womo

ブクマ 履歴

ブックマークされたページはありません

閲覧履歴はまだありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムシリーズイメージ

NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ。 ライター:womo編集部

Original

【レモン レモン(Lemon Lemon)】女性一人でも立ち寄りやすいレモンサワー専門店が10/16(金)にオープン

静岡市の人宿町エリアにレモンサワー専門店が誕生した。レモンサワーブームの火付け役として知られる東京・新宿ゴールデン街「the OPEN BOOK」の田中開さんが監修し、静岡のOMACHIエリアに輝くレモンの看板が目印になっている。個性的な雰囲気の店主がもてなす、女性一人でも立ち寄りやすいお店。店長の内野さんにお話をうかがった。

10/16(金)OPEN! バー・駿河町「レモン レモン(Lemon Lemon)」

「レモン レモン(Lemon Lemon)」店主の人柄に惹かれ、ファン急増中

ツタのような植物が絡みつく古風なビル。70年ほど前の建物で長く使用されていなかったという。そんなビルに手を伸ばしたのが、人宿町エリアで数々の新店をプロデュースしてきたお馴染み、「デザインオフィス創造舎」だ。
今回ご紹介する「レモン レモン(Lemon Lemon)」も住所こそは駿河町だが、ほぼ人宿町といってもいいほどの場所に位置する。木製の扉を開くと出迎えてくれるのが店長の内野さん。「そのまんま美川」という肩書きでも活動をしている、知る人ぞ知る方。この取材の前後で「『レモン レモン(Lemon Lemon)』というお店知ってる?」と聞かれるほど、すでに話題になっているもよう。店主の人柄もあり、女性一人でも立ち寄りやすく、ソロ活はもちろん、待ち合わせ前に、2軒目のお店として、など軽く1杯飲みたいとき、ふらっと行きたくなる。

「レモン レモン(Lemon Lemon)」はレモンサワー専門店。まずはぜひレモンサワーを味わってほしい。
レモンサワーの種類は3種類。メニュー上では「レモンサワー[A]」、「レモンサワー[B]」、「レモンサワー[C]」としか記載されておらず、いずれも値段は900円(税別)。「レモンサワー[A]」は「the OPEN BOOK」の監修で黒糖焼酎ベース、「レモンサワー[B]」と「レモンサワー[C]」はオリジナル。「レモンサワー[B]」はジンがベース、「レモンサワー[C]」は沼津の「白隠政宗」という米焼酎がベース。麹や酒粕の風味が感じるお酒だ。

静岡市葵区、Lemon Lemon、レモンサワー

「レモン レモン(Lemon Lemon)」のレモンサワーの味の秘密

「レモン レモン(Lemon Lemon)」のレモンサワーの監修をしている、東京・新宿ゴールデン街の「the OPEN BOOK」は、2016年にオープンしたレモンサワーの火付け役とも呼ばれるお店。このお店の味に衝撃を受け、東京のお店が創意工夫を凝らしたレモンサワーが生まれていったと言われている。ここ数年で有名メーカー各社もさまざまなレモンサワーを発売し、すっかり定着しているが、「レモン レモン(Lemon Lemon)」のレモンサワーは、やはりちょっと違う。
一般的なレモンサワーは、焼酎を炭酸で割ってレモンを絞るだけ。こちらでもくし切りにしたレモンを最後に絞るが、中身は当然違う。レモンの皮をうすく剥いてお酒に漬け込んだものや、極秘レシピのレモンシロップを使用したものも。炭酸ガスもその場で注入するというからすごい。炭酸サーバを持つバーというのもかなり珍しいようだ。こうして他では真似できないようなオリジナルのレモンサワーが完成する。
レモンはもちろん生のものを使用。10月後半〜春頃までは静岡産のレモンを使用。それ以外のシーズンは国産のものを使用しているという。「レモンの皮も使うので、輸入ものだと防腐剤等の農薬があるため心配。静岡産が手に入る時期は静岡産、手に入らない時はレモンの産地として知られる広島県のものなどを使用しています」。静岡産のレモンは、収穫してから1〜2日のものが手に入るのでみずみずしさが違うという。

静岡市葵区、Lemon Lemon、店内

「レモン レモン(Lemon Lemon)」はレモンサワー以外にも工夫あり

炭酸サーバがあることで、ハイボールなど炭酸を使うお酒もおいしくなるという。「お酒のレシピはシンプル。シンプルだからこそ、ちょっとの工夫で味に大きな違いが出てくるのです」。
寒い風が吹く冬は、ホットレモンサワーや、レモンを浮かべた温かい生姜酒も。ホットレモネードやレモンスカッシュといったノンアルコールもあり、女性にとっては何とも嬉しい提案だ。「人宿町エリアにはさまざまな飲食店があります。おいしい料理は専門のレストランにおまかせして、ここではそんなレストランに行く前の0次会や、2次会として使ってもらえたら」と話す。

静岡市葵区、Lemon Lemon、外観

「レモン レモン(Lemon Lemon)」の2階は半個室のVIPルーム

ちなみに2階は半個室のVIPルームとなっている(チャージ料3000円)。「もともと『せきれい』、『かわせみ』という名前が付けられた和室があって、『かわせみ』の方は吹き抜けにするため、なくしてしまいましたが、『せきれい』の方はそのまま残してあります」。雰囲気のある素敵な空間なので、ゆっくり語り合いたい2次会にはぴったりな場所かもしれない。こだわったおいしいレモンサワーを片手に、内野さんとのコミュニケーションを楽しみながら、バータイムを過ごしてみては。

【MENU】
●レモンサワー[A]……900円(税別)
●レモンサワー[B] ……900円(税別)
●レモンサワー[C]……900円(税別)
●その他のアルコールメニュー……800円(税別)〜
●レモンスカッシュ……700円(税別)
※要チャージ料300円(税別)ミックスナッツ付き

「レモン レモン(Lemon Lemon)」の詳細はwomo店舗ページへ

店舗ページへ

そのほかの新店コラムを読む

コラムで紹介した店舗

静岡市葵区

Lemon Lemon

東京・新宿ゴールデン街「the OPEN BOOK」監修、女性一人でも立ち寄りやすいレモンサワー専門店

更新日:2020/12/24

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
トレンドまるわかり 速報プレス
トレンドまるわかり 速報プレス 新商品や新サービス、イベントなど、編集部に届いた静岡県内のプレスリリースを紹介。
みんなの声から本音を読み解く womo静岡総研
womo静岡総研 〜アンケートから読み解くみんなのリアル〜 仕事や恋愛、家事・育児、人間関係、マネープラン、人生設計 etc オン・オフをうまく切り替え...
わたしの住まいみんなの暮らし
わたしの住まいみんなの暮らし 自分らしい理想の暮らしを実現し豊かな暮らしをしている人と、それを叶えた住まいを紹介する。
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
みんなでエンジョイDIY
e-cocochi みんなでエンジョイDIY 静岡で人気のホームセンター「ジャンボエンチョー」とwomoがタッグを組み...