の焼菓子店

更新日:2020/5/11

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
みんなでエンジョイDIY
e-cocochi みんなでエンジョイDIY 静岡で人気のホームセンター「ジャンボエンチョー」とwomoがタッグを組み...